2017年03月04日

初期むし歯への対応の仕方

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月4日(土)の診療時間はAM9:00〜PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて先日はチョコレートなど食べて、歯がしみると感じるようなときについてお話をしました。

自分で「むし歯かなぁ…」と感じていても、歯医者さんに行きたくなくて、「きっと明日になれば治っているはず」と、自己暗示にかけてなかなか歯科医院に行かない方は多いものです。

でも自己暗示をかけて寝てみても、朝起きると再びむし歯の存在に気づかされたりと、残念ながら暗示だけでは、現実のむし歯はなくなりません。


では私たち大人のむし歯はどうやったら防ぐことができるのでしょう?

実は大人がなりやすい「むし歯」というのがあります。

詰め物を詰めた金属境目や金属の下にできる「2次むし歯」と、歯の根っこの近くに出来る「根っこのむし歯」です。

特に気をつけてもらいたいのが「2次むし歯」で、いちど治療した詰め物の境目からむし歯になるので、なかなか発見しにくい場所にできます。

むし歯の治療から時間が経っていて、先ほどご紹介したように「キーン」と甘い物が時々しみたり、食事をしている際に詰め物がグラグラしたりといった状態になって気づくことが多いようです。

そのようなときには、早めに歯科医院に足を運ぶことが大切です。



実は皆様がついつい敬遠してしまいがちな歯科医院も、昔と違い、むし歯の治療時間も、治療方法もとても進歩しています。

最近ではむし歯とわかっても、すぐに治療しないむし歯もあります。

そのむし歯は「初期むし歯」と呼ばれています。

「初期むし歯」は、歯のエナメル質の色から判別ができます。

歯の表面のエナメル質からカルシウムやリン酸が抜けて密度が低くなると、その部分は白く見えます。

ご自分の歯を鏡に映して「ぽつん」と白い斑点を発見した場合、それが初期むし歯なのです。

初期むし歯はすぐに治療せずに、様子を見る場合が多いです。

むし歯は生活習慣病ですから、間食や甘い飲み物の取りすぎに注意し、歯みがきを丁寧に行いましょう。

また、むし歯は進行してしまうとどんどん広がってしまい、治療に時間がかかったり、治療にも痛みが伴ったりと、嫌なことばかりが増えてしまいます。

特に気をつけたいのが前歯のむし歯です。

前歯と前歯の間に出来て、小さいうちは気づかないのですが、放置していると奥歯より薄いので早く進行してしまい、神経も近いことから治療の痛みも大きくなってしまいます。

もちろん、見た目的にもマイナスです。

前歯が黒ずみ、気になって人前でにっこりと笑えなかったり、精神的にも苦痛が伴ってきます。



むし歯にも色々あることがわかりましたよね。


綺麗な歯と口腔内を保つことで、審美的にも気持ち的にも、明るくなることができます。

仕事やお友達との集まりの合間に美味しいお菓子を思う存分食べる幸せを味わうためにも、健康な歯とお口が大切なのですね。

そのためにはやっぱり定期健診も必須項目です。

身近な歯医者さんに、こまめにお口のチェックをしてもらうようにしましょう。




イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:09| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ひな祭りの由来

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月3日(金)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日はひな祭りですね。

私には3人の娘がいますので、ひな祭りは毎年ひな人形を飾って、ちらしずしを食べてお祝いをしますよ。

ところで、ひな祭りの由来とはどういったものなのでしょうか?

ちょっと調べてみました。


ひな祭りの由来を知るには、2つの話を説明する必要があります。

まず1つ目の話は、「上巳の節句」についてです。

上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習があったそうです。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今で言うところの「おままごと」が流行っていました。

これを「ひいな遊び」と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が行われるようになったそうです。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく家で飾るように変化していきました。

これが、ひな祭りの由来と言われているそうです。


ひな祭りの元となっている上巳の節句では、特に女の子のための日という概念はなく、男女共通の行事として厄払いや邪気祓いが行われていました。

しかし江戸幕府は、それまで日付が変動していた上巳の節句を三月三日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と決めたのです。

こうしたことから、ひな祭りとは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、今のひな祭りとなっていったそうです。


いかがでしたか?

今年も娘たちの健やかな成長を願いたいです。



イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:51| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

甘いものが痛く感じるケース

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月2日(木)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、甘いものが大好きな方はいらっしゃいますか?

私も実は甘いものが大好きなのですが、口に入れて噛んだとたんに、突然!!「キーン」と歯にしみたことはありませんか?

「あれ?痛い!?」と思っても、その場が過ぎてしまうと、忘れてしまうことはありますよね。

実はこの「キーン」というサインを無視してはいけないのです!

今回はこのサインの秘密についてご説明したいと思います。


皆様は常日頃から、ご自分の歯をじっくり鏡で見ていますか?

なんとなく見ているつもりでも…「歯の数、形や、特徴は?」と問われると、答えに困ってしまう方も少なくないと思います。

普段気づかなくても、皆様のお口の中は食事のたびに危険にさらされています。

その危険から身を守るためにも、自分の歯の状態を把握しておくことは、とっても大切です。

では、ちょっとした“むし歯サイン”をチェックしてみましょう。



□詰め物(むし歯の処置)をした歯がある
□歯みがきをしている時、違和感を覚える時がある
□食事または食べ物を噛んだ時、違和感を覚える
□フロスをした時、フロスの糸が縮れたり、糸が切れる
□冷たい水がしみる

どうでしょう、気になるポイントはありましたか?

チェックがついた方は、もしかするとお口の中でむし歯のサインが点滅している可能性があります。

早めに歯医者さんに行って、しっかりと見てもらうようにしましょう。


次回はそのような虫歯の対処法について説明したいと思います。



イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:55| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

虫歯になりやすい条件2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日3月1日(水)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



今日から3月ですね。

さて、昨日に続き今日も虫歯になりやすくなってしまう条件のお話の続きをしたいと思います。


むし歯になりやすい原因その3:「食事」

食事の仕方を見直すことも大切な要素です。

朝・昼・晩と食べる時間を決めていくことは、体調管理や健康の面からも有効ですが、むし歯対策、とくに歯の再石灰化を進めるための時間をとる、という意味でもとても大事なことです。

不規則な時間に食事をとったり、だらだら食べは避けたほうがよいでしょう。



むし歯になりやすい原因その4:「ケア」

むし歯になりやすいのは、「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」「奥歯のさらに奥」の3ヵ所です。

ここは、マメに歯みがきをしている人でも、みがき残しの多い部分ですので意識してブラッシングするように心がけてみてください。

また、「忙しくて食後に歯をみがけないことがある」「外出先での仕事が多いので、歯みがきなどのケアを忘れがち」という人は、せめてシュガーレスガムをかんで、だ液をたくさん出すことを心がけましょう。

セルフケアとしての歯みがきのほか、歯科医院で定期健診を受けるのもおすすめです。

自分では気がつかなかったところまで専門家にケアしてもらえるので安心です。

むし歯になってから歯科医院に通う時間とお金を考えれば、予防として定期健診に通うほうがはるかにお得でしょう。


以上が、むし歯になりやすい4つの条件とその対策です。

いつまでも健康なお口でいるために、ぜひ今日からオーラルケアをはじめましょう!



イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

虫歯になりやすい条件

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月28日(火)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、「歯みがきは一応しているつもりなのに、なぜかむし歯になりやすい…」といった話をしばしば行くことがあります。

そんなふうに思っている人は意外と多いものです。

最近では、電動歯ブラシを使っている人や歯みがき剤にこだわりをもっている人も増えていますが、自分ではどんなに気をつけているつもりでも、その人の生活環境やお口の中の状態次第でむし歯になってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、むし歯になりやすい「4つの条件」についてお話ししましょう!



むし歯になりやすい原因その1:「時間」

「歯に汚れや細菌がついている時間が長いほど、むし歯になりやすい」というのが一般的な常識です。

少し前までは「3・3・3」といって、“朝昼晩の3回、食後3分以内に、3分間以上”を目安に歯みがきをするのが効果的な方法といわれていました。

しかし、ここ数年で広まった新しい考え方のひとつに「食後の歯みがきは、5〜10分おいてからがベター」というものがあります。

これは、食事をした直後のお口のなかは酸性に傾いた状態になっていることが根拠となっています。

酸化により歯が多少柔らかくなっているときに、硬い歯ブラシでゴシゴシこするのは、健康な歯を必要以上に研磨してしまう可能性があるという考え方です。

また、だ液の分泌などによる自浄作用が働くことによって、食事の後、時間がたてば、ある程度は中性に戻ろうとする力があることもわかってきています。

とはいえ、「食事の後、すぐに歯をみがかないと気持ちが悪い」という人もいますよね。

その場合は、うがいをしたり、シュガーレスのミント系のガムをかんだりすることで、歯みがきまでの少しの間、待ってみるのもよいでしょう。



むし歯になりやすい原因その2:「細菌」

歯に残っている食べカスや汚れが細菌と結合することで歯を溶かしてしまう、これが、むし歯で歯が溶けてしまうことの仕組みです。

お口のなかにある細菌の数は人によって異なりますが、生活習慣を正すことで細菌を減らすこともできる、というのが最近の考え方です。

とくに気をつけたいのは、大人から子どもへの細菌の感染についてです。

なぜなら「むし歯は感染(うつ)るもの」だからです。

むし歯の細菌を持った大人から、むし歯のなかった子どものお口に細菌が入りこんでしまうことがあります。

予防策としては、お箸やスプーンなどの食器を共有しないことなどがあげられるでしょう。


次回も虫歯になりやすくなる条件について、あと2つをお話したいと思います。


イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:52| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

歯根膜のあれこれ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月27日(月)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、先日から歯と骨を結び付けている、歯根膜についていろいろとお話をしてきました。

今日はその歯根膜に関する豆知識をお話したいと思います。



■ 歯根膜は歯の矯正に役立つ
歯に力を加えると歯根膜や骨の血流が悪くなって、骨を溶かす細胞が現れて、歯を移動させることができるようになります。

歯根膜が退化してしまって、骨と歯が本当にくっついてしまっている場合には、矯正の力をかけても歯は動きません。


■ 歯根膜が病気になることがある
許容以上の強い衝撃や、虫歯や歯周病などの細菌が入り込むなどすると、炎症を起こします。

歯の神経をとってしまっていても、硬いものを噛むと痛かったり、歯が浮いた感覚がしたりするのはこの歯根膜の炎症が原因です。


■ 歯根膜は現在は人工的に再現できない
チタン製の歯を埋め込むインプラント(人工歯根)に歯根膜は再現できていません。

ですので、インプラントと普通の歯ではほんの少し噛んだときの感覚が違うと言われています。


■ 歯根膜は歯を抜く時に利用される
歯と骨の隙間に歯根膜があるおかげで、歯を緩めやすく抜くとき役立ちます。

もし癒着していると、歯の周囲の骨を削全て削らなくてはならないのでかなり大変です。




歯根膜の直接的メンテナンスはありませんが、歯周病が進行すれば、あごの骨が溶けてなくなり、歯根膜も無くなって歯が緩んでいきます。

それにしても普段見えない歯の土台にすでに免震装置が備わっているなんて、すごいことですよね。


イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

歯根膜の働き

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月25日(土)の診療時間はAM9:00〜PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は歯が揺れる原因となっている、歯根膜という構造があるという話をしました。

今日はその歯根膜について、もう少し詳しい話をしたいと思います。


歯根膜内部では、歯とあごの隙間に無数の繊維が横断して歯を固定しています。

その繊維の方向は一定方向ではなく、歯が動いても抵抗するよう、様々な角度に配置されています。

イメージ的には噛む際の衝撃や、歯を引っ張っても抵抗するような繊維のじん帯です。

歯根膜の機能は、衝撃吸収や、歯をあごの骨の中に留まるように弾力を持たせつつ固定する、噛んだ感触を脳に伝える役割などです。

さらに歯根膜は、衝撃を吸収するための繊維だけでなく、セメント質に栄養を補給するための血管も持っています。

歯根膜からセメント質へ栄養を補給することで、実は私たちは多くのメリットを得ているのです。

よく歯の神経を抜くと歯に栄養が行かなくなると言いますが、歯そのものは抜けてしまうことはありません。

それは神経を抜くことで栄養が届かなくなるのは歯の内部の象牙質だけだからです。

歯を固定している、骨〜歯根膜〜セメント質の部分は、外側から栄養が補給されるため、神経を抜いても歯が骨から外れて抜けずに使用することができます。

もしセメント質が歯の内部から栄養を受け取っていれば、歯の神経を抜いてしまえば、歯も抜けてしまうでしょう。

このように、歯根膜は歯を残すために大切な役割を担っているわけですね。


次回も歯根膜に関する豆知識をお話ししたいと思います。




イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:22| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

歯が揺れる仕組み

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月24日(金)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、ある日ふと歯を触ってみたら歯が揺れてびっくりした経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

歯が揺れる場合には当然病的な原因がある場合もありますが、実は健康な歯でも少しは揺れるものなのです。

今回は、そのような歯の揺れる構造について説明したいと思います。


歯は毎日噛むことでかなりの衝撃を受けます。

それらの衝撃から歯を守ってくれるためも歯根膜という組織があります。


健康な歯でも、指で前後に揺らすと多少揺れる感じがするのは、この組織があるためです。

まるで建物の免震装置と同じような免震構造を持っています。

この歯根膜は歯とあごの骨の間にあります。



20110622periodontalmenbrrane.jpg


上の図の、緑色で囲まれているところが歯根膜が存在する場所です。

歯の根の表面では、0.1mm程度の薄いセメント質が、象牙質の表面を覆っています。

歯とあごの骨の間には0.2mm程度の隙間がありますが、セメント質とあごの骨の間にあるのが歯根膜で、厚さは概ね0.2mm程度の繊維状の組織です。

健康な歯でも指で動かすと揺れるのは、この歯根膜の機能のおかげで異常ではありません。


明日も歯根膜について、もう少し詳しいお話をしますね。




イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:09| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

痛い歯がどこか分かりにくくなることがある?

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月23日(木)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、この歯が痛いと思ったのに、調べてもらったら別の歯が原因だった……。そんな経験はありませんか?

実はこれ、良くあることなんです。

一般に歯は広がるような痛みが出るので、原因の歯の周囲がまとめて痛く感じることがあります。

そのため自分では痛む歯がはっきり分からないことも多いのです。

さらに疲労やストレス、朝・昼・晩などの時間帯でも痛みが変化するのが特徴です。

また上の前歯が原因で目の上が痛くなったり、上の奥歯付近が原因で目の下が痛くなったりと、歯が原因なのに少し離れた別の部位が痛くなることもあります。

これは「関連痛」と呼ばれています。

ただしこの関連痛は、原因の歯が右なら右、と同じ側に起こります。

放散性と関連痛が関与するためひどい痛みの時などは、場所が分からなくなってしますのです。

私も診療をしていて、患者さんが痛みを訴えている場所と違うところが本当の痛みの原因になっている、という場合を頻繁に見ています。

歯に激しい痛みを覚えたら、自分で原因を特定せずに、歯医者さんにきちんと全体を確認してもらうことをお勧めしますよ。





イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:01| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

歯の痛みに関するお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月22日(水)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、今日は歯の痛みに関する豆知識をいくつか紹介したいと思います。


■エナメル質は痛みを全く感じない
歯の一番表層部にあるエナメル質は、痛みを感じることができません。

たとえ麻酔せずに歯を削ったとしても痛みを感じることはありません。


■象牙質は刺激すると痛くなる
歯の根元などは、エナメル質が削れていたり、歯ぐきが下がって象牙質が露出したりすることがあります。

温度変化などで虫歯がなくても歯がしみるのは、この場所が中心となります。


■歯は許容範囲を超えなければ痛みが出ない
歯は、象牙質に加わる刺激が許容範囲を超えた時にだけ痛みが起こります。

ある瞬間スイッチが入ったように突然痛いと感じるのです。


■前歯の方が、奥歯より痛みに敏感
電気で同じように刺激する実験では、前歯の方が奥歯より早く痛みが出やすいことが分かっています。

これは前歯の神経の感覚単位が奥歯よりも多いためです。


■深い場所より浅い場所の方が削るとき痛い
神経に近い深い部分よりも、エナメル質に近い部分の象牙質の方が、歯を削る時に痛みが大きい傾向があります。


■象牙質は細いパイプがたくさんある
象牙質には、最高で1ミリ立方メートルあたりに約5万本ものパイプ状の穴があります。

この内部の液体が刺激で移動すると歯髄にある神経が刺激され、痛みが起こると言われています。



どうでしょうか?

ちょっとした豆知識でしたが、また次回も歯に関するお話をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:46| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする