2009年06月15日

歯周病治療の流れについて

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。


先日から歯周病についてのお話をさせていただいています。

そして、今日は歯周病の症状に合わせた、実際の治療についての説明をしたいと思います。手(グー)




先週までにお話しした通り、歯周病はその進行の程度によって大きくは3段階に分けられます。目

よって、治療にあたってはそれぞれの病状に合わせた治療計画が大切です。




・軽度の歯周病

歯茎の状態を検査した後、表面についている歯石や歯垢を取り除きます。

歯科衛生士によるカウンセリングと歯磨きの仕方を確認しあうことで歯周病の進行を食い止め、健康な状態を維持します。

軽度の歯周病は、歯茎の表面だけの炎症のため、表面の歯石のお掃除と日ごろの歯磨きの改善だけで十分に回復が見込めます。グッド(上向き矢印)




・中程度の歯周病

歯茎の状態を検査した後、表面についている歯石や歯垢を取り除きます。

歯周病の進行が強いところや、歯茎の深いところにまで歯石がついている場合は、少し念入りに歯石のお掃除をします。

歯科衛生士によるカウンセリングと歯磨きの仕方の確認によって歯周病のこれ以上の進行を食い止め、定期的に確認とお掃除をすることで健康な状態を維持していきます。

中程度になると、歯石は歯の表面だけでなく、歯茎の奥深くまでついている場合が多いですので、その部分まできちんとお掃除しておかなければ、回復が見込めません。あせあせ(飛び散る汗)

その上で自宅でもきちんとケアをしていただくことで、それ以上の歯周病の進行を食い止めていきます。手(グー)




重度の歯周病

歯茎の状態を検査した後、表面についている歯石や歯垢を取り除きます。

歯周病の進行が強いところや、歯茎の深いところにまで歯石がついている場合は、少し念入りにお掃除をします。

さらにこの状態までいくと歯周病の進行が極端に強く、通常のお掃除では状況の改善が望めない場合には、よりしっかりとしたお掃除ができるように歯周外科と呼ばれる手法を使うことがあります。手(パー)

麻酔をした状態で歯周病の進行が強い部分の歯茎を開き、歯の根っこの周りや汚れが直接見やすい状態にして徹底的にお掃除をします。むかっ(怒り)

歯茎の状態や歯周病の進行が落ち着いたのを確認し、これから状況が悪化することがないように定期的なケアを行っていきます。




歯周病の治療は、基本的に炎症の原因となる歯石を取り除き、きちんとした歯磨きの仕方を身につけてもらうことでお口の中の細菌の環境をコントロールするということにあります。ひらめき

一度歯茎が落ち着いたからといっても、きちんとしたケアができてないとまた症状が悪化していきます。ふらふら

健康な歯をずっと維持するためには、ご自宅での適切な歯磨きと、定期的な健診によってご自身の状態を常に確認していくということがとても大事なのです。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

痛くないから大丈夫、などと思わずに、たまに歯医者さんで歯茎の状態も含めて、お口の中全体を確認してもらうことをお勧めしますよ。わーい(嬉しい顔)




イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。

http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。

http://www.geocities.jp/eternal_shika/new/index.html
posted by lefteye at 07:06| 佐賀 ☔ | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121512753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

読む人がひきこまれる歯周病の説明の仕方
Excerpt: 患者さんが読んでいて、わかりやすい歯周病の説明の仕方。 ...
Weblog: 歯科医療機器(歯科器具) 製造職人のブログ
Tracked: 2009-06-15 08:14