2016年06月30日

上手に歯磨きを行うには

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月30日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、昨日は歯磨きをしているのに歯周病が進んでしまう人がいるという話をしました。

今日もその原因の一つについてお話をしたいと思います。


歯周病の進行の原因の一つに、ずばり、磨いているつもりで磨けていないということです。

これは実際の診療の現場でもよくみかけます。

特に歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が歯と歯の隙間に入ることができずにプラークがそのまま残るため、歯周病の炎症になってしまうことがあります。

そこで歯をしっかり磨けているかを自分で確認するには、歯垢を染め出す薬剤を利用するという方法があります。


しかしもっと簡単な方法があります。

まず歯磨き後の口をゆすいだ後に鏡で歯を確認します。

歯と歯ぐきの境目付近に白いプラークが付着しているようであれば、かなり磨き残しがあると思ってください。

次にその磨き残したプラークを鏡で見ながらブラッシングで落とします。

鏡で見ているのにもかかわらず、なかなかプラークが落ちないはずです。

そればかりかそのまま続けていると歯ぐきから出血してきます。

これは磨き残しのプラークの周囲の歯ぐきは炎症を起こしていることが多いため、ブラッシングで簡単に出血することが多いのです。

しかしこうすることで、プラークの汚れを落とすために必要な力が確認することができます。

多少の血が出ても、歯茎が痛いほどでなければ気にせずに歯磨きをしてもらって構いません。

歯磨きに自信がない人は、定期検診を行っていれば、その都度歯磨きに関してもアドバイスを行ってもらえるので、オススメです。


次回もはみがきを気を付けていても歯周病が進んでしまう原因の一つについて説明したいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

歯磨きと歯周病

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月29日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、虫歯や歯槽膿漏を防ぐためには歯磨きが大事だということは、いまさら言われなくてもみなさんよくご存じだと思います。

ですが、歯磨きは毎日頑張っているのに歯周病が進んでしまう・・・などと悩んでいる方も大勢いらっしゃるのも事実です。

今日はなぜ歯磨きで改善しない歯周病もあるのかについてお話ししたいと思います。



歯磨きで歯周病が改善しない原因はいくつか考えられるのですが、一つには縁下歯石と呼ばれるものの存在です。

歯石とはプラーク(歯垢)が石灰化して固まったものです。

理論的には石灰化してしまうため、細菌の活動が停止するのですが、歯石の表面は常に石灰化しきれていないプラークが付着しています。

そのため歯石は一度形成されるといつまでも歯周病菌の毒素が放出が続きます。

縁下歯石は歯の周囲の歯ぐきの深い部分に隠れているため、歯ブラシでは除去することができません。

しかも周囲が常に歯ぐきに触れているため、歯ぐきの炎症が重症化しやすくなります。

さらに目で確認することができないので、発見が遅れやすいのです。

縁下歯石は、歯ブラシが届かないために、歯科医院で機械的に取り除くしかありません。

しかし一度綺麗に取り除けば、その後は歯磨きをしっかり行うことで、歯石の再付着を予防することができるようになります。

縁下歯石は、中期から末期の歯周病で見られることが多いため、できるだけ早めに除去するようにしましょう。

次回も歯磨きで改善しない歯周病について説明をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:28| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

審美治療を上手にやってくれる医院を選ぶには

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月28日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日は自分に合った審美歯科治療を行っている歯科医院を、上手に選ぶコツについてお話をしたいと思います。

まず第一に歯普段からたくさんの治療を行っているクリニックの方が、素材や仕上がりの技術に長けていると考えて良いと思います。

例えば公式サイトなどをチェックして、治療例(症例)の数や仕上がりを見るのは大きなポイントです。

また、クリニックでは治療をスタートする前に、無料でカウンセリングを行っている医院も多いので、それらを活用するのも良い方法です。

実際に無料カウンセリングに行かれた際にチェックしたいポイントは

・クリニック全体の雰囲気
・ドクターとの信頼関係が築けるか
・きちんと自分の希望を聞いてくれるか
・通いやすい場所にあるか
・遠方から来院の場合、予約の調整などをしてくれるか

などが挙げられると思います。

治療には、治療後のメンテナンスも含めて何度も通うことになりますので、職場やご自宅の近くなど、無理せずに通える範囲だと良いと思います。

もし遠方にしか行きたいクリニックが無い場合は、カウンセリングなどで遠方から来る旨を伝え、治療をまとめて行ってくれるなどのサポートがあると嬉しいですね。

特に、安心して通うことが出来るよう、ドクターとの相性や信頼関係が良好かを見ることが大切です。

長期に渡って使う歯を治療するのですから、しっかりと希望を伝え、その上で納得できる治療プランを託せるドクター選びが何より大切だと言えるでしょう。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

審美歯科治療とは

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月27日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、審美歯科と呼ばれる治療内容は保険がきかないということは、皆さんご存知でしょうか。

では、なぜ審美歯科治療は保険がきかないのでしょうか?


保険がきく歯科治療は、「悪い所を治す」という考え方のもと治療や法の制度が整えられてきたので、例えば前歯が折れてしまった場合、前歯の代わりとなるものをセットし、それが正しく機能することだけが求められていました。

ですが近年、そうして前歯の機能を回復させても、笑った時に黄色や銀色の歯が見えてしまうのではなく、もっと自然でキレイな歯を手に入れたいという声が高まり、その声に応えた歯科が「審美歯科」や「美容歯科」です。

審美歯科と呼ばれる治療では歯や口の中全体の機能性の回復に加え、見た目の美しさ(審美性)にも重点を置いた治療をします。

機能面だけでなく、生活するにあたっての審美性をより重視した治療なのです。

今では多くの方が審美歯科や美容歯科治療を希望され、一般的に行われるようになっています。


次回は審美歯科治療を受けるにあたっての歯科医院を選ぶコツについて説明したいと思います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:34| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

部分入れ歯を入れずに放置すると

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月25日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、先日より部分入れ歯についてお話をしています。

部分入れ歯は何となく抵抗があるかとは思いますが、つけることにはそれなりにメリットがあるという話をこれまでしてきました。

今日は部分入れ歯を入れずにそのまま過ごしているとどのようなことになるのかを説明します。


どんなに説明しても部分入れ歯を絶対に使用しないという人もいます。

部分入れ歯を使用しないと、それまであった歯の負担が残りの歯にかかるようになります。

つまり歯の本数が少なければ少ないほど大きな負担がかかります。

歯の負担は、歯周病を加速させたり虫歯になりやすくさせるため、歯の寿命を短くします。

はじめのうちは部分入れ歯を使用しなくても、大きなトラブルもなく使用できることが多いようです。

しかし徐々に歯の本数が減少すると、ある時点で噛み合わせの負担に耐えられなくなり、そこからは加速度的に抜歯につながることがあります。

それまで数年使えてきたものが、ある時点から半年ごとに抜歯になり、最後は噛める場所が無くなったり、噛むと痛くなったりしていきます。


入れ歯は失った自分の歯の機能を完全に再現するものではありません。

しかし、歯の抜けた現状よりも咀嚼能力を上昇させ、さらに残った歯の寿命を延ばすサポートとして考えれば、デメリットよりもメリットの方が多いと考えられるのです。

皆さんも単純な機能性だけではなく、お口のこと全体を考えて、抜けた歯をどう補っていくかは歯医者さんとよく相談されてください。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

部分入れ歯のデメリットについて

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月24日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、昨日は部分入れ歯を付けておくメリットについて説明をしました。

今日は部分入れ歯のデメリットについてお話をしたいと思います。



・異物感
歯だけでなく歯ぐきも樹脂で作るためため、大きさが大きくなり異物感を感じやすくなります。


・バネが邪魔に感じやすい
残りの歯の周囲に金属の金具を作り入れ歯を固定するため、慣れるまで邪魔に感じやすいです。

また、バネの部分が金属だと、これも外見上目立ってしまうかもしれません。


・強く噛めない
入れ歯を噛むと歯ぐきでものを噛むような感覚になるため、自分の歯に比べてしっかり噛むことができません。



このように、やはりデメリットもあります。

それでも部分入れ歯を付けていたほうがいい理由があるわけです。

次回は部分入れ歯を付けずに歯がないまま過ごしていると、どのようなことが予想されるのかについてお話をしたいと思います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

部分入れ歯のお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月23日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。





さて、歯が抜けてしまって、それをそのままほったらかしにしている方はいらっしゃいませんか?

抜けた歯を補う方法はいくつかありますが、その中に部分入れ歯という方法があります。

正直、入れ歯というもの自体に抵抗があって、何となく使いたくないな、と思われる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

特に若い人ほど入れ歯に対する負のイメージが強く、作ってみたが使用しなかったり、作ること自体を拒否してしまう傾向があります。

しかしなぜ歯科医師は誰もが使いたくない部分入れ歯をどうして必要と勧めるのか? また部分入れ歯を使わないとどのような状況になりやすいのか?当然理由があるわけです。

今日はそのような部分入れ歯についてお話をしたいと思います。



そもそも、部分入れ歯を作るメリットとはどういったものでしょうか?

■メリット

・歯を削らない
多くの場合歯を僅かに調整する程度で、部分入れ歯を作ることができます。

部分入れ歯を取り外せば、残っている歯をもとの状態に戻るだけです。

・残りの歯の寿命を延ばす
噛み合わせの際の力が入れ歯部分に分散するため、残っている歯にかかる負担を減少させることができます。


・歯の移動を防ぐ
歯を抜いたままにすると、噛み合わせが無くなった部分の歯が徐々に伸びて移動し、歯並びが悪くなります。


・口元をシワやへこみを防ぐ
頬を内側から支える効果が期待できるため、口元のハリを保つことができます。


・自分で取り外せる
ブリッジやインプラントでは、不具合が出ても自分ではどうすることもできませんが、入れ歯は自分で取り外せば、不具合が一時的に解消します。



このように、いろいろとメリットがあるわけなのです。

次回は部分入れ歯のデメリットについてお話をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

親知らずの悪影響のお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月22日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日より親知らずについていろいろなお話をしてきました。

今日は親知らずがほかにもどんな悪影響を及ぼすのかについてお話をしたいと思います。

痛みや腫れの有無に関係なく、親知らずは様々な問題を静かに引き起こしていることが多くあります。

手前の大切な歯との間に虫歯を作ったり、歯周病を進行させたりするのはよく知られていますが、場合によっては手前の歯の根を溶かしてしまうこともあります。

大臼歯を抜歯しなければならなくなった際の歯牙移植用に親知らずを使う可能性はあるものの、大半のケースでは悪さをしてしまっていることのほうが多いと思います。

矯正治療や予防歯科の意識の高い欧米では、悪さをする前に積極的に親知らずを抜歯する“ウィズダムトゥースアウト”が一般化しています。

皆さんも親知らずについて気になるときは、早めに歯医者さんに相談してみてください。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:44| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

親知らずが出てくる時期

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月21日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日は親知らずはいつごろから生えてくるものなのかについてお話したいと思います。

そもそも、歯は一気に乳歯から永久歯に生え変わるのではありません。

6歳ごろに第一大臼歯が最初に生えてきて、前歯の乳歯が抜け落ちて永久歯が生えてきます。

骨格が成長しながら順番に永久歯に交換されていくのです。

18歳くらいになると1番奥から親知らずが萌出してこようとしてきます。

しかしその頃には顎の成長はほぼ終わっており、親知らずが並ぶスペースがなければ手前の歯にぶつかってしまったり、歯肉から完全萌出することができず中途半端な状態で止まり、歯肉が炎症を起こす原因になったりもします。

このために親知らずはいろいろと悪影響を及ぼしやすくなるのですね。

次回も親知らずに関する話をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

親知らずについて知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月20日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




みなさん、「親知らず」という言葉をご存知ですか?


親知らず・・・ほかにもいろんな呼ばれ方があり、「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」などとも言われますが、歯科用語では「8番」と呼ばれる一番最後に生えてくる奥歯のことです。

歯の中では親知らずが皆さんを一番悩ませることが多いのではないでしょうか?

今日は親知らずが他の歯や口腔内に及ぼす影響をご理解頂き、口腔内の健康維持に役立ててほしいと思います。


そもそも、親知らずがどういった歯なのかをまずご説明しましょう。

昔の人に比べて、現代人は顎がとても小さくなっています。

エラの張った四角い顔の人はあまりいなくなり、尖った顎のシャープな顔立ちの若い人が増えているような気がします。

食生活が変わり硬い食べ物をあまり食べなくなった今、石臼のような働きをする大臼歯はどんどん退化し、それに伴い歯を支える顎の骨のサイズも小さくなってきているのです。

もちろん親知らずには個人差が有り、状況は人それぞれです。

真っ直ぐ生えていて親知らず同士でしっかりかみ合っている人もいれば、斜めに生えてきてしまい手前の7番目の歯に食い込んでいる人もいます。

歯肉どころか骨の中に真横に完全に埋まっている親知らずもありますし、逆に最初から親知らずそのものが無い人もいるのです。

このように、普通にまっすぐ生えなかったり、奥に生えすぎていて歯磨きがしにくかったりするために、虫歯や歯茎が腫れる原因になりやすく、悪影響を起こすことが多い歯なのです。

明日も親知らずについてお話したいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:34| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

歯ブラシはいつ交換する?

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月18日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、前回は歯ブラシの管理方法についてお話をしました。

今日は歯ブラシを新しいものに交換するときのタイミングについてお話をしたいと思います。



歯ブラシの交換は主に3つのチェックポイントがあります。

■食べカスの詰まり具合
雑菌歯ブラシは、歯ブラシの植毛されている付け根の部分に食べカスが残っています。

しかも使用しているうちにその量が徐々に増えてくる傾向があります。

十分な洗浄を行なってもとれない汚れが溜まってくるようであれば、交換を検討してください。



■毛先の摩耗
最近ではさまざまな加工で先端の形状を加工した歯ブラシが発売されています。

このため毛先の広がりだけでなく、毛先が摩耗した状態では、清掃効果が減少します。



■毛先の広がり
毛先が広がってしまうとブラシ1本1本の間隔が広がってしまったり、きちんと毛先で汚れを落とすことができなくなるため、清掃効果が低下します。

裏技として、歯ブラシを熱湯につけると、広がってしまった歯ブラシが元に戻ることもあります(ナイロン製であるため)。

しかし先端の摩耗はそのままになってしまうため、交換した方が良いです。



歯ブラシは使用している期間が長くなればなるほど、細菌が多く残ってしまいます。

やはり定期交換がベストです。

できれば1ヶ月に1本程度交換してみましょう。

3〜4本まとめ買いしておき、月が変わるごとに新しくしていくと管理しやすくなります。

子ども用の歯ブラシは、小さいうちは歯ブラシを噛みながら磨くことも多いため、大人よりも早めに毛先が開いてしまうこともあります。

このため交換時期は、大人よりも早くなるのが普通です。

電動歯ブラシの場合には、流水で流しながらブラシを振動させて汚れを落とすことができることや、交換ブラシのコストが歯ブラシに比べて高価になるため、3〜4ヶ月程度で交換するのがオススメです。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:51| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

歯ブラシを衛生的に

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月17日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、毎日使用している歯ブラシは、実は目には見えない細菌がいっぱい付着しています。

今日は余分な細菌を口の中に入れないためにも、歯ブラシの管理方法についてお話したいと思います。

そもそも歯ブラシの歴史は古く、ADA(American Dental Association)によると約5000年前の古代文明の頃より使用されていたとのことです。

初めは小枝を噛んで繊維状にし、それをブラシとして食べ物のカスを取り除いていました。

500年ほど前からは、骨や木の柄に豚やイノシシの毛などを取り付けた物が使用されていたようです。

現在発売されている歯ブラシの多くはナイロン毛が使用されていますが、これが発売されたのが1938年、意外に歴史は浅いのです。

食事に使う箸・フォーク・スプーンなどは、洗剤を使ってきれいにしている人が多いでしょう。

しかし、同じように口の中に入れて使う歯ブラシは、現在までそれほど衛生的なスポットを浴びてきませんでした。

実は使用後の歯ブラシには、箸とは比べ物にならないほどの細菌が付着した状態になっています。


残念ながら毎日使用する歯ブラシに完璧な無菌管理はありません。

そのため対応可能な範囲で細菌の繁殖を防ぐことを考えます。

■付着物は完全に落とす
使用したあとの歯ブラシには、歯磨き粉、食べカスやプラークなどが大量に付着しています。

それらを流水下で強めにブラシを指で動かして出来るだけ取り除くようにします。

すすぎは特にしっかり行なうようにしましょう。

■とにかく乾燥
外部からの汚れを防止するためにキャップやケースにしまい込むよりも、使用後の歯ブラシが早く乾燥することを重視するようにします。

可能であれば立てて保管して、さらに他人の歯ブラシと毛先が接触しないようにすることが大切です。

できれば使用する前に歯ブラシが乾燥状態であることを確認します。

乾燥が間に合わないようであれば、2本の歯ブラシを交互に使用するようにするのも良いでしょう。


次回は歯ブラシの交換時期についてお話をしたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:10| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

乳歯の生えかわりについて

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月16日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日も前回に引き続き、乳歯から永久歯への生え替わりに関するお話をしたいと思います。



■歯の大きさとあごの大きさの関係
歯の生え替わりの最初の頃は、永久歯が大きすぎて不安になることもあります。

しかしあごを含めた顔全体の大きさは発育途中のため徐々にバランスがよくなっていきます。

あごの成長とともに永久歯が出てくることが理想です。



■前歯の隙間が気になる
上の前歯が生え替わるとしばらく歯と歯の間が広がった「すきっ歯」になることがあります。

しかし、その他の永久歯が生えてくると、横から押されて自然に閉じることが多いですので過度な心配はいりません。



■反対咬合(受け口)
永久歯の下の前歯が、上の前歯の前に出てくることがあります。

反対咬合も永久歯への生え替わりの際に自然と治ることもあるのですが、その確率は20%ほどと言われています。

ただし、これも早い段階であれば、簡単な矯正で治ることもあります。

歯科医院などで気軽に相談してみましょう。



■矯正のタイミング
最近はあごが小さい人が多く、歯並びが悪くなりがちです。

矯正のタイミングについては必ずしも皆さんが一致するわけではなく、人それぞれで一概には言えません。

完全に永久歯に生え替わる前にはじめた方が効率的に矯正ができるケースも多いので、歯並びに不安を感じるのであれば、歯科医院や矯正専門の歯科医院などで相談してみましょう。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:50| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

乳歯の抜歯について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月15日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日も前回に引き続き、乳歯の抜歯に関するお話をしたいと思います。

■前歯は簡単、奥歯は大変
乳歯の抜歯については、自分で抜歯する方法と病院で抜歯する方法があります。

しかし全部の乳歯を自分で抜くことができるのは、本当に良い条件の時です。

乳歯をよく見てみると、前歯は根の横方向の断面積が小さくて歯ぐきに接する部分が少なくなっています。

このため最後は歯ぐきの一部が切れて自然に取れることもあります。

しかし奥歯になると大きな面積で歯ぐきについているため、自分で無理に取ろうとすると痛みや出血が大きくなります。

このため前歯を自分で抜くことができたとしても、奥歯は歯科医院で抜歯になるケースが一般的です。



■食事で痛い時は抜歯が近い
食事の際グラグラして痛みを訴えるようであれば、しばらくすると自然に取れることがあります。

しかしグラグラするだけで2週間程度経っても抜けないような時は、前歯であっても歯科医院で相談してみるとよいと思います。



■永久歯が違う場所に生えてきた
一般的には、乳歯の真下から永久歯が出てくるため乳歯の根が溶けたようになってグラグラしますが、永久歯が全く違う場所から生えてくると乳歯の根が吸収されずに残ってしまうようになります。

このため歯科医院で麻酔をしてから抜歯する方が懸命です。



■左右で同じように生え替わることが多い
左右の同じ位置にある歯は、生え替わりのタイミングが同じ時期になることが多いため、片側だけ乳歯が残って時間が経過しているような時は、歯科医院でレントゲンでの確認をオススメします。



■乱暴な抜歯は厳禁
今はほとんど見かけませんが、糸を乳歯に巻き付けて、もう一方引っ張るやり方は、指で取れるほどグラグラしていなければ、失敗して痛みと出血がひどくなる恐れがあります。

前歯で成功しても奥歯では失敗する確率が高いため、無理に取ろうとしてはいけません。


明日も乳歯の抜歯に関するお話をしたいと思います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:08| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

乳歯に関するいろんなお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月14日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、ここ最近学校歯科検診が終わって、検診で歯科医院での再検診の案内が届いた子供たちが、
よく治療にやってきます。

それの中には虫歯や歯並び、歯磨き不足による歯肉炎の他に、乳歯の生えかわりの異常などもチェックされる事項に含まれます。

今日はそのような乳歯の生え替わりについて、Q&A方式にてご説明したいと思います。


■いつ頃からいつまで続く?
個人差がありますが、6歳頃からはじまり、15歳ころまでに永久歯に生え替わることが多いようです。


■どの歯からはじまるの?
上か下の前歯から生え替わることが多いようです。

さらに乳歯の後方に6歳臼歯と呼ばれる新しい永久歯の奥歯も生えてきます。


■乳歯が虫歯だと永久歯も虫歯で生えてくる?
永久歯は必ず虫歯のない状態で生えてきます。しかし乳歯に虫歯があれば、口の中に虫歯菌が常に漂っている状況になるため、新しい永久歯の虫歯リスクは高くなると考えられます。


■永久歯が生えてこない!?
生え替わりは個人差があるため、なかなか生え替わりがはじまらず心配であればレントゲンで簡単に確認することができます。



次回も乳歯の生え替わりの基礎知識について説明したいと思います。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:45| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

歯を守る噛み方

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月11日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、これまで何回かに分けて歯の寿命を延ばす噛み方を説明してきましたが、今回が最終回です。

・1回で噛み切らないこと

歯は筋肉と同じように噛めば噛むほど鍛えられるわけではありません。

逆に使えば使うほどダメージを受けやすい傾向があります。

噛む力が歯の許容範囲内であれば、それほど心配することもありませんが、許容を超えた力で繰り返し噛むとダメージが大きく、虫歯や歯周病を悪化させて腫れたりグラグラにになったりすることがあるのです。

そこで固い食べ物などは、1度の強い力で噛み切るようにするのではなく、噛む力は多少加減しながらその分回数を多くするように噛むようにすることをオススメします。

あくまで力の許容範囲内で使用して、余分なダメージを歯に与えないようにしましょう。


いかがでしたでしょうか?

長く自分の歯でかめるようにするために、日ごろから歯に負担をかけない噛み方には気を付けてくださいね。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:15| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

噛み合わせの調節

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月10日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も歯の寿命を延ばす噛み合わせについて説明したいと思います。


・歯ぎしりはときどき噛み合わせをチェックしましょう

歯の寿命に関していうと、歯ぎしりはデメリットのみでメリットはほとんどありません。

だからといって歯ぎしりを止めることもできません。

歯並びは噛み合わせの力によって押されて変化するため、歯がぶつかる角度や強さは変化します。

さらに歯もよくぶつかる部分のみが多く摩耗して、ときどきしかぶつからない部分はあまり摩耗しないため、使っていくうちに歯の形のバランスが崩れてきます。

そうしてあごの動きとマッチしなくなった歯は、噛み合わせの力で揺らされてグラグラするようになるのです。

このため歯の形を顎の動きに合わせて修正(削る)することで、歯にかかる負担を減らして歯の寿命を延ばすことが可能になります。

早期であれば0.1ミリ程度の調整で済みます。

歯のぐらつきが多ければ、1〜2ミリ程度調整が必要になることもあります。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:22| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

前歯で噛むのは避けよう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月9日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も歯の寿命を延ばす噛み合わせについて説明したいと思います。


・前歯で噛まないようにする。

前歯は奥歯と違って、硬いものを噛んだり、負担をかけて噛んだりすると、受けるダメージが大きくなります。

前歯は奥歯のように上と下の歯が同一線上に並んでいないので、強く噛むと上の歯が前方(外側)、下の歯が内側に押されるようになっています。

年齢とともに噛み合わせの力によって歯が移動して、上の歯が出っ歯ぎみになってくるのもこのためです。

歯は奥歯から無くなってしまうことが多いので、入れ歯やインプラントで奥歯を作らないでいると、前歯にかかる負担が増えて、次第に前歯もダメージを受けるようになってきます。

食パンや野菜類などであれば前歯で噛み切っても問題はありませんが、硬い肉などを前歯で噛み切るような行為は、前歯にダメージを蓄積しがち。前歯を奥歯のように使用しないように心がけることで、歯の寿命を少しでも伸ばすことにつながるのです。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:58| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

噛み方で歯の寿命が変わる

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月8日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も昨日に引き続き、歯の寿命を延ばすための噛み方についてお話をしたいと思います。

歯の寿命を延ばすためには、噛み合わせの異常を放置しないということも大事です。

噛み合わせが原因で歯周病などが急速に進行して抜歯につながるような場合でも、多くの場合噛むと違和感がある状態がしばらく続くものです。

その違和感を放置すると状態が安定したような錯覚が起こり、違和感を無視するような状態になることがあります。

これはあくまで違和感に慣れているだけであって、回復したり、改善したりしているわけではありません。

そのため違和感が長期間続くような場合は、その一度噛み合わせが原因で歯にダメージを与えていないかどうか、かかりつけの歯科医院でチェックしてもらいましょう。

小さな違和感のうちに歯の噛み合わせを調整することで、すぐに完治したり、そのまま放置すれば抜歯になるようなケースを防ぐことができますよ。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

噛み方で気をつけること

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日6月7日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、皆さんは日ごろ自分の噛み方について意識されたことはありますか?

噛む力というのは想像以上にとても強いですので、継続的な負担がかかってきていれば、歯を痛めてしまいます。

ひどいときには抜歯しなくてはならないこともあります。

そこで少し噛み方を変えるだけで、歯の寿命もかなり延ばすことができるかもしれません。

今日はそのような噛み方で気を付けるポイントについてお話をします。


1. 左右バランスよく噛む

多くの人には左右の噛み癖というものがあります。

実は無意識のうちに、より奥に噛み合わせることができる側で噛んでしまうことが多いのです。

同じ側の歯ばかり使っていると、そちらの歯がほかのはより早く痛んでしまいます。

また、噛み癖によって噛みやすい歯がダメになると、無意識に反対側に移動したりします。

噛み癖を治すのは簡単そうで意外と難しいため、もし100%片側で噛んでいるのであれば、70%程度にするように心がけ、残り30%を反対の歯で噛んで分散するようなイメージにすると、噛める歯にかかる負担が減少して歯を長持ちさせることにつながります。

次回も歯の寿命を延ばす噛み方についてお話をしますね。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:01| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする