2017年02月06日

CRと呼ばれる治療法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月6日(月)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、歯に痛みを感じて歯科医院を受診された場合、虫歯の治療として歯に「詰め物」をするのが一般的な治療法です。

昔は金属の詰め物をよく使っていたのですが、最近では白いプラスチック樹脂を詰めることが多くなりました。

ところで、この虫歯の穴に詰める白いプラスチックの素材が何か、ご存知でしょうか?

今日はこのプラスチックがどういったものかについてお話をしたいと思います。



歯の詰め物の素材のベースは「コンポレットレジン(以下、CR)」というプラスチックです。

保険適用の治療で用いられる樹脂素材としては、CRが一般的です。

それに耐摩耗性や強度が向上するようにフィラーと言われる無機質が混ぜ込んであります。

分かりやすく例えると、コンクリートを作る際に、セメントに砂利を混ぜて強度を増しているのと同じ仕組みになるのです。

この配合でフィラーが大きく硬くなれば耐久性が増し、少なければ表面が滑らかになりやすく、光沢も出やすくなります。

歯の詰め物はこれらの大きさや量がバランスよく混ざったペースト状になっていて、それらを虫歯を取り除いたは穴に詰め込んで形を作ってから、青い光を当てて硬化させます。

このCRという素材は決められた波長の光を受けたときに固まるように作られています。

穴に詰めてある程度形を整えたら、青を発する波長の光を照射することで急速に硬化させることができます。

それをきれいに磨きあげて、虫歯の治療が終わりです。

次回はこのCRの特徴について、も少しお話したいと思います。




イターナル歯科クリニックのインスタグラムのページはこちらです。
https://instagram.com/p/BP6rIOLDkmz/


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:27| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする