2016年04月28日

ゴールデンウィークのお知らせ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月28日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、早い人では明日からゴールデンウィークが始よね。

皆さんはいろいろと連休の予定を立てていますか?

イターナル歯科クリニックもゴールデンウィーク中は休診になりますので、今日はゴールデンウィーク中の休診の日程について告知をしたいと思います。


まず、明日4月29日(火)はカレンダーどおり休診となります。

そして4月30日(土)は通常通り診療を行います。


それから、5月1日(日)から5月5日(木)までは連休を頂いています。

5月2日(月)も休診となっていますので、ご了承ください。


ゴールデンウィーク中はほとんどの歯科医院が休診になってしまうと思いますので、お口の状態に不安のある方は、ぜひ今のうちに歯医者さんに相談することをお勧めしますよ。

お口のことなど気にすることなく、楽しいゴールデンウィークを過ごせるために、トラブルになりそうなところは早めに解決しておきましょう。

皆さんも楽しいゴールデンウィークを過ごしてくださいね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:32| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

ペッパー君のアップデート

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月27日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、イターナル歯科クリニックの待合室にはペッパー君がいます。


DSC06537.jpg


ペッパー君はたいへんおしゃべりで、視界に人が入ってくると、「ねえねえ、ちょっとお話しませんか?」などと話しかけてきてくれます。

昔はその会話内容はかなり限られていて、何か話していても結局同じような話に強引に持っていかれていたのですが、こういった不自然さも日々改善されているのです。

ペッパー君はWi-Fi経由で夜中に自動的にソフトウェアがアップデートされるようになっていて、ちょっとずつ不具合が改善されたり、機能が増えたりしているようです。

実際、明らかに会話の内容やネタが明らかに増えていて、会話もスムーズに行われるようになってきました。

CMで見るほど人と心を通わせるような会話はさすがに演出のようで、あそこまでは無理ですが、ちょっとしたジョークも交えて楽しいお話をしてくれますよ。

イターナル歯科に来院された際には、ぜひペッパー君と遊んでみてくださいね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:12| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

ゴールデンウィークの休診のお知らせ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月26日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、もうすぐゴールデンウィークが始まりますね。

皆さんはいろいろと連休の予定を立てていますか?

イターナル歯科クリニックもゴールデンウィーク中は休診になりますので、今日はゴールデンウィーク中の休診の日程について告知をしたいと思います。


今週はカレンダーどおり、4月29日(金)のみ休診となります。

4月30日(土)は通常通り診療を行います。


そして、5月1日(日)から5月5日(木)までは連休を頂いています。

5月2日(月)も休診となっていますので、ご了承ください。


ゴールデンウィーク中はほとんどの歯科医院が休診になってしまうと思いますので、お口の状態に不安のある方は、ぜひ今のうちに歯医者さんに相談することをお勧めしますよ。

お口のことなど気にすることなく、楽しいゴールデンウィークを過ごせるために、トラブルになりそうなところは早めに解決しておきましょう。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:13| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

噛み合わせの負担で歯周病がすすみます

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月25日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、先日まで何度か歯磨きを頑張っていても歯周病が進んでしまうケースについてお話をしてきました。

今日も歯磨きだけでは食い止めることができない、歯周病が進行するケースについてお話をしたいと思います。

歯磨きはよく磨けている人もあまり磨けていない人も、一本だけわざと磨き残すことはできないはずですが、実際にはある特定の歯だけ歯周病が進行していくことが多く見られます。

これは、咬み合わせの負担の多い歯の歯周病が進行しているのです。

乳歯から永久歯に生え変わるときに、綺麗に歯並びが整わないと同じように噛み合わせの力が完璧に分散するようなバランスになりません。

しかも年齢とともにあごの関節の可動範囲が変化して、歯ぎしりなどの動きをするとだんだん歯に負担がかかるようになってきます。

そのため、かみ合わせの調節をしてバランスよく噛めるように歯を削ることが、歯周病の進行抑制となることもあるのです。

特に歯ぎしりは、歯周病や虫歯を悪化させるリスクとして考えられます。


歯磨きをしっかり行っているつもりなのに歯周病が進行したり、歯ぐきから出血や腫れを繰り返している場合には、初期の歯周病よりももっと進行している可能性があります。

確かにしばらく放置しておけば炎症が治ることも多いのですが、その後の歯の寿命に大きく影響するため、早めの治療をオススメします。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

歯磨きの仕方を見直そう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月23日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は歯磨きをしているのに歯周病が進んでしまう人がいるという話をしました。

今日もその原因の一つについてお話をしたいと思います。

歯周病の進行の原因の一つに、ずばり、磨いているつもりで磨けていないということです。

これは実際の診療の現場でもよくみかけます。

特に歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が歯と歯の隙間に入ることができずにプラークがそのまま残るため、歯周病の炎症になってしまうことがあります。

そこで歯をしっかり磨けているかを自分で確認するには、歯垢を染め出す薬剤を利用するという方法があります。

しかしもっと簡単な方法があります。

まず歯磨き後の口をゆすいだ後に鏡で歯を確認します。

歯と歯ぐきの境目付近に白いプラークが付着しているようであれば、かなり磨き残しがあると思ってください。

次にその磨き残したプラークを鏡で見ながらブラッシングで落とします。

鏡で見ているのにもかかわらず、なかなかプラークが落ちないはずです。

そればかりかそのまま続けていると歯ぐきから出血してきます。

これは磨き残しのプラークの周囲の歯ぐきは炎症を起こしていることが多いため、ブラッシングで簡単に出血することが多いのです。

しかしこうすることで、プラークの汚れを落とすために必要な力が確認することができます。

多少の血が出ても、歯茎が痛いほどでなければ気にせずに歯磨きをしてもらって構いません。

歯磨きに自信がない人は、定期検診を行っていれば、その都度歯磨きに関してもアドバイスを行ってもらえるので、オススメです。


次回もはみがきを気を付けていても歯周病が進んでしまう原因の一つについて説明したいと思います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:26| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

歯ブラシで歯周病が治らない人へ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月22日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、虫歯や歯槽膿漏を防ぐためには歯磨きが大事だということは、いまさら言われなくてもみなさんよくご存じだと思います。

ですが、歯磨きは毎日頑張っているのに歯周病が進んでしまう・・・などと悩んでいる方も大勢いらっしゃるのも事実です。

今日はなぜ歯磨きで改善しない歯周病もあるのかについてお話ししたいと思います。



歯磨きで歯周病が改善しない原因はいくつか考えられるのですが、一つには縁下歯石と呼ばれるものの存在です。

歯石とはプラーク(歯垢)が石灰化して固まったものです。

理論的には石灰化してしまうため、細菌の活動が停止するのですが、歯石の表面は常に石灰化しきれていないプラークが付着しています。

そのため歯石は一度形成されるといつまでも歯周病菌の毒素が放出が続きます。

縁下歯石は歯の周囲の歯ぐきの深い部分に隠れているため、歯ブラシでは除去することができません。

しかも周囲が常に歯ぐきに触れているため、歯ぐきの炎症が重症化しやすくなります。

さらに目で確認することができないので、発見が遅れやすいのです。

縁下歯石は、歯ブラシが届かないために、歯科医院で機械的に取り除くしかありません。

しかし一度綺麗に取り除けば、その後は歯磨きをしっかり行うことで、歯石の再付着を予防することができるようになります。

縁下歯石は、中期から末期の歯周病で見られることが多いため、できるだけ早めに除去するようにしましょう。

次回も歯磨きで改善しない歯周病について説明をしたいと思います。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:11| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

災害時の肺炎の危険性

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月21日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、今日も先日から引き続き、緊急時の口腔ケアに関する話をしたいと思います。

「大規模災害時の口腔ケアに関する報告集」(平成21年12月健康安全・危機管理対策総合研究推進事業)を見ますと、阪神・淡路大震災では、震災関連死922人の81.3%が65 歳以上の高齢者であり、死因の最多は肺炎だったそうです。

その発症に関しては、インフルエンザの流行、避難所の劣悪な食住環境、脱水、ストレスによる免疫低下などいくつかの要因がありますが、震災時の高齢者の肺炎は6〜8割程度が誤嚥性肺炎ではないかと推察されています。

つまり、劣悪な環境下で口腔ケアが十分にできず、口腔内の悪性細菌が肺に回りやすい環境にあると肺炎の起こる可能性も高くなってしまうのです。

また誤嚥性肺炎は脳血管障害の患者に多く見られますが、阪神・淡路大震災時には常備薬を持ち出せない、また病院が機能しない状況で、薬が確保できない、食事や運動療法が継続できないという状況から症状悪化が問題となったこと、肺炎と脳血管障害が震災の影響によって増加した考えられています。

今回の地震ではエコノミー症候群による危険性が特に報道されていますが、地震や津波から生き延びた命にもかかわらず、その後の生活でなくなられることになるのは、あまりにも無念なことです。

緊急時にも健康な状態を維持できるように、口腔ケアにも気を配りましょう。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

緊急時の口腔ケアの仕方

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月20日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は避難グッズに口腔ケアセットを入れておこうという話をしました。


要介護高齢者の肺炎対策として、「口腔ケア」を行なうことで誤嚥予防に役立つという実績もあり、指定避難所などの公共施設に口腔ケア用品を備蓄することも提言されています。

行政での取り組みも大切ですが、私たち一人ひとり準備や心がけも必要です。

防災バッグなどに、歯磨きセットやを入れておき、避難時にもケアできるのが理想ですが、残念ながら緊急時には状況が緊迫過ぎて持ち出せないこともあります。

そんな時のために覚えておきたい口内環境のケア方法をご紹介しましょう。



■少量の水かお茶を2回に分けて口をすすぐ
歯磨きはできなくても、水やお茶など、少量でもよいので、唇を閉じてぶくぶくと洗口しましょう。

口一杯に水を含んで1回洗うよりも、少量でも2回に分けて洗う方が効果的です。



■ガーゼやティッシュで口内を拭く
歯ブラシセットや水がない場合は、できるだけ清潔なガーゼやティッシュペーパーなどで、歯や義歯、歯茎などもふき、食べ滓を残さないようにしましょう。



■食物繊維の多いリンゴなどを後に食べる
もし食事にパンやごはんなどとリンゴが出た場合は、パンやごはんなどを先に食べて、リンゴは最後に。リンゴの食物繊維が食べ滓を落としてくれます。



■キシリトールガムなどを常備しておく
水がない状況では、キシリトール配合のシュガーレスガムを噛むのが有効です。

水分が少なく保存も効くので、防災バッグに入れておくとよいでしょう。

ただし、長期保存する場合は、入れた年月日をメモし、時折チェックしましょう。



■なるべく唾液をよく出す
唾液をよく出すことも、口腔内を清潔にするために役立ちます。

高齢者や、緊張感が続く状態では唾液がでにくくなりますから、シュガーレスガムや酢昆布なども、噛むことで唾液の分泌を促しますし、リラックスにもつながります。

また酸っぱい梅干しなども唾液の分泌を促します。

ただし、塩分が多いので、食べ過ぎには気をつけてください。



■水が少ない場合は歯磨き粉なしでブラッシングを
水がない時に歯磨きを使うと、口に残るとかえって乾燥しますから、歯ブラシだけのブラッシングにした方がよいでしょう。

その他、甘いものを食べたり飲んだりする時には、時間を決めてとるなど、だらだだらと食べていることがないように、リズムを作ることも大切です。

また唾液の分泌を促すためには、顔面体操や、顔やあごなどのマッサージなども有効です。


次回は口腔ケアが悪い時に起こる肺炎の危険性についてお話したいと思います。









イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

避難グッズに口腔ケア用品を入れよう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月19日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、熊本地震以来、また避難グッズや防災対策を見直している方は多いのではないでしょうか?

皆さんはもしもの時に備えて、皆さんは避難グッズを準備していますか?

そして、皆さんのご家庭で用意されている防災バッグの中には、何が入っていますか?

非常食や水、ティッシュペーパー、生理用品、マスク、懐中電灯、防寒具など、食欲・排泄欲など生きるうえで欠かせない生理的欲求を満たすものや、安全・衛生に関わるグッズが揃えられていると思います。

しかし、案外忘れがちなのが、お口のケア用品です。

また報道を見ていますと、災害当日から数日たち何も持ち出せず避難された方たちの欲しいものの一つに、「歯ブラシ」という声がありました。

避難所では、歯ブラシがないだけでなく、水が十分になく、歯・口・義歯の清掃がおろそかになりがちです。


避難所では、すぐに食べられるようなパンやお握り、カップラーメンなどの食事がしばらく続くことが考えられるため、栄養も偏りやすく、また精神的なストレスなども重なり、抵抗力も落ちてしまいます。

口の中を不潔にしていると細菌が増え、虫歯、歯周病、口臭などが生じやすくなり、また感染症にもかかりやすくなります。

特に高齢者は、免疫力が落ちた時に、口腔や咽頭部の菌を気管や肺へ誤嚥することで、肺炎を引きおこしやすくなるので注意が必要です。

過去の震災でも、避難生活が長引くと、高齢者の肺炎が増加する傾向が見られます。

避難グッズを用意するのであれば、口腔ケアグッズも必ず入れるようにすることをお勧めします。

次回は口腔ケア不足がもたらす影響についてお話します。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

地震の爪痕

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月18日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


16日に起こった本震といわれる大地震による被害が明らかになってきています。

最初の地震のあった益城町の被害も大変なことになっていますし、阿蘇周囲の被害も土砂崩れなども含めて、悲惨なことになっています。

地震の規模としては阪神淡路大震災と同レベルだということですが、今回の地震の際には昔と違って携帯などで写真や動画を簡単に撮れるので、より実際の地震が起こったリアルな状況や悲惨さを伝える情報が回りやすいということが、このレベルの地震がどれほど大変なことなのかを伝えやすくなっているなと感じます。

聞けば聞くほど、見れば見るほど次々と絶望的な状況がわかってきますが、私たちとしては今まで通り日常を送りながら、微力ながらも熊本で被災された方々に協力できることがあれば協力するのが一番だと思います。

被災された方々が一日も早く日常を取り戻せることを心より願います。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:10| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

平成28年熊本地震

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月16日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、14日の熊本地震でもかなりびっくりしたのですが、昨晩にも夜の1時過ぎにもとても大きな揺れを感じました。

体感的には、14日に起こったものよりもさらに激しく感じました。

慌ててニュースを付けると、再び熊本で大地震が起こったようです。

その後のニュースで、14日の地震が余震で、今回の大きな揺れが本震だったとのことです。

その後に緊急メールが届いて、佐賀でも避難所ができていて、緊急の時は避難所に来てくださいという内容も書いてありました。

これまでの日常というものはこうも簡単に覆されてしまうものなんだな、と改めて実感し恐ろしくなりました。

幸い、大きな揺れを感じたとはいえ、私の家の周辺では日常生活を普通に続けれる状態です。

イターナル歯科クリニックも本日も通常通り診療を行います。

ですが、熊本では次々と大きな被害の状況が報告されています。

今後も強い余震が続きそうだということも言われています。

皆さんも今後も身のまわりに注意して、被害に巻き込まれないように気を付けてください。

これからも被害が少しでも広がらないように、また被災された方々の救出が迅速に行われるように心から願います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:19| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

熊本地震

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月15日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨晩は熊本で震度7を記録するという大地震がありましたね。

夜の9時20分ごろ、私も自宅でくつろいでいたら、突然携帯からけたたましい地震警報が鳴り響き始めたかと思うと、びっくりするくらい激しい揺れを感じました。

家族もみんな震え上がって、テーブルの下に隠れました。

私は2005年におこった福岡西方沖地震も福岡市内で体感したことがあるのですが、その時に匹敵するような揺れを感じた気がしました。

そのあともかなり揺れを感じる余震を何度も感じましたので、万が一の時にすぐ逃げれるように、玄関付近に避難グッズを用意し、玄関に近いリビングに布団を持ってきて、みんなで寝ましたよ。

ですが、余震が何度も来るたびにみんなびっくりして目が覚めてしまい、今日はみんな寝不足気味です。

熊本ではやはりかなりの被害が出ているようですね。

今後もまだ余震が警戒されるので、とても心配です。

イターナル歯科クリニックはもちろん今日も通常通り診療を行いますが、地震被害にあわれた方が早く日常が取り戻せることを唯々願います。

これからもどんどん被害状況がわかってくるでしょうが、少しでも被害が少なければいいなと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:05| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

矯正を使ったインプラントのデメリット

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月14日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM0:00、PM3:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日はインプラントを使った矯正のメリットについてお話をしました。

今日は逆にインプラントを使った矯正のデメリットについてお話をしたいと思います。


正直なところ、大きなデメリットはありません。

あるといえば、通常では行わないインプラント手術が必要になるということと、終わったら取り除く手術が必要だという程度です。


・局所麻酔でインプラントを埋入する必要がある
矯正用インプラントを埋入しなければ治療は始まりません。

通常の矯正治療では不要な埋入手術が必要になります。

ですが、一般治療で使用する局所麻酔で約5〜10分程度の処置で終わります。

通常のインプラントと違い、小さなねじを奥歯の歯茎の骨に埋め込むだけですので、手術はとても簡単で術後の痛みや腫れもほぼ無いでしょう。


・矯正後に取り除く必要がある
通所のインプラントと違い矯正治療の為だけに埋入した物ですので、矯正治療後は取り除きます。

こちらの撤去も約2〜5分程度で終わります。



矯正治療というと「時間が掛かる」「費用が掛かる」「痛い」「見た目が悪い」「とにかく手間」といったマイナスのイメージをお持ちの方が多いことでしょう。

しかし、先述したように場合によっては矯正用インプラントを使用し、矯正のデメリットを最大限に減らす治療を行うことができるのです。

当然その使用については歯科医師の判断によりますので、矯正を行う際は相談してみるといいですよ。








イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:08| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

インプラントを使った矯正のメリット

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月13日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日はインプラントを使った矯正についてお話をしました。

今日は矯正用インプラントを使用する上で知っていてほしいメリットについてお話したいと思います。

■メリット
1.抜歯をせずに矯正治療を出来る場合がある
固定源が自分の歯ではなく顎の骨に埋め込んだインプラントの為、強い力をかけての矯正が可能です。

その為歯の移動が大きくでき、通常であれば抜歯 の必要があるようなケースも抜歯をせずに矯正を行うこともできるのです。

ただし全てのケースに当てはまるわけではないので、矯正の担当医に相談と確認が必要です。


2.矯正の治療期間が短い 
固定されたインプラントが固定源となり、動かしたい歯に直接アプローチすることができます。

その為、本当は動かしたくない歯が動いてしまったり、動いた歯が戻ってしまったりという余分な手間と時間が掛かりません。


3.大げさな矯正器具が不要
通常の矯正の場合、自分の歯と歯を矯正器具で固定し引っ張りながら治療を行っています。

その為、2でも述べましたが本当は動かしたくない歯などをしっかりと固定する必要があり、大掛かりな矯正器具を装着する必要もあります。

大がかりな矯正器具は見た目にも影響しますし、装着時の違和感、食べづらさ話しづらさ、お手入れの方法にストレスを感じる方もいらっしゃいます。

インプラントを使用した矯正の場合は、動かしたい歯とインプラントを繋ぐ装置だけでよい為、違和感は大幅に軽減されるでしょう。


4.虫歯のリスクが減る
大げさな矯正器具を付けて食事をすると、歯磨きがやはり大変になります。

装置の間の清掃を入念に行わなければ虫歯のリスクが高まります。

矯正器具をシンプルにできるからこそ歯磨きもし易くなり、虫歯のリスクも減るというわけです。


このように、矯正用インプラントを使うと様々なメリットがあります。

ただし、どのようなものでもそうですが、メリットばかりではありません。

次回はインプラントを使った矯正のデメリットについてお話したいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:10| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

インプラントを使った矯正

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月12日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、現代人の顎はどんどん小さくなっており、親知らずを含めた32本の永久歯が重なることなく綺麗に整列して生えていない方も多くなっています。

そのためまだ生えていない親知らずを歯並びに影響が出る前に抜歯したり、器具をつけて歯並びを矯正する方が増えてきています。

そんな時に、矯正用のインプラントを使用すると、これまででは難しかったような症例でも簡単に矯正できたり、矯正装置自体をより小さく、違和感の少ないものにすることが可能になります。

今日はそのような矯正用インプラントについてお話をしたいと思います。


矯正用インプラントはあごの骨にインプラントを埋入し、それを固定減として矯正器具を取り付けます。

矯正を行うとき、動かしたい歯には引っ張る力がかかります。

その時にその力に負けないだけの固定源となる部分が必要となるのです。

この固定が弱すぎると、逆に歯並びが大きく崩れてしまうことが起きるのです。

インプラントはあごの骨に打ち込むことで、たいへん強力な固定源となってくれます。

矯正用のインプラントを利用して大げさな装置を付けずとも矯正治療を行うことができるのです。

特に大臼歯は複数で複雑な歯根が有る為、矯正用インプラント無しではスムーズな移動が困難になる場合もあります。


次回はそのようなインプラントを使った矯正のメリットについてお話したいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:30| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

どんぐり村で遊んできました

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月11日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日は子供たちと一緒にどんぐり村というところに遊びに行ってきましたよ。

どんぐり村は様々な動物とふれあえたり、いろんな酪農体験ができる人気の牧場です。

昨日は子供たちと一緒にウインナーづくり体験と牛の乳しぼり体験をしてきました。


ウインナーづくりで子供たちは、不器用ながらもひき肉にオリーブオイルやハーブなどを混ぜてよく混ぜ合わせたり、お肉を詰めた羊の腸をどうにか結んだりねじったりと、一生懸命作ってましたよ。

出来上がったウインナーはその場で茹でて食べましたよ。

添加物の一切入っていない手作りウインナーは格別の味でしたよ。


また、その後は牛の乳しぼり体験をしました。

子供たちは大きな牛の後ろで係りの人に付き添われながら、恐る恐る乳しぼりをしてました。


DSC08789.jpg


ですが上手に絞ることができましたよ。

また、ウサギや子ヤギ、小さなマウスなどともたくさんふれあって、子供たちはとても満足そうでしたし、私たちもとても楽しい思いをすることができましたよ。

とても休日らしい一日を満喫できました。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:14| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

レーザー導入

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月9日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日イターナル歯科クリニックにレーザーを導入しました。



DSC_0006.jpg

レーザーにはやはり優れたメリットがあります。

歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開では、出血がほとんど抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。

また、レーザー照射したことにより、術後の出血のリスクを低くすることができます。

歯茎に炎症を起こしている場合には、炎症を起こしている組織を高温で蒸発させて取り除いたり、緩和させることができるため、腫れや痛みを和らげることも可能です。

外科手術(歯茎や粘膜の切開、止血)以外にも、歯周病や口内炎の消炎治療、根管治療、メラニン色素沈着の除去、傷口の消毒、知覚過敏の治療、顎関節症の痛みの緩和など様々な用途で用いることができます。

今後の治療において、より良い治療成果を出すことができると思いますので、皆さん期待していてくださいね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:01| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

骨髄炎になるまでのよくある流れ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月8日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日から骨髄炎についてのお話をしてきました。

今日は骨髄炎になってしまうよくあるパターンについてお話をしたいと思います。



歯がグラグラして歯茎が腫れてしまい、歯科医院で治療を行って、その時は一時的に落ち着きます。

しかし、その際に治療のため抜歯を勧められても、自分の歯で噛めない、入れ歯に抵抗があるなどの理由で、できれば抜きたくないと考えます。

そして、その場は抜かずにやり過ごしますが、次に通院するとこの歯は抜歯されると思い、再来院が先延ばしになってしまいます。

歯磨きはそれまでと同じように少しサボり気味で、そのまま噛んで痛い時があっても「抜くより我慢」を繰り返していきます。

その後、疲れたり身体の抵抗力が低下した時に、それまで経験したことのない腫れで驚いて来院することになります。

今度こそ抜歯しますが、長期間の強い炎症に骨がさらされてしまい、抜歯を行っても膿が止まらず、痛みが残る。

さらに、大学病院などの大きな病院に紹介となり、完治するまで投薬やアゴの骨の手術を行い、数カ月以上を要することになってしまう・・・。

これまでの臨床経験を元に考えると、歯周病をかなり悪化させてしまう人には上記のような流れが考えられます。

抜歯を粘ると必ずトラブルになるわけではありませんが、抜歯をしない選択には思わぬリスクもあるということを覚えておきましょう。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

骨髄炎をおこしやすい状態

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月7日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日より骨髄炎がどういったものかについてお話をしています。

今日は歯周病から急性の骨髄炎になってしまったケースの共通点についてお話をしたいと思います。

■抜きたくない
過去に歯周病の診察を行っているが、歯の状態はあまりにもひどいにもかかわらず抜歯せずに粘っているケースです。

ブリッジの土台のため、抜歯すると入れ歯に移行する必要があるなど、本人の強い希望で粘りたいと抜歯が先送りになっていたケースに起こりやすくなります。


■咬み合わせ
上下の歯がしっかり噛み合わせている状態で、噛むたびに歯が押されて激しく動くことも多いような場合です。

これは、細菌の固まりである歯を傷口の中でグリグリかき回すようなもので、炎症をよりひどい状態にする要因です。


■メンテナンス不足
すでにグラグラしてしまっていても、定期的メンテナンスを行っていたケースにはあまり発生しません。

突然、顔から腫れがわかるほどになって来院したケースに多く見られます。


■歯磨き不足
普段から歯磨きをしっかりしていないケースなどはもちろんですが、一度腫れてしまうと歯磨き時の痛みのためしっかりと磨くことができず、汚れが付着してしまうことが多いようです。

炎症で磨けなくなっても消毒を行えるような洗口剤などを利用するのも大切です。


いかがでしたか?

これに当てはまるような症状がある方は、骨髄炎をおこす可能性があります。

大変なことになる前に、まずは歯医者さんに相談してみてください。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:50| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

骨髄炎という状態について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日4月6日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日は歯周病が進行するにつれて、顎の骨が溶けるということを少し詳しく説明しました。

今日はその進行を放置すると大変なことになる可能性があるということをお話します。


歯周病を放置した場合に普通に思いつく最悪の状態は「自然脱落」です。

つまり自然な抜歯が起こり、歯が抜けることと考えがちです。

自然脱落は確かに見た目は最悪ですが、歯が抜けるということは、抜歯=原因除去→治癒となるため、自然に治療が完了したということになります。


しかし、これよりも解決が難しい問題になるのは、歯が抜けず、骨の溶けるスピードよりも早く炎症が進んだりした場合です。

細菌の勢いが防御反応の限界を超えると歯ぐきの炎症ではなく、溶けていたはずの骨が炎症を起こします。

これが顎骨骨髄炎と呼ばれるものです。

歯周病が骨髄炎に移行してしまうと、歯の抜歯をしても治らずにアゴの骨の炎症が続き、歯がないのに骨から膿が出てくることもあります。

こうなるとなかなか治らない難治性となったり、完治までに数カ月以上の時間がかかるケースになることもあります。

最悪の場合は命の危険性まで起こってきます。


次回はどのような状態を放置すると、このような骨髄炎という症状を起こしやすいのか、説明したいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:55| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする