2016年05月31日

インプラントの上部構造を知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月31日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日からインプラントの構造について、様々な面から種類を説明してきましたが、今日はインプラントの上部構造とインプラントとの連結について説明をしたいと思います。

通常、インプラントはフィクスチャーと呼ばれるインプラント本体と、アバットメントと呼ばれる上部に立てる土台の2つの部品に分かれています。

アバットメントの上に被せ物がかぶって歯が完成するようになります。


20080926224454.jpg


そして、アバットメントとインプラントタイトとの連結機構は大きく分けると“エクスターナルコネクション”と“インターナルコネクション”の2種類があります。


hexup.jpg


エクスターナルコネクションはインプラント体に六角の凸部があり、それが回転防止の役割をはたしてアバットメントをネジで連結します。

もう1つのインターナルコネクションは、ボディ部分は深く凹んでおり、アバットメントがその凹みに深く入り込みネジで固定されてます。

これらの2つの連結構造の違いには、上部の被せ物の製作のし易さや、長期使用でのネジの緩みや強度の問題など、それぞれに様々な特徴があります。

先日より、様々なインプラントの構造の特徴についてお話してきましたが、まとめて言わせていただくと、インプラント言ってもは1つではなく、様々な種類や特徴を持っているということです。

それによって、骨の状態や歯茎の状態によって有利なインプラント、不利なインプラントが存在するということです。

しかし、それ以上にそれを選択して実際に手術を行う歯科医師側の技術や判断が重要となることは当たり前のことです。

インプラント手術を受ける際は、できる限りしっかりと説明を聞いて、その特徴を理解して手術に臨むことをお勧めしますよ。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:06| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

インプラントの表面性状について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月30日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日はインプラントの表面の構造についてお話をしたいと思います。

インプラントと骨とがくっついてきちんと機能するためには、インプラントの表面構造による影響がとても大きいです。

これはそれぞれのインプラントシステムが独自に開発しているので、この表面性状の選択はとても重要になります。

当初のインプラントの表面はツルツルの機械研磨面からスタートしました。

げんざいは、オステオインテグレーション(チタンと骨が結合する事)をより確実にスピーディーにするために様々な方法でインプラントの表面に粗造面を付与しています。

高電圧のスパーク陽極酸化により表面に蛸壺様の小孔を作ったり、低電圧の陽極酸化で微小な突起を付与したりと様々です。

現在最も多くのインプラントシステムで採用されているのが、アルミナ粒子をサンドブラスト処理で吹き付けて酸処理を行う表面性状です。

それらを更に改良する構造のものが続々と登場しています。

各インプラントメーカーがその特徴についていろいろと宣伝していますが、現在のインプラントはどれもきちんと骨にくっつきやすくなっていて、メーカーによってそれほど不利ということはありません。


次回もインプラントのお話をしますね。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:01| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

インプラントの材質

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月28日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も昨日に引き続き、インプラントの種類についていくつかの視点からお話をしたいと思います。

今日はインプラントの材質という観点からお話をしましょう。



インプラントはチタンからはじまりました。

アレルギーの可能性が極めて低く、一定の強度があり、生体親和性の高い材料と言えます。

最も多く使われているのが純チタンで、純チタンのなかにも様々な種類があります。

更に強度を高めるためにチタン合金を使用しているインプラントシステムもありますが、生体親和性の部分で純チタンと比較してどうかという意見もあります。

海外ではその強度を高めるために、チタンとジルコニアが混在した材料のインプラントも登場してきていますし、生体親和性を追求した、オールジルコニアのインプラントもあります。

しかし、国内で使用するインプラントはほとんどがチタン製のインプラントと思ってください。


次回もインプラントのお話をしますね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:02| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

様々な種類のインプラントについて

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月27日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、歯科インプラント治療を受ける方は年々増加しています。

インプラント手術を受ける人は多ければ多いほど、様々な症例がありますので、それに適合するインプラントも多くの種類が無いと対応できません。

そこで、今日はインプラント体の様々な種類についてお話をしようと思います。



ちなみに一口にインプラントと言っても様々で、日本国内にはおおよそ80以上のシステムがあると言われています。

海外メーカーを含めたらもっと大変な数になるでしょう。

どれも同じようなものであるかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

それぞれに独自のコンセプトと特徴を持っているのです。

正しい知識を持ってもらうために大まかにいくつかのポイントに絞ってまとめてみたいと思います。


・デザインの種類



骨内に埋め込まれるインプラント自体の形状も様々です。

昔は「ブレード型」と呼ばれる、半円状の板のようなインプラントもありましたが、現在ではこのタイプがつかわれることはまずありません。

ほとんどが「シリンダー型」とよばれる、棒状のインプラントです。


implantvariety4.jpg


その中でも現在は「ルートフォーム型」という歯の根っこの形に似た形状のものが大半ですが、その中にも細かくいろいろ分かれています。

全体がストレートで先端だけが細くなっているものや、徐々に先細りの形になっているものなどがあります。

抜歯して数年経過した平らな骨にインプラントを入れるだけでなく、最近では抜歯して間もない時期にインプラントを入れる機会も増えてきましたので、最初から安定した固定を取りやすいデザインのものが増えています。

その固定を容易にするためのネジ山も、その高さや角度、間隔も異なり、様々な骨質に対応したものがあります。

強固な固定だけを考えるのであれば「テーパー型」という、先細りのタイプがよく使われますが、骨に過剰なストレスをかけすぎないように注意も必要になります。

骨質には個人差がありますので、状況に合わせた選択が重要になります。


明日もインプラントの種類についてお話をします。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:11| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

セレック治療の料金

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月26日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日は先日から説明をしているセレックを使って被せ物や詰め物を作った時の料金について説明をしたいと思います。


インレー(歯の詰め物):1本当たり21,600円(税込)

クラウン(歯の被せ物)
奥歯の場合:1本あたり28,080円(税込)

前歯の場合:1本あたり32,400円(税込)

ラミネートべニア(歯の表側だけに白いプレートを張り付ける方法):1本あたり32,400円(税込)


また、すべての制作物について、1日で仕上げる場合には1dayオプションとして、1本あたり5,400円(税込)をいただきます。

そうではなくても、基本的にお口の中をスキャンした翌日には修復物が仕上がるように準備させていただきます。

料金については、おそらくこのセレックを用いたセラミックの歯を作るシステムを導入している歯科医院では、日本中で最安値のレベルだと思います。

より詳しいことが聞きたい方は、ぜひ一度直接イターナル歯科クリニックにも間でお問い合わせくださいね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:27| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

セレックを使った治療の流れ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月25日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日はオールセラミックの詰め物や被せ物を簡単に作ることができるシステム、「セレック」を最新のものに入れ替えをしたというご報告をさせていただきました。


今日はセレックというものがどういったものか、詳しくご説明をしたいと思います。


まずは、セレックというシステムではどのようなことをするのかご説明しましょう。


最初に通常通り、虫歯を削ったり、金属を取り外したりしていきます。

そして、セラミックの詰め物や被せ物ができるように形を整えていきます。



023.jpg


この時、削り方にも特徴があり、セレックを用いてセラミックを製作するのに合わせた削り方を行うのがコツです。


それが終わると、型を取っていきます。

型を取るとは言っても、削ったところや噛み合わせの位置を口腔内カメラで撮影するだけです。


f.jpg


この作業もあっという間に終わります。


そして、歯の形をコンピューター上でデザインしていきます。


この作業もたいへん簡単にできていて、コンピューターがほぼ自動的に最適な歯の形を作り出してくれます。


image20catalog.jpg

それが終わると、いよいよ削り出しです。

セラミックのブロックから機械が自動的にデザインされた歯の形を削りだしていきます。


b48.jpg


これも削り出しにかかる時間は7〜15分程度です。


それが終わると、出来上がったものを研磨、調整をして、実際にお口の中にセメントで装着していきます。


032.jpg



最後にお口の中で微調節を行い、作業完了です。


049.jpg


ここまでの全工程で、早ければ1時間半ほどですべての作業が完了します。


セラミックを使って被せ物を作っていくのに、この短時間でこんなに簡単に済むというのは、歯科医師の私から考えると信じられないくらい画期的な技術です。



明日はイターナル歯科クリニックでのセレックの料金システムについてお話をします。









イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

最新のセレックシステム

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月24日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日から審美歯科とはどういったものかについてのお話をしていますが、今日はイターナル歯科クリニックで導入している「セレック」というシステムを用いた審美歯科治療のお話をしたいと思います。

セレックとはオールセラミックの修復物を簡単に短時間で作り上げるシステムです。

修復したい歯を口腔内カメラでスキャンをし、パソコン内に取り込まれたデータを基に、パソコン上で修復物の形をデザインし、あとはセラミックのブロックから専用の削り出し機によって、自動的にオールセラミックの修復物が削り出されます。

その時間は、デザインから削り出しまで、最短で30分ほどもあれば終わります。

したがって、実際に虫歯を削ってからお口の中に修復物をくっつけて仕上げるまで、最短ならば1時間半程度で終わることも可能です。


イターナル歯科クリニックでは、より優れた最新のテクノロジーを取り入れるために、今稼働しているセレックシステムの中でも、最新型のセレックを導入しています。


最新のセレックで、以前のものと大きく違う点は、口腔内をスキャンするカメラが変わっています。


以前のカメラよりヘッドが小さくなり、より奥歯のほうもスキャンしやすくなっています。

また、最大の特徴は、以前のカメラでは青い光でスキャンを行い、カメラで何枚か写真を撮っていくような撮影で、白黒のような画像でコンピューター上に再現されていたのに対して、最新機種では、白っぽい光でビデオ撮影のように口腔内をスムーズにスキャンができ、フルカラーでコンピューター上に再現されます。

そして、以前の機種では口腔内をスキャンするのにお口の中に専用のスプレーで粉を振りかけないといけなかったのですが、最新機種ではこのスプレーを振らなくてもそのままお口の中がスキャンできるようになりました。

より簡単に、スピーディーなお口の情報の読み取りができるようになったのですね。



次回もこの最新型のセレックについてもう少しお話をしますね。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:07| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

審美歯科の治療メニュー 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月23日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、前回は審美歯科治療の種類して、ホワイトニングやオールセラミックを用いた治療をご紹介しました。

今日はまたほかの審美治療についてご紹介します。



・ハイブリッドインレー治療

奥歯の虫歯治療などを行った跡に、部分的な強化プラスチックの白い詰め物を詰める治療です。

大きな口を開けた場合を気にして、金属ではなく白い詰め物をご希望される方に適しています。

セラミックを用いた詰め物もありますが、セラミックは強度は堅いものの、曲げの力に弱くて割れやすいという特徴があるため、詰め物の場合はハイブリッドと呼ばれる強化プラスチックのほうが適していると私は思います。

また、最近のハイブリッドインレーは、内側にグラスファイバーの繊維を埋め込んであって、さらに耐久性を上げて作られているので、奥歯にも十分に使えます。

特に噛み合わせを大きく左右する治療なので、きちんと行うことで理想的な噛み合わせに仕上げることができます。

金属アレルギーの方も、安心して受けることが出来る治療です。



・インプラント治療


歯が根元から失われてしまった場合に、人工の歯根(インプラント)を埋入し、 あごの骨と一体化させ、人工歯根の上部に人工歯を被せる治療です。

骨としっかり一体化させますので、入れ歯のようにぐらつきがなく、ご自身の歯と同じ感覚で食事などをすることが出来ます。

ブリッジ治療(抜けた歯の両隣の歯を削って、そこに橋のように義歯を被せて固定する方法)を行うケースもありますが、長期的に見ると、ブリッジ治療では 両隣の歯に大きな負担が掛かり、将来的に両隣の歯が痛んでしまいますのでインプラント治療をおすすめすることが多く見受けられます。

インプラント治療は、高度な外科治療を伴う治療法ですので、ベテランのドクターの元、きちんとした衛生環境の中で行われることが大変重要です。

また治療前に、立体的にあごの形や神経の位置などを把握するために、CTによるスキャンも必須です。



審美歯科治療においては、使用材料や治療方法以上に、担当ドクターのセンスや審美的な感覚が、仕上がりを大きく左右します。

またドクターとの相性や、信頼関係も大変重要です。

美しい仕上がりを目標とした治療ですので、治療のプロセスの中で、お互いのイメージや感覚のキャッチボールを、十分に行うことを心がけましょう。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

審美歯科の治療メニュー

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月21日(土)の予約の空き状況ですが、AM9:00〜PM7:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、前回は審美歯科とは普通の歯科とはどのように違うのかについてご説明をしました。

今日は審美歯科に分類される治療について紹介をしたいと思います。




・ホワイトニング治療

ホワイトニング治療とは、歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなどして、歯の漂白を行う治療です。

審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあり、両方を併用して行うことで、ホワイトニング後に起こる色戻り (一旦白くなった後に、元の色に戻ろうとする働き)を防ぎながら、 白さをステップアップしていくことが出来ます。

以前のオフィスホワイトニングでは、ジェルを塗ってレーザーを当てて…というものが一般的でしたが、最新のホワイトニングは特殊なジェルのみで行うことが出来るので歯に痛みが出にくく、身体にも優しい治療法になっています。

ホワイトニング治療は歯を削ることなく白く出来る治療法なので、広く行われています。




・オールセラミッククラウン治療

歯の周囲をぐるりと削り、セラミックで作られたクラウン(被せ物)をセットする治療です。

歯の色を明るくするだけでなく、歯並びや歯の形も整えることが出来ます。

オールセラミッククラウンは、保険適用の被せ物 (前装鋳造冠:ぜんそうちゅうぞうかん)のように 長期的に使用した場合に、変色や歯ぐきの黒ずみを引き起こすことがなく、とても自然な色味と、明るい白さを持っています。

また透明感も、オールセラミッククラウンによるものが、一番自然に表現されます。

歯をあまり削りたくないとご希望の方には、ラミネートベニア治療という 治療もあります。

この方法では歯の表面だけを薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付けます。

大がかりな歯並びの調整は難しいですが、前歯の隙間を埋めたり、 テトラサイクリン歯(幼少の頃の抗生物質の接種等で歯に縞模様が出ている状態)でお悩みの方には効果的な治療方法です。

どちらの治療でも、歯の先端にかけて色味のグラデーションをかけていくことや、 歯ぐきの内側コンマ数ミリにセットすること、お顔全体のバランスを見ながら形や角度を決めていくことなど、 ドクターと歯科技工士の高い技術が要求される治療です。

次回も審美治療の種類についてご説明をします。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:48| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

審美歯科について知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月20日(金)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、審美歯科という言葉はたまに聞くことがあると思いますが、審美歯科とは普通の歯科とどのように違うのか、疑問に思ったことはありませんか?

今日は審美歯科が普通の歯科とどのように違うのかについて説明をしたいと思います。



そもそも、大学で歯科を習うにあたって、審美歯科という分類はありません。

したがって、特に審美歯科というライセンスや資格が必要だったりするわけではなく、歯科医師ならだれでもできる、逆に言えば審美歯科というものは世間で一般に言われているだけの項目なのです。

では、どういったものを審美歯科というのかというと、審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、キレイな口元に仕上がることを目標として行われる歯科治療です。

通常の虫歯治療の場合だと、保険の適用される材料と治療方法で機能的な回復を目指すので、仕上がりとしては金属が見えたり、長期的な時間の経過に伴い変色してしまったりと、審美(見た目の美しさ)的には考慮されません。

一方、審美歯科では、保険適用の素材や治療法以外にも自費治療も含めて、より外見の自然な美しさを治療の目的として手技や材料を選んでいきます。

次回は審美歯科に分類される治療法について、お話をしたいと思います。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:03| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

酸蝕症とは?

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月19日(木)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日からお口の中の酸性値によって虫歯が進行するということをお話してきました。

ところで、果物などの酸性食品や、ジュース類などもほとんどが酸性だということはご存知でしょうか?

このような酸性食品は、歯に繰り返し長時間触れていると、プラークがなくても脱灰を起こし、歯の表面を溶かしてしまうことがあります。

これが「酸蝕症」です。

プラークが付着していれば虫歯の進行がさらに早まります。

この場合でも溶けた歯の表面を修復してくれるのは唾液です。

口内を「中性」に戻して歯を修復してくれるのは唾液ということなのです。


これまでお話をしたことをまとめて、口の中をpHで考えていくと、虫歯予防のために必要なものがシンプルに見えてきます。


・歯磨きをする=酸を産生する元を取り除く
・フッ素を歯に塗る=酸に溶けにくい硬い歯をつくる
・睡眠中は虫歯ができやすい=唾液の分泌が減るため修復がない
・寝る前の飲食はリスク=プラークが朝まで歯を溶かす可能性が高くなる
・食べたあとにすぐ歯を磨かない=柔らかくなっている歯を傷付ける
・ダラダラ食べない=溶けた歯の修復時間が足りなくなる


水、お茶、ブラックコーヒーやアルカリ水などは、虫歯菌にエネルギーを与える糖を含まないで、歯の表面を酸性にすることがありません。

そのため歯には安心です。

また数は少ないですが、市販されているスナック菓子の中にも食べてもプラーク内のpHが5.5を超えない食べ物といったものもあります。

pHコントロールによる虫歯予防は、「酸で溶ける量を最小限にして、修復効果を最大限にする環境を作る」ことです。

お口のpHを考えて、虫歯になりにくい口腔環境を整えていきましょう。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:24| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

歯の再石灰化

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月18日(水)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、前回はお口の中で虫歯が進むシステムについて、PHが関係しているというお話をしました。

しかしお口の中で歯が一時的に溶かされても、歯のほうもそれに対する自己修復システムが備わっているのです。

今日はそのような歯の自己修復機能についてのお話をします。



糖の吸収が終わっても、しばらくは酸性状態が続き歯が溶かされ続けます。

しかししばらくすると唾液の成分が中性に戻そうとします。

このとき柔らかくなった歯の表面も再び硬くなっていきます。

この歯の修復を「再石灰化」と呼びます。

唾液の修復が終わるのは食後約1〜3時間程度必要になるようです。

通常は食べたり飲んだりするたびにこの現象が繰り返されます。

毎回完全に再石灰化までの行なわれれば、虫歯になることもなく回復します。

しかし溶けた部分の補修が完了する前に次の脱灰が行なわれると、次第に虫歯の穴が開いてしまうのです。

このため間食を含む食事の間隔をしっかり空けることが大切なのです。

だらだらと食べてばかりいると、なかなか歯の自己修復が行われずに、虫歯が進んでしまうわけなのです。


次回は歯を溶かす作用のある食べ物についてお話をしますね。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

歯の表面が溶けるお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月17日(火)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、虫歯予防はプラークコントロールというのは定番です。

でも本当に注意して欲しいのは実は口の中の「pHコントロール」なのです。

どうすればより効果の高い虫歯予防ができるのか? 簡単にできるpHコントロールのコツを抑えて、効果的な虫歯予防に活かすようにしましょう。


口の中は唾液のpHコントロールが働いているため、普段はほぼ中性です。

そして歯の表面のエナメル質は約pH5.5より酸性になると溶けはじめます。

この状態が続くことで歯に穴を開いてしまうのが虫歯の仕組です。

順序としてはまず虫歯の元になるプラーク(虫歯菌の塊)が歯の表面に付着します。

しかしプラークがあってもすぐに虫歯になるわけではありません。

唾液が十分に潤っている環境であれば、唾液の働きにより歯が溶けない程度の酸性に抑え込まれています。

虫歯菌が押さえ込まれている状況を突破して、歯を溶かすようになるのは、糖などのエネルギー源を吸収したときです。

活動が活発になり、プラーク本体の酸性が強くなります。

すると付着している歯の表面(エナメル質)が酸によって溶けはじめます。

これが「脱灰」(だっかい)と呼ばれる現象です。


次回はこれに対して、歯の修復が行われる「再石灰化」についてお話します。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

歯にヒビが入るとどう治療するのか?

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月16日(月)の予約の空き状況ですが、AM10:00〜PM8:00の間に若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて今日は前回に続き、歯にヒビが入った時の治療法についてお話をします。


残念ながら、歯のヒビを完治させる治療法はほとんどありません。

エナメル質内のヒビは、浅いもしくは無症状なら経過観察、とくにさわることはありません。

歯の一部が欠けてしまった場合には、虫歯の治療と同じ様に治療します。

具体的には小さい欠けであれば、プラスチックで埋める、大きく欠けたなら、被せものを作るといった具合です。


象牙質のヒビは、歯が完全に真っ二つに割れてしまえば、即抜歯となります。

水がひどくしみるようであれば、神経を抜くなどの治療が必要です。

目で見てもほとんど確認できないほどのヒビでも、細菌にとってはただの通路でしかありません。

そのため象牙質にできた歯ぐきの奥につながるヒビを、なかなか発見できず苦労することもあります。

だんだんと症状が悪化したため、抜歯して初めてヒビが確認できるときもあるのです。

一般的には神経がある歯と無い歯では、ヒビの入りやすさに違いがあります。

臨床経験的には、「歯の神経がある歯:歯の神経がない歯=1:9」程度で、圧倒的に神経の無い歯がトラブルを起こしやすいようです。

ヒビ程度であれば接着剤でくっつければ?と考えますが、接着時にヒビ内部を無菌状態にしにくい、接着のための乾燥状態を保てない、もし張り付けても、噛み合わせの力で接着部分や別の場所にヒビが再発してしまう可能性が高いなどの理由で、うまくいかないことが多いようです。

虫歯や歯周病が無くても痛んだり腫れたりする時は、歯に僅なヒビが入っている可能性もあります。

一度病院で確認してもらうようにしましょう。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

歯のヒビについてのお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月14日(土)の予約の空き状況ですが、本日はかなり予約が混みあっています。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、何度も差し歯が外れる、治療したのに歯ぐきが腫れを繰り返すなどの経験はありませんか?

このような症状には歯にヒビが入っている可能性があります。

今日はそのようなヒビについてお話をしたいと思います。


体の中で最も固い組織という歯のエナメル質ですが、実は固い反面、脆いといった特徴もあります。

このため噛む際の衝撃が蓄積され、年齢を重ねるごとに、自然に歯の表面の細かいヒビが増えています。

歯の表面以外にも、ヒビが入りやすい場所として、根の象牙質があります。

エナメル質に比べると若干柔らかさがありますが、それでもヒビが入ります。

エナメル質のヒビは、目で確認する出来る大き目なヒビでも、大きな問題にならないことが多いのに対して、象牙質のヒビは、ほんの僅かなヒビでも歯の神経にダメージを与えたり、最悪の場合、抜歯になることもあります。


ヒビが入った時の主な症状


■エナメル質のヒビ
ホワイトニングをする際に、歯がしみるといった症状になることがありますが、多少のヒビは、普段は無症状のままといったケースが多いようです。

比較的深いヒビで最も多い症状は、冷たいものがしみる知覚過敏です。

ヒビの隙間から水などが象牙質に触れるため知覚過敏を起こします。

早期であれば原因になりそうな、噛み合わせの際の衝撃を調整するため、エナメル質を僅かに削ると知覚過敏が収まることもあります。

50歳以上では噛み合わせの衝撃が蓄積されて、大きめのエナメル質のヒビが見つかりやすくなります。

噛み合わせ面のエナメル質が、突然破折することもあります。

しかしこの場合、ヒビがエナメル質内で終わっていれば、歯の神経などはダメージを受けることはありません。

■象牙質のヒビ
象牙質にヒビ割れが起こると、ヒビを伝わって奥に細菌が侵入しやすくなります。

歯の上部の象牙質にヒビが入れば、内部の神経に炎症を起こし「歯痛」が起こり、根にヒビが入れば、歯ぐきの奥に細菌が侵入するため「歯ぐきの腫れ」が起こります。

さらに神経を抜いてある歯に起こるヒビでよく見られるのが、被せものや差し歯が何度付け直してもよく外れる、歯周病や根の病気が治療をしてもなかなか治らない、などの症状です。


次回はヒビが入った時の治療法について説明したいと思います。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

麻酔の選択で大切なこと

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月13日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日より様々な麻酔や歯科治療の恐怖を和らげる方法についてお話をしてきました。

今日はそのまとめとしてのお話をしたいと思います。


局所麻酔も精神鎮静法も大切なのは治療に適切な麻酔法を歯科医師に選択してもらうことです。

そのためにも、あなた自身がどれほど痛みを感じているのか、歯医者に対しての抵抗感がどの程度なのかといった自身の状況をしっかりと担当医に説明し、相談するようにしましょう。

そのうえで、最適と思われる方法をとってもらいましょう。


体の内部の病気と違って日本では歯の治療自体が後回しにされがちです。

幼いころのトラウマや今自分の置かれている環境で歯医者へ通うのを躊躇っている方、是非とも麻酔を有効活用してもらい歯科治療をして健康な口腔環境を取り戻しましょう!




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:11| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

歯科治療の恐怖を和らげる方法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月12日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、前回は痛みを軽減するための麻酔について説明しました。

今日は痛みだけでなく、歯医者で治療を受けるということが精神的に不安になってしまう方への対処法についてお話したいと思います。

痛みも苦手だけど、これまでの経験が積み重なり歯医者に対する恐怖感が拭えない!という歯科恐怖症の方や、口の中に異物が入ると吐き気を催してしまう…という嘔吐反射の方におすすめなのが「精神鎮静法」です。

精神鎮静法には「笑気麻酔」と「静脈内鎮静法」があります。

歯医者に対する拒否感とストレス、そして過度な緊張を解きほぐすのにぴったりの麻酔法です。

笑気麻酔は笑気ガスと医療用酸素を用いた吸入鎮静法という麻酔です。

空気中の3倍以上もの酸素を含んだ麻酔ガスを鼻から吸入し、全身の緊張をとります。

意識を失ったり眠ってしまうほどではありませんので治療中の声掛けには反応できますし、ふんわりとした微睡状態でリラックスして治療を受けることが出来ます。

笑気麻酔には鎮静作用だけでなく鎮痛作用もある為、リラックスに加え痛みを感じにくいといった利点があります。

表面麻酔と併せることで痛みのない局所麻酔を実現することが出来ます。

また、使用する笑気ガス自体も体への悪影響が無いためお子様にも使用することが出来ます。

治療後麻酔の吸入をストップすると呼気によって速やかに体外へ排出される為、覚醒も早く治療後の食事や車などの運転にも制限はありません。


一方、静脈内鎮静法は痛みを和らげたりリラックス効果のある薬を点滴により直接血管に投与して行います。

全身麻酔のように意識を失ったりすることはありませんが、夢うつつの状態で治療を受けることになります。

直接薬を投与する分笑気麻酔よりも効果が高く、嘔吐反射が強く今まで歯科治療を全く受けることが出来なかった方や歯科インプラント手術などの外科処置を必要とする方に非常に効果的な鎮静法です。

笑気麻酔同様意識が有るので医師からの呼びかけに応じることが出来、患者さんの様子を見ながら処置を進めることが出来ますし、ウトウトとした状態ですので治療そのものを短く感じることもあります。

血管に薬を投与するため薬剤が代謝により体外へ排出されるのに時間が掛かりますので、しっかりと覚醒するまで(出来れば当日中は)安静にして頂き、帰宅時含め自転車や車の運転はおこなわないようにしていただく必要があります。

静脈内鎮静法は麻酔科医の管理のもとで行われるのがベストです。

事前に確認した既往症、服薬情報、身長体重をもとに薬の量を決め、当日麻酔前の全身状態確認は必須ですし、術前4〜5時間は絶食となります。


歯科治療が怖すぎてなかなか治療ができないような方は、今回紹介したような方法を歯医者さんに相談してみることをお勧めしますよ。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:09| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

歯科で用いられる麻酔

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月11日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、歯医者が大好き!という人よりは、歯医者に対して少なからず抵抗のある人の方が多いことでしょう。

それは私たち歯科医師も十分に承知しています。

とあるデータによると、歯医者が好きな人はわずか7%。それに対して嫌いと回答した人は60%を超えるそうです。

ではなぜ歯医者が苦手な人が多いのでしょうか?

嫌いな理由の多くを占めるのは、「治療がとにかく痛い」「キーンという治療の音が嫌い」「歯医者のにおいが独特で苦手」でしょう。

多くの方に心当たりがあるかと思います。

その中でも今回は「治療がとにかく痛い」という理由を無くすために、私たちが患者さんに対して出来ることをご紹介させて頂きます。


多くの方が感じている歯科治療の際の痛み、親知らずなどの抜歯、歯科インプラントの手術といった明らかな外科処置をおこなう場合だけでなく、進行してしまった虫歯の治療や、長い間放置してしまい、歯肉の中までこびりついてしまった歯石除去……といった一般治療の際にも痛みを感じることがあります。

ただ、このような痛みを感じる可能性がある治療をする際、みなさんのストレスを軽減させる方法があります。それが麻酔です。



麻酔と一言で言ってもさまざまな種類があります。

みなさんに馴染みの深いのは、治療箇所に直接麻酔をする「局所麻酔」でしょう。

局所麻酔には「表面麻酔」「浸潤麻酔」「伝達麻酔」の3種類があり、注射針で麻酔をするのは浸潤麻酔と伝達麻酔です。

しかし、いくら治療の痛みを抑えるための麻酔といっても、注射針を刺す段階で痛みを感じることもありますので、その痛みを軽減するために準備するのが、表面麻酔です。

表面麻酔は注射針を刺す歯肉表面にジェル状の麻酔薬を塗布する麻酔法です。

塗布後数分で麻酔が効いてきます。

医院によっては表面麻酔を行わないところもありますので、麻酔前にひと声希望を伝えるのも良いかと思います。



浸潤麻酔は先に述べたように、注射針を使用しての麻酔です。

浸潤麻酔で大切なのは、麻酔薬と注射針の選択です。

麻酔薬は患者さんの持病や既往症、妊娠の有無といった身体の状況や、麻酔のしびれが長時間続くのが嫌(小児の場合はしびれが長時間にわたることで唇や粘膜を咬んだりして傷ついてしまう可能性もある)などの条件に適しているものを選ばなければなりません。

そして注射針は、注射をする箇所により太さと長さを適切に選択する必要があります。

人間には痛みを感じる「痛点」というものが多数存在しており、同じ口腔内でも前歯と奥歯の付近では痛点の数が異なります。

だからといって一概に細い注射針を選択すればよいというわけではなく、麻酔の効きにくい箇所には少々太めの針を選ぶなど、部位と状況によって選択することが大切なのです。



伝達麻酔は、痛みや治療の箇所が広範囲に広がる可能性が高い場合に行います。

局所の神経ではなく大元の神経自体に麻酔しますので長時間効きますし範囲も広くなります。

「下顎孔伝達麻酔」は下顎の親知らずの抜歯の際によく用いられます。

下顎骨は非常に硬く厚みがあり、浸潤麻酔では効果が薄い場合があります。

下顎孔伝達麻酔は下顎の神経の根元から麻酔をしますので、浸潤麻酔だけでは効きにくい時に併用すると、非常に効率的に痛みを抑えることができます。


次回はそれ以外の麻酔や痛みを軽減する方法についてお話をします。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

シュノーケリング

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月10日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日はゴールデンウィーク中に沖縄に旅行に行ってきたという報告をさせていただきました。

今日はその時にシュノーケリングをやってきたので、その報告をしたいと思います。


昨日お話した通り、まだ海は冷たくて普通に泳ぐには厳しいのですが、シュノーケリングはウエットスーツを着て海に入りますので、冷たさはほとんど感じません。

今回はインストラクターの人もここ最近では見たことがないくらい海が澄んでいてきれいだ、といううくらい海の透明感が高く、シュノーケリングをするには最適な日でしたよ。

海の中の遠くまでよく見える状態でした。


シュノーケリングではそんなに深いところまでは行きませんが、たくさんのきれいな魚たちが泳いでいるのを見ることができましたよ。


IMGP1235.jpg


IMGP1236.jpg


私と一緒に私の娘も二人連れて行ったのですが、二人とも海のきれいさにとても感動して、大興奮でした。

終わった後もまた行きたいと目を輝かせて言っていましたよ。


私もまた機会があればきれいな海を満喫したいです。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:16| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

沖縄旅行

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日5月9日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、私は今回のゴールデンウィーク中に家族で沖縄に旅行に行ってきました。

今日はその時の報告をしたいと思います。


今回のゴールデンウィーク中は天気も安定して、雨も降ったりせずに晴れた日が続きました。

おかげで、旅行中も気候的にとてもすごしやすくて、快適な感じでしたよ。

今回の旅行はいろいろ観光して回るというよりも、ホテルの敷地内でプールに入ったり、海で貝殻などを拾って遊んだりと、ゆっくりくつろいだ旅行でした。

海はまで泳ぐには寒すぎましたが、浜辺で遊ぶくらいなら十分気持ちよかったですよ。


DSC08952.jpg


海はこんなにきれいでしたよ。

とてものんびりしていて、普段は味わうことができない贅沢な時間を過ごすことができました。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:44| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。