2016年07月30日

被せ物には寿命があります

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月30日(土)の診療時間はAM9:00〜PM7:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、歯の治療が終わった後に、「この被せ物、一生持つわけじゃないよね?」と考えたことはありませんか。

今回は歯の詰め物・被せ物の治療後の寿命についてお話ししたいと思います。




詰め物・被せ物が壊れたり取れたりする原因は、大きく分けて2つあります。

■人工部分の破損
樹脂の詰め物、金属ブリッジの連結部分、セメントなど、過去に歯以外の成分で治療した部分が折れたり欠けたりすることで、詰め物・被せ物が取れてしまうことがあります。


■自分の歯の部分の虫歯や破損
詰め物の周囲、被せた内部、根など、自分の歯の虫歯や、咬み合わせの力が原因で、人工物を支えられなくなり、詰め物・被せ物が外れてしまうことがあります。



結果的には、どちらも同じように取れてしまうわけですが、実は人工物部分が原因の場合、作り直しが簡単なことが多く、強度を上げたり形を変えたりすれば、その後の耐久性が上げやすいのです。

これに対し、歯自体が原因の場合は、それ以上の強度を上げることが困難なこともあります。

それどころか、根が割れてしまった場合などは、作り直しもできず、抜歯が必要になることもあります。

次回は、そのようなかぶせ物や詰め物の寿命を知事目てしまう原因についてお話をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

定期検診を続けよう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月29日(金)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、歯の喪失が進んでブリッジやインプラントが増えるにつれて、お口の中のメインテナンスは難しくなっていきます。

今日は定期検診について少しお話をしたいと思います。


そもそも、定期検診はどれくらいの頻度で行えばいいと思いますか?


イターナル歯科クリニックでは、1本も歯の欠損がなく、比較的に口腔内の衛生状況が良い人で半年に一回くらい、インプラントやブリッジが入っていたりする人で3か月に1回くらい、歯周病の進行が見られる人や、口腔内の衛生状況があまり良くない人ではそれ以上の頻度での定期検診をお勧めしています。

ところで、歯ぎしりや食いしばりをしていると歯が悪くなる人がいます。

そのまま放置しておくと、歯がすり減るだけでなく、かけてしまったり折れてしまったり、場合によってはインプラントや被せ物まで破損する場合があります。

それだけでなく、歯ぎしりや食いしばりは歯周病を悪化させる原因となることがわかっています。

さらに、顎の関節が痛んだり、口が開きにくくなる顎関節症の原因になったり、肩こりや頭痛なども引き起こしかねません。

このような噛み合わせの異常も、定期検診を行ってお口の中を確認することで、予防することができます。

あたりのきついところを定期的に確認して、噛み合わせのバランスを調節したり、マウスピースの装着を検討したりすることで、そのような過大な噛み合わせの力を分散させて、歯を守っていくことができます。

このように、定期検診ではお口の中の清掃や虫歯の確認だけでなく、噛み合わせも含めて確認を行うことで、より長く自分の歯を守っていくことができます。

何の自覚症状がなくても、ぜひ定期検診は行っていくことをお勧めしますよ。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:06| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

歯を失う原因

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月28日(木)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、高齢になるにつれて、歯の数は少なくなってしまいます。

40〜45歳までは歯の平均喪失数は1本程度なのですが、60〜65歳では平均6本となります。

そして、後期高齢者(75歳以上)では平均10本弱、二人に一人は総入れ歯を使っているというのが現状です。

ですので、今ある歯をいかに維持していくかがとても大切になってきます。

今日はそのような歯の喪失の原因についてお話をしたいと思います。


歯の喪失の大きな原因は二つあります。

一つは虫歯、もう一つは歯周病です。

どちらも歯と歯茎の周りに付着する歯垢が主な原因ですので、歯ブラシやフロスを用いてきれいに除去してあげる必要があります。

そのためには、朝、昼、晩の一日三回の歯磨きを欠かさずに行うこと、中でも夜のが歯磨きが一番大切になります。

就寝中は唾液があまり出ないので、口の中が十分に洗浄されず、虫歯や歯周病の細菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

きちんと歯磨きを気を付けて、歯を守っていくように心がけましょう。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

歯周病から歯を守るには

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月27日(水)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は自分では気づかないうちに進行してしまう、隠れ歯周病について説明をしました。

今日はそんな隠れ歯周病を事前に見つける方法について説明をしたいと思います。



隠れ歯周病を発見する最も確実な方法は、歯科医院などで定期検診を行なうことです。

虫歯や歯周病は早期に発見すると、治療時間や期間の短縮、歯の寿命を延ばすなど、たくさんのメリットが生まれます。

もしあなたが5年以上歯石を取っていないとすると、症状が現れないだけで、実はしっかり歯石が付着している恐れがあります。

歯周病予防を兼ねて歯石を一度しっかり取れば、その後は正しい歯磨きを行なうことで、歯石付着予防しやすくなり健康な歯肉を維持しやすくなるのです。


特別に困っていることはないから、歯医者に行く必要なんてない、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、自覚症状がなくても、「隠れ歯周病」が見つかる可能性もあるので、最低でも年に1度の歯の定期健診を行なうことをオススメします。


ずっと自分の歯を保っていくために、ぜひお口の定期健診を利用しましょう。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

隠れ歯周病にご用心 

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月26日(火)の診療時間はAM10:00〜PM8:00となっており、予約状況については若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さてみなさん、自分では全然自覚症状がなくても、実は徐々に歯周病が進行していることがあるという話を聞いたことはありませんか?

若いころから歯は丈夫な方、最近は歯医者にも行っていないし、別にどこも痛くないし何も困ることはなかった、そんな人がある日突然歯茎が腫れてしまうことがあります。

それが「隠れ歯周病」です。

今日は歯に自信がある人ほど陥りやすい「隠れ歯周病」について説明したいと思います。



「歯周病」ときくと、歯を支えている骨が溶けて、歯がグラグラになってしまうような状態をイメージする人が多いかもしれません。

しかしこの状態は、歯周病の末期にならないと現れません。

むしろ歯周病の初期や中期では、健康な歯とほとんど変わらないくらいのぐらつきしかないことがほとんどです。

歯がぐらつくような症状がなくても歯周病が進行している可能性が高いのです。

そして、気がついた時にはほぼ手遅れなところまで行ってしまっている場合もあります。



こういった方は要注意です。



・歯磨きは昔から自己流
きちんとした歯磨き指導を受けたことはなく、あまり熱心に歯を磨いたことはないのに歯が丈夫!という人は結構いるものです。

自己流の歯磨きで、本当は汚れが落ちていないのに、虫歯がないため正しい歯磨きと思いこんで、歯石などを溜めてしまいます。




・昔から虫歯の経験があまりない
虫歯の経験があれば、治療済みの金属などがまれに外れることもあるため、ときどきは歯科医院で歯周病のチェックが行なわれます。

そのため歯周病についても発見のチャンスは増えます。

逆にいうと、虫歯がない人ほど病院に行く機会が少なくなり、発見が遅れ易くなってしまうのです。




・病気に対する抵抗力がある
20代〜50代で体力が充実していて、少しのことでは風邪も引かないなど、病気に対して、もともと抵抗力や体力がある人も要注意です。

歯周病の原因である歯石などが歯の根元に付着しても、炎症が起きにくいので、歯石を貯め込んでも何も起こらず、発見が遅れがちになります。




・歯科医院に5年以上行っていない
ときどき歯茎が腫れたり、違和感があったりするけど、1〜2日で元に戻るので、病院には行っていない、ということはありませんか?

実はそれは歯周病のサインである可能性があります。




生まれつき丈夫な歯を持っている場合でも、そのことで逆に歯科医院に行く機会に恵まれず、逆に歯周病が末期の状態になるまで、症状が現れずにいることがあるのです。

歯磨きがしっかりできていないと、歯と歯茎の隙間のポケットという溝にある歯石の表面には、たくさんの歯周病菌が存在します。

これらの菌がたくさんの毒素を出しますが、強い体の抵抗力で、これを封じ込んでいるため、炎症が大きくならないからです。

大きな炎症の元を大きな抵抗力で押さえ込んでいるので、抵抗力が落ちてくる年齢などになると、突然時限爆弾が爆発するように大きな腫れが起こることがあります。



次回はこのような隠れ歯周病を発見する方法について説明したいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:10| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

虫歯になりやすい原因のお話 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月25日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、前回に続き今日も虫歯になりやすくなってしまう条件のお話の続きをしたいと思います。


むし歯になりやすい原因その3:「食事」

食事の仕方を見直すことも大切な要素です。

朝・昼・晩と食べる時間を決めていくことは、体調管理や健康の面からも有効ですが、むし歯対策、とくに歯の再石灰化を進めるための時間をとる、という意味でもとても大事なことです。

不規則な時間に食事をとったり、だらだら食べは避けたほうがよいでしょう。



むし歯になりやすい原因その4:「ケア」

むし歯になりやすいのは、「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」「奥歯のさらに奥」の3ヵ所です。

ここは、マメに歯みがきをしている人でも、みがき残しの多い部分ですので意識してブラッシングするように心がけてみてください。

また、「忙しくて食後に歯をみがけないことがある」「外出先での仕事が多いので、歯みがきなどのケアを忘れがち」という人は、せめてシュガーレスガムをかんで、だ液をたくさん出すことを心がけましょう。

セルフケアとしての歯みがきのほか、歯科医院で定期健診を受けるのもおすすめです。

自分では気がつかなかったところまで専門家にケアしてもらえるので安心です。

むし歯になってから歯科医院に通う時間とお金を考えれば、予防として定期健診に通うほうがはるかにお得でしょう。


以上が、むし歯になりやすい4つの条件とその対策です。

いつまでも健康なお口でいるために、ぜひ今日からオーラルケアをはじめましょう!



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:08| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

虫歯になりやすい原因のお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月23日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、「歯みがきは一応しているつもりなのに、なぜかむし歯になりやすい…」といった話をしばしば聞くことがあります。

そんなふうに思っている人は意外と多いものです。

最近では、電動歯ブラシを使っている人や歯みがき剤にこだわりをもっている人も増えていますが、自分ではどんなに気をつけているつもりでも、その人の生活環境やお口の中の状態次第でむし歯になってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、むし歯になりやすい「4つの条件」についてお話ししましょう!



むし歯になりやすい原因その1:「時間」

「歯に汚れや細菌がついている時間が長いほど、むし歯になりやすい」というのが一般的な常識です。

少し前までは「3・3・3」といって、“朝昼晩の3回、食後3分以内に、3分間以上”を目安に歯みがきをするのが効果的な方法といわれていました。

しかし、ここ数年で広まった新しい考え方のひとつに「食後の歯みがきは、5〜10分おいてからがベター」というものがあります。

これは、食事をした直後のお口のなかは酸性に傾いた状態になっていることが根拠となっています。

酸化により歯が多少柔らかくなっているときに、硬い歯ブラシでゴシゴシこするのは、健康な歯を必要以上に研磨してしまう可能性があるという考え方です。

また、だ液の分泌などによる自浄作用が働くことによって、食事の後、時間がたてば、ある程度は中性に戻ろうとする力があることもわかってきています。

とはいえ、「食事の後、すぐに歯をみがかないと気持ちが悪い」という人もいますよね。

その場合は、うがいをしたり、シュガーレスのミント系のガムをかんだりすることで、歯みがきまでの少しの間、待ってみるのもよいでしょう。



むし歯になりやすい原因その2:「細菌」

歯に残っている食べカスや汚れが細菌と結合することで歯を溶かしてしまう、これが、むし歯で歯が溶けてしまうことの仕組みです。

お口のなかにある細菌の数は人によって異なりますが、生活習慣を正すことで細菌を減らすこともできる、というのが最近の考え方です。

とくに気をつけたいのは、大人から子どもへの細菌の感染についてです。

なぜなら「むし歯は感染(うつ)るもの」だからです。

むし歯の細菌を持った大人から、むし歯のなかった子どものお口に細菌が入りこんでしまうことがあります。

予防策としては、お箸やスプーンなどの食器を共有しないことなどがあげられるでしょう。


次回も虫歯になりやすくなる条件について、あと2つをお話したいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:41| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

自分でできる口臭予防

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月22日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、先日から口臭についてのお話をさせてもらっています。

今日は自分でできる簡単な口臭対策についてお話をしたいと思います。

糖尿病などの病気が原因の場合は、病気の治療が根本的な解決のためには不可欠です。

ここでは口臭の原因別に、自分ですぐにできて、効果が期待できる口臭対策法をご紹介します。


■どのタイプの口臭にも有効な対策法
・水やお茶を飲む
唾液の分泌が楽になったり、食品などの臭いの濃度を薄めたり、臭いの粒子を洗い流したりすることができます。

原因がはっきりしなくても何だか口臭が気になると感じたら、まずは水をゆっくり時間をかけて飲んでみましょう。


・香りのタブレット、シート、ガムなど
口臭の出口となる口内で香りを乗せることができるため、どんなタイプの口臭にもある程度の効果が期待できます。

清涼剤の効果で、口の中もさっぱりします。

ガムは噛むたびに唾液の分泌が促されるため、臭いの洗い流し効果もプラスされます。


・マウスウオッシュを使用する
汚れや臭いを飲み込まずに吐き出すため清潔感もあります。

できればブラッシングの後に行うのがよいでしょう。


■口の中の口臭原因に効果が高いもの
・ブラッシング
虫歯や歯周病が完全に治療されていなくても、ブラッシングを行うことによってプラークが減少し、歯ぐきの炎症が軽減します。

口臭予防に効果的です。


・舌クリーナー
舌苔を落とす舌クリーナを利用することで一時的に口臭を低減することができます。

しかし、体の内部の体調を改善しなければ、すぐに増殖してくるため、あくまで対症療法です。


■口より奥の口臭に効果が高いもの
・飲む口臭予防カプセル、サプリ
体の内部から発生する臭いや、食事の後の臭いなどを抑える効果が期待できます。

完全に臭いがマスキングされるわけではありませんが、比較的長時間効果が続きます。


・りんごを食べる
ニンニクの臭いが気になるときは、ジュースではない、固形のりんごを噛んで食べると臭いが和らぎます。


■ちょっと注意が必要な口臭対策法
・牛乳などの乳製品を取る
ニンニクなどの臭いが牛乳で消せるという話は有名ですが、食材そのものを牛乳に浸しているのとは違います。

さらに日本人は多くの人が牛乳を完全に分解できないため、量が多いと分解されずに腸の中でメタンガスを発生させて、それが肺からの口臭となってしまう可能性も考えられます。

やみくもに試すのは注意した方がよいでしょう。


いかがだったでしょうか?

口臭が気になっている方はぜひ試してみてくださいね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:16| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

口の奥が原因となる口臭

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月21日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は口臭の原因についてお話をしました。

今日は口の中ではなく、さらに口の奥の原因についてお話したいと思います。


口の中に口臭の原因がない場合、肺から吐き出される空気に臭いがついていることが多いです。

内臓からの口臭の原因と聞くと、胃から発生する臭いだと思う人も多いようですが、胃の入口部分には弁があり臭いが口の方に上がってこないようになっているため、げっぷなどをしなければ、胃の中の臭いが外に漏れることは通常ありません。


肺からの臭いは、主に血液中に取り込まれている臭い成分が、肺でのガス交換によって空気中に排出されることで起こります。

ニンニクなどを食べると口臭が強くなるうのはこのためです。


■食品による臭い
ニンニクやニラ、キムチ、アルコール、コーヒーなどの食品を摂取した後、口臭が起こることがあります。

ニンニクやアルコールなどは、腸で吸収されて血液中に取り込まれ、それが肺からのガス交換によって吐き出されるのです。

キムチやコーヒー、タバコなどは、粘膜の表面に付着した食品自体の臭いも発生原因となります。


■全身疾患による臭い
糖尿病などは、他の口臭のような刺激がある臭いではなく、甘酸っぱい独特の臭いがします。

肝疾患などの肝機能が低下するに従って、アンモニア臭が強くなります。

気管支系の疾患があれば、タンパク質の腐った臭いが考えられます。


次回は口臭をなくす方法についてお話をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

口臭の原因について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月20日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、口臭が気になっている方はいらっしゃいますか?

一言で口臭といっても原因はさまざまなのです。

今日はその口臭の原因についてお話しましょう。


1. 口の中に口臭の原因がある場合
日常的に強い口臭の原因になるのは、糖尿病などの全身的疾患などの影響を除けば、口の中の原因であることが多いです。

なかでも一時的に臭いが強くなるのは、食べ物が原因のことが多いと考えられます。


■歯ぐき、歯の神経の炎症による口臭
プラークが付着している部分は、細菌感染が起こっているため、歯ぐきが炎症を起こして腫れ、出血などが起こりやすくなります。

出血すれば血の臭いが、膿が出れば膿の臭いが口臭になります。さらに歯ぐきを構成するタンパク質成分が細菌によって腐敗し、強い口臭になることがあります。


■食べカスなどが出す臭いによる口臭
虫歯の穴の中や歯の間などに、食べカスが挟まったままになることがあります。

食べ物に含まれるタンパク質が細菌によって分解されて腐敗状態になると、強い臭いの原因になります。


■密集した舌苔(ぜったい)による口臭
舌苔とは、歯の表面に白く見える凹凸が異常増殖した状態です。

少し白い程度が正常ですが、突起の量が増えたり長さが長くなたりして、まるでビロードのようになると、先端のタンパク質が分解されたり、突起の隙間に細菌や、食べ物などが残りやすくなるため、口臭の原因となります。

舌苔は、舌の不衛生が原因ではありません。

体調を示すバロメーターと考えられ、量や形が変化するため、異常増殖した場合は、体のバランスが整っていない可能性があるため、体調が改善すれば、自然に量も減少してきます。


次回は口の中ではなく、さらに奥からの口臭についてお話したいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

前歯をきれいにする材料

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月19日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日から差し歯とはどういったものなのか、また現在差し歯の代わりに行われているクラウンという治療法について説明してきました。

今日はクラウンを使ってどのように審美的に前歯を作るのかについてお話をしたいと思います。



今では歯科クリニックで「差し歯にしてください」と希望を伝えれば、ほとんどのクリニックでクラウンによるかぶせ物の治療を行います。

ですが、保険適用の治療をメインに行っているクリニックでは、保険適用になるクラウンを選択することが一般的です。

保険適用のクラウンは費用が安く、お手頃なものが多いですが、どのタイプも金属やプラスチックを含んでいます。

治療後数年にわたって白く明るい口元をキープしたい、今の変色を治したいと希望される場合には、自費の治療を行っている「審美歯科」や「美容歯科」に相談されると良いと思います。

以前の差し歯治療の変色や歯ぐきの黒ずみで悩まれている方も、審美歯科や美容歯科では、きちんとキレイに治ります。

もっともオススメする素材の組み合わせタイプは、土台は金属を使わず、強化プラスチックの土台を使い、上にかぶせるクラウンはオールセラミックのクラウンです。

どちらも一切金属を含まないため、治療後の変色や変形、歯ぐきの黒ずみを引き起こしません。

仕上がりも、自然の歯のような白さと明るさ、透明感を持っているので、隣りのご自身の歯と見分けが付かないほど自然に仕上がります。

また歯ぐきの黒ずみも、現在の差し歯をすべて取り除き、神経の跡をキレイに消毒して土台を立て直し、新しいクラウンをセットすることでキレイに治るケースがほとんどです。

多くの方は治療が完了する前に、見違えるほど健康的なピンクの歯ぐきを取り戻します。


前歯をきれいにしたいと思っていらっしゃる方は、ぜひこの記事を参考に歯医者さんに相談してみてくださいね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

現在の差し歯に代わる治療法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月16日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日は差し歯と呼ばれるものがどういったものなのかの説明をしました。

そして、差し歯はちょっと古い治療法で、最近ではあまりおこなわれていないということをお伝えしました。

今日は現在前歯の治療法として主流となっている方法について説明したいと思います。


差し歯に替わって現在広く採用されている治療法は、クラウンと呼ばれる人工の歯をかぶせるようにセットする、いわゆる「かぶせ物」治療です。

クラウンによる治療法は、神経を取り除いた部分にまず「土台」を立て、その上にクラウンをかぶせる、二段構造によるものです。

セットするパーツが増えたことで、より精密で繊細な治療を行うことが出来るようになりました。


またセットした際の安定度が抜群に良くなり、取れてしまうケースも少なくなりました。

現在主流のクラウンによる治療の場合、「土台」の素材と「クラウン(かぶせ物)」の素材を選択出来ます。

希望する仕上がりや治療後の美しさの保ち、金額などを知って選択されることをオススメします。

一般的に、金属やプラスチックを含んでいる素材は治療後数年経つと、少しずつ変色や黒ずみを起こしてしまいます。

これは土台やクラウンに含まれている金属の成分が流出してしまったり、プラスチックが水を含んで変色してしまうことなどが原因です。

また特に金属を含むタイプの場合、仕上がりの透明感に差が出てきます。

金属は光を通さないので、歯本来の白い透明感を表現したい場合には、金属を含んでいるタイプはオススメ出来ません。


明日も前歯の治療法の材料などについてより詳しい話をしたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

差し歯と呼ばれる治療法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月15日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、歯科医師をやっていると患者さんからよく「差し歯」という言葉を耳にします。

実は「差し歯」は正式名称ではなく、しかも今はほとんど採用されない治療方法です。

差し歯の正式名称は”歯冠継続歯”(しかんけいぞくし)といいます。

歯の根っこに差し込むようにして人工の歯をセットする治療法だったため、「差し歯」という名前が広く知られるようになったと言われています。


daturi01.gif


差し歯の治療法は、歯の神経を取り除いたところに、人工の歯に支柱のような芯を立てて差し込むようにセットします。

人工の歯と支柱はセットになっており、特殊な接着剤を使用して歯のあるべき部分にセットします。

一般的に前歯の治療に採用される治療方法で、保険適用の治療としても広く採用されていました。

多くの方に広まった差し歯ですが、デメリットもあります。

人工の歯と支柱が一体となったものをセットするために繊細な施術がしにくく、取れてしまうケースも多くありました。

またセットしたあとにすき間が出来て虫歯になったり、人工の歯などに使用された素材の経年劣化による変色・変形などにお悩みのケースも多く見受けられます。


それでは、現在はどのような治療法で前歯をキレイにするのでしょうか?

次回は現在行われている方法を説明したいと思います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:02| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

永久歯が多い時の対処法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月14日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日から歯が生まれつき少なかった場合の話をしていますが、今日は逆に生まれつき歯が多い時のお話をします。


本来生えてくるはずの歯よりも、多い歯を持っていらっしゃる方もいます。

このような、本当よりも多い歯を過剰歯といいます。

よく過剰歯が生えてくるのは、親知らずのさらに奥だったり、上の前歯の間に生えてくることがあります。

このような過剰歯は、骨の中に眠っていて、実際には生えてこないことも多いのですが、生えてきてしまうと、噛み合わせや歯並びに悪影響を及ぼす場合があります。

過剰歯はレントゲンを撮った時に見つかることが多いですので、その時に歯医者さんに対処法をしっかり聞いたほうがいいでしょう。

問題なさそうならばそのまま放置していてもいいのですが、場合によっては早めに抜歯しておいたほうが長い目で見たときにいいこともありますよ。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:48| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

永久歯が少ない時の対応法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月12日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日は前回に引き続き、永久歯の数が生まれつき少なかった時のお話をしたいと思います。

今日は歯が少ない時の治療法のお話をします。


早い段階で永久歯の本数が足りないとわかった場合は、経過観察をしながら矯正治療などでバランスの良い咬み合わせを構築していけば良いと思います。

隙間を埋めて見た目をよくすることも大切でしょう。

ただし、ある程度の年齢になってからその問題が発覚した場合、矯正だけでは困難な場合も出てきます。

全体の咬合バランスは安定しているが、乳歯だけに限界が生じてしまった場合です。

それだけのために、せっかくバランスの良いかみ合わせを一旦崩して約2〜3年の成人矯正を行うにはリスクが大きいということです。

そんな場合は、全体のかみ合わせはそのままにして乳歯のみを抜歯し、何らかの方法で欠損部分を補うことを考えなければなりません。

頻繁に遭遇するのは、下顎の第2乳臼歯(E)が残っているケースです。

前歯から数えると5番目の奥歯が生まれつきないために、乳歯が残っている場合をよく見かけます。

下にあるはずの第2小臼歯がないため歯根が溶けきらず抜けていないのです。

この乳歯は根が2本あり大きく股を開くように歯槽骨に埋まっています。

その歯根の先端は前後の永久歯に近接していることもあって、虫歯が進行しすぎたり歯周病が進行したりと悪さをすることもあります。

前後の歯に挟まっているだけで、歯根の大半が溶けているといった事もよく遭遇します。

できるだけ前後の歯に影響が出ないように抜歯し、その後の処置は他の欠損と同じように、ブリッジか入れ歯か歯科インプラントを選択します。

こんな問題が20〜30代と若いうちに起きてきますので、できるだけ健全歯を削ることのない歯科インプラント治療を選択される方が多いです。


次回は逆に歯の本数が多い時についてのお話をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:05| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

永久歯が生まれつき少ないケース

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月12日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM0:00、PM3:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、通常お口の中の歯の本数が何本有るかをご存知ですか?



大半の方は切歯2本と犬歯、そして小臼歯と大臼歯が2本づつの計7本が上下左右あるので28本、それに親知らずが4本全部あったら32本になります。

ところが最近は、そもそも永久歯の数が足りない方が増加しています。

確率は10人に1人とも言われており、その傾向は強くなってきているのです。

そうすると、本来あるべき永久歯がないために、成人してからも乳歯がそのまま残っていたり、歯列や咬み合わせがおかしくなることがあります。

今日はそのようなもともと永久歯が少ないことについてのお話をしたいと思います。


乳歯から永久歯への生え変わりは突然一気に行われるものではありません。

一番奥に生えてくる大臼歯2本以外の5本の永久歯は、顎の成長とともに順番に交換されていきます。

しかし、何らかの理由で永久歯が下から生えてこないとなると、本来交換すべきタイミングで乳歯が抜けてくれません。

永久歯が下から生えてくるときに乳歯の根っこを溶かして歯の交換が行われますので、永久歯がなければそのまま乳歯が残ってしまうことがあります。

永久歯が生まれつき生えてこない原因は、現在でもまだはっきりとしていません。

乳歯は自己管理できないうちに生えてくるので虫歯になってしまう可能性も高いですし、元々そんなに長くしっかりした根っこがあるわけではありません。

また、歯の形も永久歯とは違うので、乳歯のまま一生快適に機能できる可能性は限りなく低いと言えます。

大半が20〜30歳くらいまでの間に自然に抜けるか抜歯しなければならなくなります。


次回はそのような永久歯が少なかった場合の対処法についてお話しします。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:02| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

様々な審美治療の提案 5

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月11日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日も前回に引き続き、要望に合わせた審美治療の提案をしたいと思います。


・「以前の治療跡をキレイにしたい」

前歯と歯ぐきの間の変色を治したい・前歯や奥歯の詰め物の変色をキレイにしたい・差し歯の治療をやり直したい、などのご希望の場合、高品質の素材と高い治療技術を持つ審美歯科専門のクリニックで、セラミック治療での再治療をオススメします。

変色や変形を起こしているケースの多くは、セットされた詰め物やかぶせ物にプラスチックや金属の素材が含まれています。

長期に渡って口の中で使用されることで少しずつ水を吸って変色してしまったり、成分が溶け出して周囲の組織を変色させてしまいます。

こうした場合、プラスチックや金属の素材をまったく含まないオールセラミックの素材で再治療をすることで、キレイにすることができます。

前歯などで虫歯を削った代わりにプラスチックがつめてある場合などは、プラスチックの詰め物を一度はずしてつめなおせばある程度きれいにすることは可能ですが、境目もわからないほどきれいにするのは困難な場合が多いです。

色むらもなく、きれいな歯を希望される場合はセラミックのほうが優れているでしょう。

当然それぞれの治療に向き不向きやメリット、デメリットはあります。

このような審美治療を希望される場合は、自分の要望をしっかりと歯科医師に伝えて、納得のいくまで説明を聞くことをお勧めしますよ。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:13| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

様々な審美治療の提案 4

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月9日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、今日も昨日に引き続き、要望に合わせた審美治療の提案をしたいと思います。


・「歯並びを整えたいけど目立ちたくない、歯を削りたくない」

歯並びを整えたいけれど歯を削りたくない・目立たないように治療したい、と希望される場合、オススメはマウスピース矯正治療です。

矯正治療の中でも比較的新しい治療法ですが、目立つ銀色のワイヤーを使うことなく治療ができ、いつでも取り外しができるので、大人になって矯正を始める方に広く人気を集めている治療法です。

マウスピース矯正は、歯の動きに合わせて各ステップのマウスピースを装着することで歯を整えていく治療で、装着感の違和感もワイヤーに比べれば少なく、取り外しができるために食事や歯磨きも楽ですので、気軽に行える矯正法になります。

次回も要望に合わせた治療法の提案をさせていただきます。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:41| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

様々な審美治療の提案 3

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月8日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、今日も昨日に引き続き、要望に合わせた審美治療の提案をしたいと思います。


・「前歯から奥歯まで、本格的に美しくしたい」

口元全体を希望の色にしたい・本格的に美しく整えたい、と希望される場合、オススメはオールセラミック治療です。

オールセラミックの素材は自然の歯に近い白さと透明感が特長で、長期にわたって変色することなく、白く美しい状態をキープすることができます。

歯の形やサイズはもちろん歯並びや色まで、かみ合わせを考慮しながら、希望の口元に整えることが出来る治療法です。

最近では芸能人の方々に人気の「スーパーホワイトセラミック」も登場し、通常のセラミックよりも数段白く明るくしたい方にオススメしている素材もあります。

通常オールセラミックを使った治療はたいへん高額なのですが、イターナル歯科クリニックではセレックというシステムを用いて、通常よりもかなり低価格でオールセラミックを提供するシステムも導入しています。


要望に合わせて必要な個所を美しい白い歯に置き換えることができます。


次回も要望に合わせた治療法の提案をさせていただきます。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:22| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

様々な審美治療の提案 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日7月7日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、今日も昨日に引き続き、要望に合わせた審美治療の提案をしたいと思います。


・「歯の色を白くして、前歯も少し整えたい」

例えば、前歯のすき間をなくしたい・前歯が出っ歯気味なのを治したい・前歯のサイズを整えたい、などのご希望の場合、オススメはラミネートベニア治療です。

歯の表面をごく薄く削り(具体的には0.7mm程)、コンタクトレンズのようにセラミック製のシェルをセットする治療法です。

歯を削る範囲が最少で済みますので、歯の神経を残したまま、負担を最小限に抑えて治療を行うことができます。

またシェルの色味を調整することができるので、白く明るいシェルをセットすれば、前歯の形を整えながら同時に歯の色も白く明るくすることができます。


次回も要望に合わせた治療法の提案をさせていただきます。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする