2016年02月29日

知覚過敏について知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月29日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も2月も終わりますが、あたたかくなったかと思えばまたすぐに寒い日が来たりしますよね。

水道のお水も冷たさを感じますので、歯にしみるようなこともあるかと思います。

今日は知覚過敏についてご説明をしたいと思います。

そもそも、知覚過敏とはどういったものなのでしょうか?

一本の歯に目を向けた時、知覚過敏を起こす場所はかなり限定されています。


鏡で見ると口の中では、前歯も奥歯もほとんどが白く見えます。

そこがエナメル質と呼ばれている部分です。

実は歯の大部分を占める表面のエナメル質は、知覚をほとんど感じないため、刺激を受けてもしみることは、ほとんどありません。


tikakukabin070828-4e684.gif


知覚過敏を起こすのは、エナメル質の内部にある象牙質(エナメル質に比べると黄色く見えます)と呼ばれる部分が、歯茎のそばで露出して刺激を受けるからなのです。


知覚過敏の症状としては、明らかな虫歯などがないのに、冷たい水などの特定の刺激があると特定の歯がしみたり、痛みを感じることがあります。

しかしこれは一時的なことが多く、しばらくすると治まります。

少ししみる程度のものから、電気が走るような刺激までさまざまです。

ほとんどは、歯の根元の露出が原因ですが、歯の先端の磨耗や、精神的に敏感になっている場合などもあります。


知覚過敏と虫歯は症状が似ているため、どちらかを勘違いしてしまうことがあります。

次回、知覚過敏かどうかを判別する場合のポイントについてご説明したいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:09| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

子供に対する歯科治療 3

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月27日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日より子供の歯科治療を行うにあたって、きちんと治療ができるように慣れてもらうための段階について説明をしてきました。

今日は最後に乗り越えてもらう必要のある、第三段階について説明をしたいと思います。



子どもの虫歯治療で最後の大きな障害となるのが「麻酔治療」です。

この歯科麻酔ができるようになると、虫歯を含め、乳歯の抜歯などほとんど全ての中の治療が普通に行なえるようになります。

歯科で使用する麻酔針は、インフルエンザの予防接種や血液検査のための注射針に比べてかなり細い針です。

さらに注射針と刺す前に表面麻酔という塗り薬の麻酔を塗布しているため、痛みは最小限に抑えられています。

それでも麻酔する瞬間を自分で確認することができない、しかも普段は食事をするために利用している口の中に注射をしなければならないというそれまで経験したことのない感覚で、ほとんどの子は恐怖でいっぱいになってしまいます。

表面麻酔を塗布していても神経を集中してしまうので、わずかな痛みでも敏感に反応し、痛みを感じやすくなってしまいがちです。

いずれにしても、小児の虫歯治療は個人差が大きいものです。

初めてとは思えないぐらいあっけらかんと麻酔注射をクリアしてしまう小学校入園前の子どもがいると思えば、高学年になっても器具を口に入れる段階がクリアできない子どももいます。

第二段階までクリアできれば、小さな虫歯であれば十分に治療することができます。

第三段階の麻酔が苦手な子どもに関しては、いきなり大きな虫歯を麻酔して治すのではなく、小さな虫歯治療を行なっているうちに自然とできるようになるケースが多いようです。

スムーズな虫歯治療を行なうためにも治療の際のトラウマを最小限に抑えられるよう、虫歯の早期発見・早期治療を行なってゆくことが大切です。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:15| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

子供に対する歯科治療 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月26日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日は子供の歯科治療を行う際に、どう慣れさせていくかについて第一段階のお話をしました。

今日は第二段階としてのお話をします。

器具を口の中に入れることができるようになると、次に壁になるのが、見えない口の中で感じる刺激です。

大人もそうかもしれませんが、子どもが恐怖感を感じやすい刺激として、以下のものが挙げられます。

■虫歯治療中の音
バキュームと呼ばれる吸引器は、吸引の際に比較的大きな音が出ます。

さらに歯を切削する際に使用する器具も回転音がします。

特に高い音でいかにも回転数が高いように感じられる切削器具なども同様です。

口の中に大きな音が出るものを入れるということが恐怖につながります。


■独特の触覚
歯を削る時、歯がわずかに押されるような感覚が起こります。

また切削や乾燥などのために使用するエアーも、口の中で吹き付けると粘膜などにぶつかり、空気が粘膜に触れる感触が生まれます。

自分の目で中の状態を確認することができない口の中は、どうしても刺激を敏感に感じやすくなります。

■虫歯治療中の振動
歯を回転式の切削器具で削ると、どんなにわずかでも振動が歯に伝わります。

さらに虫歯を指で持った器具などで除去する際にも歯が引っ掻かれるような振動を感じることがあります。

歯に受ける振動は痛みにつながりそうで怖く感じてしまいます。

これらの虫歯治療の感覚は、どれも子どもにとっては初めてで非常に怖く感じるものです。

できるだけ恐怖心を与えないように、子どもにも一つ一つ器具を説明をしながら、治療を進めることが大切です。


次回は第三段階について説明をしたいと思います。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

子供に対する歯科治療

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月25日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、歯医者がとても苦手な子供さんが治療にいらっしゃることが度々あります。

子供の治療の時に固く口を閉じて開けてくれなかったり、暴れてしまったりすると、安全に治療を進めるのは大変です。

今日はスムーズな治療のために、子どもがクリアすべき3ステップについて解説します。

いずれの場合も、焦らずに進めることが大切です。


一番最初のステップはまず器具を口の中に入れる練習からです。

子どもが食品以外で口の中に入れるのは、スプーンやフォーク、歯ブラシなどが一般的でしょう。

いくら虫歯になったからといえ、治療器具をいきなり口の中に入れることはかなりの恐怖を伴います。

敏感な子どもの中には、ミラーなどの痛みのない器具ですら口の中に入れさせず、口の中を見るための光さえも口に入れまいと、口を硬く結んでしまうこともあります。

こうなると治療どころが虫歯の確認すら困難です。

低いようで高い壁が、まず器具を口の中に入れるということなのです。

かなり敏感な場合を除き、一般的には少しづつ練習を繰り返して慣れさせることで、この段階はクリアできるようになります。

焦らずにまずは慣らすことが大切です。



次回は第2ステップについてお話をします。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:12| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

ブライダルエステは計画的に 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月24日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も昨日に引き続き、結婚式前に口元をきれいにしたいと考えている人たちへの向けたお話をしたいと思います。

ある有名雑誌の調査によると、結婚式をした先輩カップルに聞く後悔ケアパーツの第一位は「歯・口元」だそうです。

普段はあまりご自分の歯の色を気にすることはないかもしれませんが、日本人の平均的な歯の色は、やや黄色みがかった色をしています。

純白のドレスなどと合わせると、くすんだような黄ばみが目立ってしまいます。

ドレス合わせの時などに初めて気付かれる方も多く、駆け込みでホワイトニング治療を希望される方も多くいらっしゃいます。

式当日では、特に花嫁さまの笑顔のお顔のアップ写真を多く撮ります。

その時にお口元が気になり、自信を持った笑顔で臨めなくては、素敵な思い出も半減してしまいますよね。

一生残るお写真も多く撮りますから、ぜひお口元に自信を持って、素敵な笑顔で当日臨まれると良いと思います。


結婚式に向けてお口元を白くする=ホワイトニング治療 とお考えの方が多いかと思いますが、ホワイトニングだけでなく、様々なお口元治療があります。

例えば 前歯のすき間とサイズを治したい = ラミネートベニア治療
歯を削らず、歯並びを治しながら歯を白くしたい = マウスピース矯正+ホワイトニング
笑った時に見える歯を、完璧にキレイに整えたい = セラミッククラウン治療
詰め物や被せ物を白くして、周囲の歯も白くしたい = セラミック治療+ホワイトニング

などなど、治療のパターンはご希望に合わせて無数の組み合わせをご提案出来ます。

当日、自信を持った笑顔で臨めるよう、ぜひクリニックでご相談をしてみて下さい。

一生の思い出に残る、素敵な結婚式になりますように。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:11| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ブライダルエステば計画的に

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月23日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日から審美歯科治療についてのお話をしてきましたが、診療をしていると結婚式に向けて歯をきれいにしたいという希望を持っている人が度々いらっしゃいます。

ですが、治療の内容によって予定に間に合わないこともあります。

今日はそのような結婚式前の口元をきれいにするにはどれくらいを目安に考えればいいかについてお話をしたいと思います。




そもそも皆さんがどれくらい前からいらっしゃるのかというと、たまに1年ほど前から来院され、歯並びや色・形などをまとめてキレイにしたいと希望される方もいらっしゃいますが、2ヶ月くらいまにいらっしゃる方が多いと思います。

最低いつまでに、という期限はありませんが、結婚式や前撮りの日が近くなってくるとなかなか来院するお時間がないように見られます。

少し余裕を持って早めに来院されると、落ち着いて治療を行えますし、様々なプランを検討することも出来ます。

逆に式まで時間がないからと、お口元の治療を諦めることもありません。

ご希望される治療やお口元の状態にもよりますが、部分的な金属を白くするくらいなら当日で終わってしまうものもあります。

他にもお急ぎの方に向けてまとめて治療時間を確保したり、式に間に合うようになんとか方法を考えることもできますので、式までの期間で不安をお持ちの方は、まずは近くの歯医者さんに相談されると良いと思います。

明日はブライダルエステに関するもう少しお話ししたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:06| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

歯科と呼ばれる治療 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月22日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、前回は審美歯科治療の種類して、ホワイトニングやオールセラミックを用いた治療をご紹介しました。

今日はまたほかの審美治療についてご紹介します。



・ハイブリッドインレー治療

奥歯の虫歯治療などを行った跡に、部分的な強化プラスチックの白い詰め物を詰める治療です。

大きな口を開けた場合を気にして、金属ではなく白い詰め物をご希望される方に適しています。

セラミックを用いた詰め物もありますが、セラミックは強度は堅いものの、曲げの力に弱くて割れやすいという特徴があるため、詰め物の場合はハイブリッドと呼ばれる強化プラスチックのほうが適していると私は思います。

また、最近のハイブリッドインレーは、内側にグラスファイバーの繊維を埋め込んであって、さらに耐久性を上げて作られているので、奥歯にも十分に使えます。

特に噛み合わせを大きく左右する治療なので、きちんと行うことで理想的な噛み合わせに仕上げることができます。

金属アレルギーの方も、安心して受けることが出来る治療です。



・インプラント治療


歯が根元から失われてしまった場合に、人工の歯根(インプラント)を埋入し、 あごの骨と一体化させ、人工歯根の上部に人工歯を被せる治療です。

骨としっかり一体化させますので、入れ歯のようにぐらつきがなく、ご自身の歯と同じ感覚で食事などをすることが出来ます。

ブリッジ治療(抜けた歯の両隣の歯を削って、そこに橋のように義歯を被せて固定する方法)を行うケースもありますが、長期的に見ると、ブリッジ治療では 両隣の歯に大きな負担が掛かり、将来的に両隣の歯が痛んでしまいますのでインプラント治療をおすすめすることが多く見受けられます。

インプラント治療は、高度な外科治療を伴う治療法ですので、ベテランのドクターの元、きちんとした衛生環境の中で行われることが大変重要です。

また治療前に、立体的にあごの形や神経の位置などを把握するために、CTによるスキャンも必須です。



審美歯科治療においては、使用材料や治療方法以上に、担当ドクターのセンスや審美的な感覚が、仕上がりを大きく左右します。

またドクターとの相性や、信頼関係も大変重要です。

美しい仕上がりを目標とした治療ですので、治療のプロセスの中で、お互いのイメージや感覚のキャッチボールを、十分に行うことを心がけましょう。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:16| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

審美歯科と呼ばれる治療

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月19日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日は審美歯科とは普通の歯科とはどのように違うのかについてご説明をしました。

今日は審美歯科に分類される治療について紹介をしたいと思います。




・ホワイトニング治療

ホワイトニング治療とは、歯にホワイトニング用のジェルを乗せるなどして、歯の漂白を行う治療です。

審美歯科で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあり、両方を併用して行うことで、ホワイトニング後に起こる色戻り (一旦白くなった後に、元の色に戻ろうとする働き)を防ぎながら、 白さをステップアップしていくことが出来ます。

以前のオフィスホワイトニングでは、ジェルを塗ってレーザーを当てて…というものが一般的でしたが、最新のホワイトニングは特殊なジェルのみで行うことが出来るので歯に痛みが出にくく、身体にも優しい治療法になっています。

ホワイトニング治療は歯を削ることなく白く出来る治療法なので、広く行われています。




・オールセラミッククラウン治療

歯の周囲をぐるりと削り、セラミックで作られたクラウン(被せ物)をセットする治療です。

歯の色を明るくするだけでなく、歯並びや歯の形も整えることが出来ます。

オールセラミッククラウンは、保険適用の被せ物 (前装鋳造冠:ぜんそうちゅうぞうかん)のように 長期的に使用した場合に、変色や歯ぐきの黒ずみを引き起こすことがなく、とても自然な色味と、明るい白さを持っています。

また透明感も、オールセラミッククラウンによるものが、一番自然に表現されます。

歯をあまり削りたくないとご希望の方には、ラミネートベニア治療という 治療もあります。

この方法では歯の表面だけを薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付けます。

大がかりな歯並びの調整は難しいですが、前歯の隙間を埋めたり、 テトラサイクリン歯(幼少の頃の抗生物質の接種等で歯に縞模様が出ている状態)でお悩みの方には効果的な治療方法です。

どちらの治療でも、歯の先端にかけて色味のグラデーションをかけていくことや、 歯ぐきの内側コンマ数ミリにセットすること、お顔全体のバランスを見ながら形や角度を決めていくことなど、 ドクターと歯科技工士の高い技術が要求される治療です。

次回も審美治療の種類についてご説明をします。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:13| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

審美歯科とはどういったもの?

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月18日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、審美歯科という言葉はたまに聞くことがあると思いますが、審美歯科とは普通の歯科とどのように違うのか、疑問に思ったことはありませんか?

今日は審美歯科が普通の歯科とどのように違うのかについて説明をしたいと思います。



そもそも、大学で歯科を習うにあたって、審美歯科という分類はありません。

したがって、特に審美歯科というライセンスや資格が必要だったりするわけではなく、歯科医師ならだれでもできる、逆に言えば審美歯科というものは世間で一般に言われているだけの項目なのです。

では、どういったものを審美歯科というのかというと、審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、キレイな口元に仕上がることを目標として行われる歯科治療です。

通常の虫歯治療の場合だと、保険の適用される材料と治療方法で機能的な回復を目指すので、仕上がりとしては金属が見えたり、長期的な時間の経過に伴い変色してしまったりと、審美(見た目の美しさ)的には考慮されません。

一方、審美歯科では、保険適用の素材や治療法以外にも自費治療も含めて、より外見の自然な美しさを治療の目的として手技や材料を選んでいきます。

次回は審美歯科に分類される治療法について、お話をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:33| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

定期検診でお口をトラブルから守りましょう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月17日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日から急に歯が痛くなるのはどうしてか、またその対策についてお話をしてきました。

今日はそのまとめのお話をしたいと思います。



痛みが出ないうちは、その兆候として違和感や腫れが、初めは小さな波のように、繰り返し起こることがほとんどです。

初めは気になっていても次第に少し待てば、落ち着くはずと楽観視してしまいがちです。

しかし進行すれば、波も次第に大きくなり、頻繁に繰り返されるようになります。そしてついに痛みが発生した時には、かなりひどい状態になっているのです。

そのまま放置するとさらに悪化して、今度は歯の神経が死んでしまうため全く痛みを感じなくなります。

これで自然に落ち着いたと思ってしまうとさらに状態は悪化します。

歯のトラブルは痛みが出る前に行うことが、費用や期間を少なくできるポイントです。

ぜひ痛みがなくても少しでも不安な状態になった時は、診察を受けるようにしましょう。

そのため歯の健康のためには、かかりつけでの定期検診がとても効果的なのです。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:06| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

歯医者に行ったほうがいい症状について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月16日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日は昨日お話した痛みの出るメカニズムから考えて、このような症状の時にはすぐに歯医者さんに行ったほうがいいという例を挙げていきたいと思います。

痛みが出るメカニズムから考えると、歯の痛みはかなり悪くなるまで発生しません。

そのため痛みがなくても悪い状況が進行している可能性があり、早めに治療することで負担が少なくなることが期待できます。

痛みが出る前に感じられる症状は次のようなものがあります。


■違和感
痛みではない「何か」、痛むないけどいつもと違う状態になっている時は要注意です。

例えば外れかかった金属が浮き上がって、噛むと元に戻っていることもあります。

むし歯を詰めた樹脂が内部でガタついて周囲に隙間ができている状態など、痛む前の全般の違和感を無視しないようにしましょう。


■しみる
一瞬だけ痛みのスイッチが入りすぐに元に戻るため、ときどき起こる程度では問題ないことも多いのですが、短時間に繰り返し起こるような時は要注意です。

痛みが頻繁に繰り返されると神経がダメになってしまうこともあります。


■噛むとおかしい
それまで噛めたものが噛みにくくなったり、噛んだ時だけ鈍い痛みになったりする時は要注意です。

そのまま様子を見ていても結局は治療が必要になることがほとんどです。


■歯ぐきの腫れ
基本的に歯ぐきの炎症は、痛みは出ないが、腫れが出ることとが多くなります。

小さな腫れも痛みが出ないからといって見逃さずに治療をすることをオススメします。


■歯ぐきの押すと痛い
歯ぐきなど押すと痛い、鈍い痛みがわずかに感じる場合、歯の根の内部が原因で骨の中に膿が溜まっていることもあります。

歯の神経をすでに抜いてあることも多く、痛みが出なく、急に腫れることがあるので注意が必要です。


いかがですか?

思い当たる症状のある方は、とりあえず歯医者さんに相談することをお勧めします。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:07| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

急に歯が痛くなる原因について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月15日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、日頃診療をしていると、「これまでなんともなかったのに、昨日から急に歯が痛くなりました。」といったことをよく聞くことがあります。

そもそも、なぜ何の兆候もなかった歯が、急に痛くなったりするのでしょうか?


実は歯の神経反応は、刺激の大きさと痛みが比例しません。

歯に受けた刺激が強くても弱くてもそれほど痛みに違いはなく、神経が我慢出来る限界の刺激を超えた瞬間に、刺激の全てが痛覚に反映されます。

具体例でご説明しましょう。

歯を麻酔なしで削ってみたとしましょう。

深さが浅ければ、痛みを感じずにある程度まで削れます。

これは刺激が神経が反応する閾値までの許容範囲内で収まっているため、痛みが発生しないのが理由です。

さらにそのままどんどん削って行くと、神経への刺激が強くなってきます。

しかし、痛みはそれほど変わりません。

するとある刺激量を超えた瞬間に、それまでの刺激とは比べものにならないほど強烈な「ズキッ」した痛みが突然現れます。

これが痛みのスイッチが入った状態です。

一度スイッチが入ってしまうと、神経のシステム上痛みに対して敏感になってしまい、それまで我慢できた弱い刺激でも強い痛みとなります。

歯を麻酔しないで削った時に一度強い痛みが出てしまうと、浅く削ってもその後痛くて続けられなくなってしまうのは、このためなのです。

これと似たシステムによって、急に歯が痛くなったりするわけですね。


次回はそのような急な痛みが出ないようにするために、早めに歯科医院に行ったほうがいい兆候についてお話をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:10| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

隠れ歯周病を事前に発見しよう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月13日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日は自分では気づかないうちに進行してしまう、隠れ歯周病について説明をしました。

今日はそんな隠れ歯周病を事前に見つける方法について説明をしたいと思います。



隠れ歯周病を発見する最も確実な方法は、歯科医院などで定期検診を行なうことです。

虫歯や歯周病は早期に発見すると、治療時間や期間の短縮、歯の寿命を延ばすなど、たくさんのメリットが生まれます。

もしあなたが5年以上歯石を取っていないとすると、症状が現れないだけで、実はしっかり歯石が付着している恐れがあります。

歯周病予防を兼ねて歯石を一度しっかり取れば、その後は正しい歯磨きを行なうことで、歯石付着予防しやすくなり健康な歯肉を維持しやすくなるのです。


特別に困っていることはないから、歯医者に行く必要なんてない、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、自覚症状がなくても、「隠れ歯周病」が見つかる可能性もあるので、最低でも年に1度の歯の定期健診を行なうことをオススメします。


ずっと自分の歯を保っていくために、ぜひお口の定期健診を利用しましょう。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:50| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

突然起こる隠れ歯周病

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月12日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、若いころから歯は丈夫な方、最近は歯医者にも行っていないし、別にどこも痛くないし何も困ることはなかった、そんな人が、ある日突然歯茎が腫れてしまうことがあります。

それが「隠れ歯周病」です。

今日は歯に自信がある人ほど陥りやすい「隠れ歯周病」について説明したいと思います。



「歯周病」ときくと、歯を支えている骨が溶けて、歯がグラグラになってしまうような状態をイメージする人が多いかもしれません。

しかしこの状態は、歯周病の末期にならないと現れません。

むしろ歯周病の初期や中期では、健康な歯とほとんど変わらないくらいのぐらつきしかないことがほとんどです。

歯がぐらつくような症状がなくても歯周病が進行している可能性が高いのです。

そして、気がついた時にはほぼ手遅れなところまで行ってしまっている場合もあります。



こういった方は要注意です。



・歯磨きは昔から自己流
きちんとした歯磨き指導を受けたことはなく、あまり熱心に歯を磨いたことはないのに歯が丈夫!という人は結構いるものです。

自己流の歯磨きで、本当は汚れが落ちていないのに、虫歯がないため正しい歯磨きと思いこんで、歯石などを溜めてしまいます。




・昔から虫歯の経験があまりない
虫歯の経験があれば、治療済みの金属などがまれに外れることもあるため、ときどきは歯科医院で歯周病のチェックが行なわれます。

そのため歯周病についても発見のチャンスは増えます。

逆にいうと、虫歯がない人ほど病院に行く機会が少なくなり、発見が遅れ易くなってしまうのです。




・病気に対する抵抗力がある
20代〜50代で体力が充実していて、少しのことでは風邪も引かないなど、病気に対して、もともと抵抗力や体力がある人も要注意です。

歯周病の原因である歯石などが歯の根元に付着しても、炎症が起きにくいので、歯石を貯め込んでも何も起こらず、発見が遅れがちになります。




・歯科医院に5年以上行っていない
ときどき歯茎が腫れたり、違和感があったりするけど、1〜2日で元に戻るので、病院には行っていない、ということはありませんか?

実はそれは歯周病のサインである可能性があります。




生まれつき丈夫な歯を持っている場合でも、そのことで逆に歯科医院に行く機会に恵まれず、逆に歯周病が末期の状態になるまで、症状が現れずにいることがあるのです。

歯磨きがしっかりできていないと、歯と歯茎の隙間のポケットという溝にある歯石の表面には、たくさんの歯周病菌が存在します。

これらの菌がたくさんの毒素を出しますが、強い体の抵抗力で、これを封じ込んでいるため、炎症が大きくならないからです。

大きな炎症の元を大きな抵抗力で押さえ込んでいるので、抵抗力の落ちてくる年齢などになると、突然時限爆弾が爆発するように大きな腫れが起こることがあります。



次回はこのような隠れ歯周病を発見する方法について説明したいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

目先だけの治療は危険です 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月10日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日は全体を見据えた根本的な治療が必要だというお話を、車のタイヤのパンクにたとえてお話をしました。

今日も適切な治療を行わないと、過度の治療は歯を痛めてしまうということを、同じく車のタイヤにたとえてお話をしたいと思います。


それでは、前回の話に続けて、今度はタイヤがパンクをしないように、頑丈な鉄でできたタイヤを車に装着したらどうなるでしょうか?

鉄のタイヤであれば、二度とタイヤはパンクすることはなくなるでしょう。

しかし、そのようなタイヤを装着すれば、本来ならタイヤが吸収してくれるはずだった衝撃はまともに車体にかかってきます。

車体にはどんどんダメージが蓄積し、これまた大きな修理を伴う深刻なトラブルへとつながるでしょう。

それだけじゃなく、走った道路ですら無事でないかもしれません。


これもまた歯科治療においても同じことなのです。

一昔の歯科治療では虫歯出かけたようなところは、二度と壊れないような丈夫な金属でしっかりとした歯を作り、それが取れたりしないようにしっかりと歯を削って、がっちりとなんでも噛めるようにするのが上手な歯医者でした。

しかし、それは長年の研究で間違っていたものであったということが、今はわかっています。

壊れない、外れない、とても頑丈な被せ物というのは、一時的には優れた機能の回復が見込めたとしても、長い目で見たときにはより被害を深刻にする原因にもなりえるのです。


このようなことを起こさないために、本来の生体にできる限り近い修復を行ってあげるということが最善の手といえるでしょう。

お口の中全体を見据えたうえで、トラブルの原因を根本から確認して、適切な処置を行い、その歯に対する修復物も強すぎも弱すぎもしない、ちょうどいい強度を持ったもので治してあげるのが最も理想的な方法です。

ご自身のお口の中をできるだけ健全な状態を保つためにも、最良の方法を一緒に考えていきましょう。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:09| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

目先だけの治療は危険です

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月9日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、歯科医院に来院した際に、「本当は気になっているところだけを治してくれればそれでいいのに・・・」と思っていらっしゃる方もいるかと思います。

しかし、皆さんが思っている「気になるところだけ」というのは、本当に根本的な原因を取り除いているとは限らない場合があります。

・今、この痛みさえ取ってくれればいい。
・この外れたところだけ付け直してくれればいい。
・ここの虫歯だけ直してくれればいい。
・歯の表面の着色だけ落として、見た目きれいに見えればいい。


これらのことは、本当にその人が思っているそこだけが原因で起こったことなのでしょうか?

実はそれが起こった原因はもっと他にあったり、いくつかの要因が絡んできていたとすれば、どうでしょうか?


ここで例え話をしましょう。


皆さんのおもちの車のタイヤがパンクしてしまいました。

車のタイヤを見てみたら、どうやらタイヤに釘が刺さってしまったようです。

再び車を走れるようにするために、最低限のことをするとすればどうすればいいのでしょうか?


とりあえず車をすぐ走れるようにするためには、釘をそのままにしていても、抜けた空気を入れなおしてあげれば、一応は走れるようになると思います。

しかし、そのようなことをしたとしても、またすぐに空気は抜けてしまいますし、さらに釘からの傷は広がり、本当なら刺さった釘を抜いて、穴をきちんと修復して空気を入れなおせば当分の間は大丈夫だったはずなのに、タイヤそのものを交換しないといけなくなったり、さらにそのような無理な状態で走り続ければ車体自体にまでダメージが及び、大きな事故や大がかりな修理が必要になってしまう、ということは誰でも想像がつくと思います。

これは歯科治療でも一緒です。

皆さんがお口の中に感じたトラブルの原因は何であったのか、きちんと突き止めたうえでそれに対する正しい処置をしなければ、二重、三重のトラブルが待ち構えていることは、わかりきっていることなのです。


次回ももう少し、このような適切な処置をしないといけないというお話をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

セレックを使った修復物の料金

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月8日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日は先日から説明をしているセレックを使って被せ物や詰め物を作った時の料金について説明をしたいと思います。


インレー(歯の詰め物):1本当たり21,600円(税込)

クラウン(歯の被せ物)
奥歯の場合:1本あたり28,080円(税込)

前歯の場合:1本あたり32,400円(税込)

ラミネートべニア(歯の表側だけに白いプレートを張り付ける方法):1本あたり32,400円(税込)


また、すべての制作物について、1日で仕上げる場合には1dayオプションとして、1本あたり5,400円(税込)をいただきます。

そうではなくても、基本的にお口の中をスキャンした翌日には修復物が仕上がるように準備させていただきます。

料金については、おそらくこのセレックを用いたセラミックの歯を作るシステムを導入している歯科医院では、日本中で最安値のレベルだと思います。

より詳しいことが聞きたい方は、ぜひ一度直接イターナル歯科クリニックにも間でお問い合わせくださいね。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

セレックというシステムの流れ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月6日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、昨日はセラミック治療の優れている点について説明させていただきました。


今日はそのようなセラミックを簡単に短時間で、しかも低料金で作ることができる、セレックのシステムについてお話をしたいと思います。

まずは、セレックというシステムではどのようなことをするのかご説明しましょう。


最初に通常通り、虫歯を削ったり、金属を取り外したりしていきます。

そして、セラミックの詰め物や被せ物ができるように形を整えていきます。


023-fd913.jpg


この時、削り方にも特徴があり、セレックを用いてセラミックを製作するのに合わせた削り方を行うのがコツです。


それが終わると、型を取っていきます。

型を取るとは言っても、削ったところや噛み合わせの位置を口腔内カメラで撮影するだけです。


f-7253a.jpg


この作業もあっという間に終わります。


そして、歯の形をコンピューター上でデザインしていきます。


この作業もたいへん簡単にできていて、コンピューターがほぼ自動的に最適な歯の形を作り出してくれます。


image20catalog-4a805.jpg

それが終わると、いよいよ削り出しです。

セラミックのブロックから機械が自動的にデザインされた歯の形を削りだしていきます。


b48-f0559.jpg


これも削り出しにかかる時間は7〜15分程度です。


それが終わると、出来上がったものを研磨、調整をして、実際にお口の中にセメントで装着していきます。



032-d8d21.jpg


最後にお口の中で微調節を行い、作業完了です。


049-fc794.jpg


ここまでの全工程で、早ければ1時間半ほどですべての作業が完了します。


セラミックを使って被せ物を作っていくのに、この短時間でこんなに簡単に済むというのは、歯科医師の私から考えると信じられないくらい画期的な技術です。



次回はイターナル歯科クリニックでのセレックの料金システムについてお話をします。














イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:07| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

セラミック治療の一番のメリット

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月5日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



突然ですが、皆さんはセラミックを使った治療の一番すぐれている点は何だと思いますか?

変色しないところ?
自然な透明感を出せるところ?
生体親和性に優れ、アレルギーなどがないところ?
擦り減らないところ?


いろいろとセラミックの優れた性質はありますが、私はなんといっても、一番口腔内での治療に向いているところは、「過大な力が加わると壊れてしまうところ」だと思います。


壊れることのどこが優れているの???

皆さんはせっかく作ったものが壊れてしまうだなんて、むしろデメリットではないかと考えるかもしれません。

では、もしも金属のようなほぼ壊れることのないような素材で被せ物などを作っていた時に、セラミックでは壊れてしまうほどの過大な力がかかったら、その力はどこに集中するのでしょう?

それは、支えになっている歯にかかってしまうのです。

被せ物が壊れない代わりに、少しずつ歯にはダメージが蓄積されています。

そして、最終的には歯の根っこにヒビが入り、歯を抜かないといけない状況に追い込まれてしまいます。

「被せ物がほぼ壊れることはない、ということは、むしろとても恐ろしい結果へとつながりかねない、デメリットなのです。」

それに対してセラミックの場合は、歯に負担がかかりすぎて大きなトラブルが起こる前に、先にセラミックのほうが壊れてくれます。

セラミックが割れたときは、もう一度お口の中全体を考慮して、設計を見直すことで、歯を抜かないといけなくなるような大きなトラブルを事前に避けることができます。

これは特に、歯の神経をとってしまっているような歯に対しては、歯がもろくなっているためにぜひ皆さんに十分考えていただきたい、大事なポイントです。


長く自分の歯で快適にお食事をしていただくためにも、できるだけ金属を使わない治療をイターナル歯科クリニックではお勧めします。

セラミックを使った治療は通常ですと非常に高価ですが、イターナル歯科クリニックで取り入れている、「セレック」というシステムを使えば、歯の硬さに近く、高品質で優れたオールセラミックの修復物を、これまでのセラミック治療と比較すれば大変安価に、短時間で簡単に作り出すことができます。

まずは、ドクターやスタッフにお気軽にお問い合わせください。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

永久歯への生え変わりのお話

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日2月4日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



昨日は節分でしたね。

皆さんは豆まきをしたり、恵方巻を食べたりしましたか?

私も仕事が終わってから子供たちと豆まきをして、恵方巻もがっつりと食べましたよ。



さて、今日も前回に引き続き、乳歯から永久歯への生え替わりに関するお話をしたいと思います。



■歯の大きさとあごの大きさの関係
歯の生え替わりの最初の頃は、永久歯が大きすぎて不安になることもあります。

しかしあごを含めた顔全体の大きさは発育途中のため徐々にバランスがよくなっていきます。

あごの成長とともに永久歯が出てくることが理想です。



■前歯の隙間が気になる
上の前歯が生え替わるとしばらく歯と歯の間が広がった「すきっ歯」になることがあります。

しかし、その他の永久歯が生えてくると、横から押されて自然に閉じることが多いですので過度な心配はいりません。



■反対咬合(受け口)
永久歯の下の前歯が、上の前歯の前に出てくることがあります。

反対咬合も永久歯への生え替わりの際に自然と治ることもあるのですが、その確率は20%ほどと言われています。

ただし、これも早い段階であれば、簡単な矯正で治ることもあります。

歯科医院などで気軽に相談してみましょう。



■矯正のタイミング
最近はあごが小さい人が多く、歯並びが悪くなりがちです。

矯正のタイミングについては必ずしも皆さんが一致するわけではなく、人それぞれで一概には言えません。

完全に永久歯に生え替わる前にはじめた方が効率的に矯正ができるケースも多いので、歯並びに不安を感じるのであれば、歯科医院や矯正専門の歯科医院などで相談してみましょう。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:02| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。