2016年01月30日

アソアライナーの使えるケース

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月30日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日は昨日紹介した目立たないマウスピース型の矯正法、アソアライナーの適応症について説明したいと思います。


アソアライナーは、目立たなくて、痛みも少なく、短期間で効果的に歯並びをきれいにできる、大変便利な方法ではありますが、すべての歯並びがこれできれいにできるわけではありません。


アソアライナーで歯並びを動かせるのは、

・前歯の軽度の八重歯(歯並びの不揃いな状態)
・前歯の隙間があいている場合(歯間離開)
・前歯の出っ歯(歯並びのみが原因のもの、顎の骨から出ている場合は不適応)
・上の歯と下の歯の正中線がずれている場合
・歯茎が下がって、歯と歯の間に隙間があり、歯の間が黒っぽく影が見えるような場合
・以前に行った矯正の後戻りを戻す場合
・子供の歯の生え換わりをきちんときれいな位置に誘導する場合

こういった時に有効です。

逆に、アソアライナーでむいていないのは、

・抜歯をしなければいけないような大きな歯並びのずれ
・顎の骨からの出っ歯や受け口(骨格性の不正咬合と呼ばれるもの)
・歯槽膿漏で歯の揺れが強くなってしまっている場合


こういった場合にはアソアライナーは使えません。


簡単にいえば、歯並びを大きく動かさなければ無理な場合はアソアライナーだけで矯正するのは難しい、といったところでしょうか。

当然、詳しいことは一度診察を受けないとはっきりした適応、不適応の判断はできませんが、これらのことを参考にしてもらえればと思います。

アソアライナーについて興味のある方はぜひ一度ご相談くださいね。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:53| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

アソアライナーという矯正法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月29日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日よりマウスピース矯正について説明をしてきました。

今日はイターナル歯科クリニックでも使用している、アソアライナーについて説明をしたいと思います。

昨日説明したインビザラインによるマウスピース矯正が誕生してから、多くのマウスピース矯正が世界で開発されてきましたが、今最も精度が高く、日本中のクリニックで支持されているマウスピース矯正がアソアライナーです。

アソアライナーは日本で生まれ、日本各地の専門の技工所がマウスピースを作成することで、質の高い治療を提供しています。

インビザラインのように患者サイドで確認することの出来るシュミレーションシステムはありませんが、歯の動きに合わせてその都度新しいマウスピースを作成していくので、動きにズレが無く、確実に歯並びを整えていくことが出来ます。

またマウスピースを日本国内で作成するので治療開始までのタイムロスが少なく、すぐに治療をスタートさせたいと希望される方には大きなメリットとなります。

治療の流れとしては、最初に医師が診断を行い、歯型などのデータをとります。

それらのデータに基づき、国内でマウスピースを作成し、約2週間後には治療をスタートすることが出来ます。

アソアライナーのマウスピースは、同じ型で3ステップの厚みのものが用意され、1ヶ月掛けて厚みの薄いものから厚いものへとステップアップさせて行きます。


こうすることで歯を動かす時の痛みを軽減し、少しずつ、確実に歯を動かしていく効果があります。

1ヶ月ごとに歯型などのデータを随時取り直し、新しいマウスピースを作りながら治療を進めていきます。

次回はアソアライナーについて、もう少し詳しいお話をしますね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:31| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

インビザラインと呼ばれる矯正法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月28日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日はマウスピース矯正というものについて説明をしました。

今日はマウスピース矯正の中でもメジャーな種類のものを説明したいと思います。

マウスピースの元祖は、今でも根強い人気を持つインビザラインと言われています。

インビザラインは1997年にアメリカで生まれ、日本やアメリカを始め、世界中に症例実績を誇るマウスピース矯正です。

治療の流れとしては、まず最初に医師が診断を行い、歯型などのデータをとります。

それらのデータをアメリカに送り、アメリカで治療完了までの全てのマウスピースを最初に作成されて、完成したマウスピースが送られてきます。

治療開始前には、インビザライン専用の「クリンチェックソフトウェア」を用い、治療完了までの歯並びの動きを3Dにてシュミレートすることが出来ます。

治療前のプラン作りがとても重要なポイントになってきますので、しっかりとした実績のあるクリニックを選ぶことが大切です。

インビザラインによるマウスピース矯正のメリットは、世界中で実績が認められた治療法であることと、治療前に専用シュミレーションシステムによって治療完了までの流れを確認することが出来る点です。

デメリットは、日本で治療を行う際にもアメリカでマウスピースを制作・郵送しますので、治療開始までに最大2ヶ月もの時間が掛かってしまう点です。

また治療前に綿密な治療プランを作成しますが、歯が動き歯並びが整って行く過程で、どうしても動きのズレなどが生じてしまいます。

インビザラインは一番最初に最終ステップまでのマウスピースを作成してしまうので、治療途中でのズレなどのカバーが難しくなってしまいます。

当初の計画通りに歯が動かなかった場合には、マウスピースを全て作り直す必要も出てくるケースもあります。


次回はもう一つの有名なマウスピース矯正法、アソアライナーについて説明をします。



次回はそのようなマウスピース矯正の種類について説明をしたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:49| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

マウスピースを使った矯正

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月27日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、最近注目を集めている審美歯科治療の中に、マウスピース矯正があります。

いわゆる「矯正治療」なのですが、従来ようにの歯の表面や裏面にワイヤーを取り付けて行うものではなく、いつでも取り外しが出来る透明なマウスピースを使って行う治療法です。

そんな人気のマウスピース矯正の特徴と、日本製・アメリカ製のマウスピースを比較しながらご紹介していきます。


そもそもマウスピース矯正とは前述の通り、従来のようにワイヤーを使って行うものではなく(従来のこうした矯正治療をワイヤー矯正と呼びます)、着脱可能な透明のマウスピースを使って行う治療法です。

ワイヤー矯正では、

・器具が目立つ
・器具装着による違和感や痛みが強い
・ワイヤーの間などに汚れがつまり、虫歯になりやすい
・治療完了までの期間が長い

などのデメリットが上げられていました。

歯を抜かずに歯並びを整えることの出来る審美歯科治療として長年支持されていましたが、こうしたデメリットに抵抗があって治療に踏み切ることが出来ない方々も多くいました。


そんな中アメリカで登場したのが、マウスピース矯正です。

透明なマウスピースを装着し、理想の歯並びに向けて少しずつマウスピースの型を調整しながら歯を動かしていく治療法です。

最大のメリットは、いつでも取り外しができ、ほとんど目立たないことです。

装着中もほとんど目立つことはありませんが、例えば歯磨きなどの時には取り外すことができるので、虫歯のリスクなどもぐっと下げることが出来ます。

またワイヤー矯正よりも短期間で治療が完了するという特徴も持っているので、ワイヤー矯正に抵抗のあった方々にも、受け入れられている新しい矯正治療です。


次回はそのようなマウスピース矯正の種類について説明をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:05| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

人生初の雪かき

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月26日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、週末からの記録的な大寒波の影響で西日本はこれまで経験したことのないような大雪に見舞われました。

どこを見回しても、とても九州と思えないような一面雪景色で、それは珍しくてきれいだったのですが、仕事のことを考えるとやはり大変な異常事態です。

昨日は大雪の対応で朝からスタッフ総出で大変でしたよ。


私も駐車場が雪で完全に埋まっていたため、人生初となる雪かきを行いました。

まさか九州で雪かきをすることがあるなんて、夢にも思いませんでした。


IMG_1175.jpg

雪かきは大変だとよく聞くのですが、本当にきついですね。

外はもちろん寒いのですが、汗まみれになってしまって、手も足もパンパンになってしまいました。


昨日のお昼にはかなり雪が溶けてしまいましたが、溶け残った雪が今日は氷になってさらに滑りやすくなっているかもしれません。

皆さんも外出の際には足元に注意して、けがの内容に気を付けてくださいね。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

記録的な大雪

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月25日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日から全国的に記録的な寒波が到来したとのことで、年末から年始にかけての暖冬な感じから考えると、急にとてつもなく寒くなった感じですね。

しかも、ここ佐賀でも近年まれにみるような大雪となり、あたり一面雪景色となりました。

昨日は私の子供たちも雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりと、普段はめったに遊べない雪遊びを夢中になって楽しんでいましたよ。


ですが、大人としましては、雪による様々な弊害が心配ですよね。

イターナル歯科クリニックは通常通り診療を行う予定ではありますが、昨日からの雪がまだまだ道路には積もった状態で、しかも凍結の心配があります。

本日の診療をご予約されている方も、来院の際には十分気をつけて、また来院が難しいようでしたらキャンセルのお電話を頂ければ構いませんので、決して無理はされないようにしてくださいね。

途中で滑って転んでしまったり、車で事故があったりしては大変ですので、とにかく安全第一でお願いします。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:14| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

歯茎の腫れ物の治療の流れ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月23日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、昨日は歯茎に出来るオデキについて、どういったものなのかの説明をしました。


今日はそのようなオデキができている場合の治療法について説明をしたいと思います。



歯茎にできているので、原因は歯茎?と思われがちですが、このような場合の原因の多くは歯にあります。

歯の根っこの周りにたまった膿を外に出すための膨らみがオデキの正体です。

それを治療するためには次のようなことがよく行なわれます。




・原因の歯を特定する
オデキの近くにある歯が原因のことが多いのですが、少し離れた歯が原因のこともあるので、まずレントゲンなどで、原因の歯を特定します。




・被せものや詰めものを取り除きます
原因となる歯には、詰めものや被せものなどあることが多いのでこれらを取り除きます。



・歯の内部を汚れを取り除きます
歯の内部の神経の入っていた空間の汚れが原因でオデキや膿が出てくることが多いので、この空間を細いギザギザした針金のような器具でやすりがけの要領で内部の汚れを削り落とします。

一般的に「根の治療」と言われています。



・オデキが治ります
原因となった歯の内部の汚れがきれいになると、膿が作られなくなり、次第にオデキが治っていきます。



・歯の内部に詰めものを入れます
綺麗になった歯の内部に再び汚れが入り込んでこないように、詰めものを入れます。

「根に薬を詰めます」とか「根に詰め物入れます」とか説明される事が多いと思います。

この後レントゲンで詰めものを確認したりします。



・歯に被せ物や詰めものを作ります
被せ物や詰めもので歯の形を元に戻します。




たいていの治療法はこのような過程を通ります。

ただし、このオデキの原因が根っこにひびが入っていることにあったり、極端に進んでしまった歯周炎であったりする場合は、その歯を抜かないといけなくなるケースもあります。

当然、放置されている期間が長ければ長いほど、あとの治りが遅くなったり手遅れになってしまったりする可能性が高くなってしまいますので、このようなオデキができているのに気づかれている方は、一度歯医者さんに相談してみることをお勧めしますよ。





イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:03| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

歯茎に腫れものができたとき

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月22日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、歯茎の付け根のほうに気がついたら「オデキ」のような腫れものができていてなかなか治らない…。

気になるけど歯肉も歯も痛くない、どうしてこんな状態が続くのか?などと思っている方はいらっしゃいませんか?


今日はそのようなケースがどういったことが考えられるのかについてお話をしたいと思います。



このような腫物の特徴としては、次のような場合が多いです。


・痛みはない
歯も歯肉もあまり痛くもなく、オデキの膨らみが少し気になる程度です。



・場所は歯肉にできる
歯肉にオデキのような腫れ物が出来る時には、歯と歯肉の境目から歯の根の方向に5〜10ミリの場所に出来るのをよく見かけます。

大きくなるとプクッと膨らみ先端から膿が出ていることもよくあります。



fistel03-7793e.gif



・形は「肉まん」型
オデキは、「肉まん」型の山のような盛り上がりで、直径は1〜5ミリ程度と小さなものです。

大きくなると全体が腫れてしまうため、10ミリ以上の大きなものはまれです。



・押すと膿が飛び出す
山の頂上部分には、小さな穴が開いて、山の周囲を舌や指で押すと中から液体(膿)が出てきます。



・時々大きさが変化する
疲れが溜まったりすると大きくなったり、腫れたりしますが、しばらくそのままにしておくと元の大きさに戻ったりを繰り返します。




このような症状は、実はそのオデキの上に当たる歯の根元に膿がたまっている、ということが多いです。

その根元にたまった膿が腫れものとして外側に膨らんでいるわけなんです。


原因としては、歯の神経の先に感染を起こしていたり、歯周病が深くまで進行して歯茎の奥深くまで細菌が入り込んでいたり、歯にひびが入っていたりする場合があります。


したがって、痛みや症状がないとはいえ、このようなことに身に覚えのある方は一度歯科医院できちんと確認してもらうことをお勧めしますよ。


次回はこのような症状に対して、どのような治療を行うのかについて説明をしたいと思います。









イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:12| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

FAPホワイトニング法について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月21日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、前回は一般的なホワイトニング法のデメリットとリスクについてお話をしました。

今日は、イターナル歯科クリニックでも行っている、FAPホワイトニング法と呼ばれる、特殊なホワイトニングについて説明をしたいと思います。



実は、現在日本で行われているホワイトニング法のほとんどが、海外から輸入されてきた薬剤を使用しているのです。

つまり、もともと外国人の規格に合わせて作られているもので、日本人などのアジア系の人には、ホワイトニング剤の質がやや合わない場合もあるようです。


その点、FAPホワイトニング法は日本人が開発した方法です。

山岸一枝先生がその画期的な方法を開発されました。


通常のホワイトニング法は、歯のエナメル質を溶かしてザラザラな面にするのに対し、FAPホワイトニング法は、その独自の薬剤成分により、歯の表面にフッ化アパタイトというものを形成します。

フッ化アパタイトとは、フッ素を取り込んだ、虫歯になりにくい強いエナメル質です。

エナメル質を人工的に作り出すという技法は、世界的にみても例のない、大変画期的なことで、この研究成果は、科学技術で有名な、イギリスの「ネイチャー」という雑誌にも取り上げられました。

これがその時のことが記事になった新聞です。




fap2520news-ba1f8-18955.jpg





FAPホワイトニング法では、このようにして歯の表面に作り上げられた、フッ化アパタイトの厚みによって、歯を白く見せることができます。

そして、このフッ化アパタイトは歯と同化してしまうものですので、そのうちになくなってしまうものではありません。


つまり、後戻りがないのです。

しかも、フッ化アパタイトは、虫歯になりにくい、強いエナメル質の成分なので、同時に歯を強くすることができるのです。


ホワイトニングで歯を白くしながら、虫歯になりにくい強い歯にし、さらに後戻りすることもない、まさに非の打ちどころのないホワイトニング法なのです。



みなさん、このFAPホワイトニング法に興味がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。









イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:18| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

ホワイトニングで考えられるデメリット

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月19日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日は一般的なホワイトニング法の原理について説明をしました。

今日はそのようなホワイトニング法を行った際のリスクや、デメリットについて説明をしたいと思います。


ホワイトニングの原理として、歯の表層であるエナメル質を薄く一掃溶かして、ザラザラな面にすることで歯を白く見せるのだということは、昨日のブログの内容で説明しましたよね。


しかし、この表面を溶かすという行為は、言い換えれば歯の表面を傷つけるということです。

その結果、考えられるリスクは



・歯の表面がもろくなる

エナメル質は歯の表面をガードする、一番固い層です。

ここを溶かすわけですので、通常の歯と比較すれば、屋や虫歯になりやすい、もろい状態になります。



・歯の表面が着色しやすくなる

表面がザラザラな面になるわけですので、通常の歯と比較すると、茶渋や煙草のヤニといった、着色がつきやすくなってしまいます。



・歯がしみることがある

歯の表面を溶かす際の刺激で、歯が刺激に弱く、しみやすくなってしまう場合があります。

これは個人差がありますので、必ずしみるわけではありませんが、人によっては結構しみる感じが強いようです。



これらの他に、一般的にホワイトニングには「後戻り」と呼ばれる、その名のとおり、一度白くなった歯の色が、また元のように黄色く戻ってしまう現象が起こります。

これはなぜかといいますと、一度ホワイトニングによってザラザラになった表面も、「再石灰化」(さいせっかいか)と呼ばれる能力によってまた元のように固められて平らになってしまうからなのです。

再石灰化とは、唾液の中のカルシウム系の成分によって、虫歯などでちょっとだけ溶けた歯の表面がふたたび自己修復されて固められてしまう現象のことです。

このような機能が唾液にはありますので、最近では歯磨きがきちんとできていれば、ほんの少しだけ溶けかかってしまった虫歯などは、また治る可能性があるといわれているのですよ。


このような自己修復能力によって、ホワイトニングで溶かした表面も、また平らになってしまえば、エナメル質の透明感が戻って来て、また下の象牙質の色が透けて見えてきて、歯の黄色みが戻ってくるというわけです。

したがって、ホワイトニングで白さを持続させるためには、定期的にホワイトニングをし続けなければいけないのですね。



これらに対して、イターナル歯科クリニックでは、ある画期的なホワイトニング法を行っています。

「FAPホワイトニング法」と呼ばれる方法です。



次回はこのFAPホワイトニング法の特徴について説明をしたいと思います。










イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ホワイトニングで歯が白くなる理由

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月18日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて今日は、ホワイトニングではどのような原理で歯を白くできるのかについて説明をお話ししようと思います。



現在様々な方法のホワイトニング法があり、いろいろな薬剤が開発されているのですが、ほとんどの方法について、その歯を白くするための原理は同じなのです。

そもそも、人の歯の構造について簡単に説明すると、歯の一番外側にはエナメル質と呼ばれる、半透明の固い層があり、その内側には象牙質と呼ばれる黄色っぽい層があります。


歯の色が黄色っぽく見えるのは、この象牙質がエナメル質を透けて見えるからなのです。


そしてホワイトニングとは、このエナメル質の表面にお薬を塗って、歯の表面を薄く一層溶かしてザラザラな面にするのです。

こうすると、透明なガラスが表面がざらざらのすりガラスになると、白っぽく見えるのと同じで、光のを表面で乱反射させて、その下の象牙質の色を隠してしまおうというのが、ホワイトニングの原理なのです。

しかし、実はこのような方法にもいくつかのデメリットがあります。


次回は、そのようなデメリットについて説明をしたいと思います。









イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

ホワイトニングの基礎知識

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月16日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、歯のホワイトニングという言葉をご存知ですか?

かなり一般的にはなってきている言葉ですが、どういったことをするのかはよくわからない、という方も多いと思います。


ホワイトニングには実は様々な方法がありますが、今日は一般的なお話をしましょう。



歯のホワイトニングとは、自分の歯を削ることなく歯の表面を漂白するように白くして、歯の色を白くする方法です。

ホワイトニングが一般的になる以前は、歯の色を白くするために、歯を削りセラミックの歯を被せたりしていましたが、最近では歯を削ること無く、白くすることができるようになりました。




歯のホワイトニングをこれから受けようとする前の段階で、出来ればやっておいた方がよいのは、次のようなことです。


・虫歯の治療
大きな虫歯があるとホワイトニングの際に薬剤が虫歯に入り込み、痛くなる恐れがあるので、出来れば虫歯の治療が終わったあとが理想です。



・歯石取り
歯磨きの際に、歯茎からの出血などが見られる場合、歯の周囲に歯石が付着している可能性があります。

歯石が付いていると、まれにホワイトニングの際にしみや痛みがあったり、ホワイトニングの効果が落ちることがあります。



・歯の表面の汚れ落とし
ホワイトニングを開始する1週間ほど前には、歯医者さんできちんと表面の汚れをお掃除してもらった方が、効果的に薬剤を利かせることができます。





ホワイトニングには、大きく分けると、自宅で自分でホワイトニングを行う、「ホームホワイトニング」と、歯科医院でホワイトニングをしてもらう、「オフィスホワイトニング」の二種類があります。

それぞれの特徴は下記のような感じです。


ホームホワイトニング
自分でホワイトニングを行うため、薬剤の濃度が低く設定されています。


どのような方にもある程度の効果を期待することができます。

ホワイトニング前の歯の色や歯の質に、左右されにくく、オフィスホワイトニングで効果を感じられなかった場合でも、こちらに切り替えることで、さらに白くなることもあります。

ただし時間や期間がかかるのと、自分で頑張らないといけないため、面倒くさがりやの人には向いていません。



オフィスホワイトニング
ホワイトニング前の歯の色や質がごく普通であれば、効果が発揮されます。

さらに効果の出やすい歯の色や質であれば、短時間で劇的な効果が期待できる場合があります。

しかし一般的に「後戻り」と呼ばれる、歯の色がまた元に戻ってしまう現象が起こりやすいようです。

したがって、白さを持続するためには定期的にホワイトニングを受け続ける必要があります。



次回はホワイトニングの原理について説明をしたいと思います。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:14| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

歯ブラシを交換しよう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月15日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。

さて、今日もインフルエンザ対策のお話をしたいと思います。

突然ですが、歯ブラシを最後に替えたのはいつですか?

「覚えていない」という方も結構多いのではないでしょうか?

お口の中にはたくさんの細菌がいるという話を聞いたことがあるかとは思いますが、大人の口の中の細菌数は、

歯をよく磨く人で、1000〜2000億個

あまり歯を磨かない人で、4000〜6000億個

ほとんど磨かない人で、1兆個と言われています。


その細菌を掃除するのが歯ブラシの役目ですから、使用するうちに歯ブラシ自体にも細菌が繁殖するのは当然のことです。

しかも、長い間使い続けて毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、効果的に歯垢を落とせなくなります。

新品の歯ブラシと比較すると、歯垢除去率は40%に低下するそうです。

口腔内を清潔に保つためにも、1カ月に1本を目安に交換しましょう。

歯磨きのタイミングや手順ちょっと意識するだけで、インフルエンザの予防につながります。

うがい・手洗いはもちろん、歯磨きもプラスして、インフルエンザなど、感染症を予防してくださいね!




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:23| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

インフルエンザ対策の歯磨き

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月14日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM0:00、PM3:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、最近また急に寒くなってきました。

テレビのニュースでもインフルエンザが流行し始めているという話も出ています。

インフルエンザの予防として、手洗い、うがいの徹底やマスクの着用はよく知られていますが、実は歯磨きも効果的なことをご存じですか?

今日は、インフルエンザやノロウイルスなど、ウイルスや細菌による感染症を予防する効果的な歯磨きについてご紹介したいと思います。


そもそも、お口の中には驚くほど大量の細菌が生息しています。

口の中には約30億〜6000億もの細菌が存在するとも言われますが、これらの細菌はプロテアーゼという酵素を出す特性があります。

口腔内を不潔な状態にしておくと細菌が増殖しますし、何より厄介なのは、プロテアーゼがインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする働きがあるということです。

つまり、不潔な状態にしておく ➡ プロテアーゼの量が増える ➡ インフルエンザに感染しやすくなるということなのです。

実際に、介護施設や小学校などで歯磨き指導を徹底したところ、インフルエンザ罹患率が低下したという報告もあるのです。

歯磨きはインフルエンザ予防に一定の効果がみられることを理解して、今夜からしっかり歯磨きを励行したいものですね。

それでは、どのような歯磨きを行えば、インフルエンザ対策となるのでしょうか?


インフルエンザなど、感染症予防に取り入れてほしい歯磨きのポイントは、以下の3つです。


◎夜は、特に念入りに磨く
寝ている間は唾液量が減り、細菌が繁殖しやすい状態になるため、寝る前の歯磨きを丁寧に行うと細菌の増殖を防ぐ効果があります。


◎朝は、起きて、すぐ磨く
睡眠中に繁殖した細菌が口腔内に多く生息する起床時。

うがいや歯磨きをしないまま飲み物を飲んだり食事をすると、体内にウイルスや細菌を取り込んでしまうことになりかねません。

一説によると、起床時の口腔内にはスプーン1杯分の大便があるのと等しい細菌が生息しているという説もあるので、起床時は朝食前に歯磨きを行うことが肝心なのです。


◎舌も磨く
細菌は歯だけではなく、舌の上に多く生息しているため、歯磨きの際には舌磨きも忘れずに行いましょう。

歯ブラシで数回、舌をまんべんなく軽くこするだけで大丈夫です。

ただし、舌の粘膜はブラシでこすると傷ついてしまうため、専用の器具を使って磨くのが望ましいでしょう。

過度にゴシゴシこするのは舌を傷つけてしまうので、気を付けましょう。


いかがでしたか?


次回もインフルエンザ対策の歯磨きについてお話したいと思います。

イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:13| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

社員旅行

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月13日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、先日の日、月の連休で、イターナル歯科クリニックの社員旅行に行ってきました。

今回の旅の目的地は、東京ディズニーシーでしたよ。

朝から佐賀空港に集合して、朝一の便で羽田に向かい、そこからシャトルバスでディズニーに行きましたよ。

飛行機もバスも非常に順調に進み、9時過ぎにはディズニーシーに到着しました。

現地ではみんなで思い思いに別れて遊んだのですが、みんなかなり楽しんだようでした。

私もそれぞれのグループに合流しながらとても楽しい時間を過ごしましたよ。



DSC08164.jpg


夕方7時くらいまでディズニーで遊んで、それから品川にあるシンガポール料理屋さんで宴会となりました。

シンガポール料理は私は初めてだったのですが、とてもおいしかったですよ。

特にここの名物は、マッドクラブと呼ばれるカニを使った料理で、とてもかたい甲羅に覆われたカニなのですが、チリソースで煮込まれていて、辛いけど絶品の味でしたよ。



DSC08186.jpg


みんなでとても楽しい時間を過ごすことができました。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:05| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

定期検診の必要性

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月12日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日も前回に引き続き、経過観察になるむし歯のお話をしたいと思います。


歯医者さんなどで、「この虫歯は経過観察しましょう」と言われたとしても安心は禁物です。

実は経過観察中の虫歯が進行してしまい、見た目は小さな黒い点だったものが、内部で大きな空洞を作る虫歯にまでなってしまうこともよくあります。

以前は初期虫歯を見つければすぐに削って詰めたのですが、最近は進行が遅い「ゆっくり虫歯」も多いことからすぐには削らず、「経過観察」とするケース自体が多くなってきているためです。

経過観察虫歯が進行するかどうかは、歯のブラッシング、唾液の再石灰化能力、歯自体の硬度などが、重要となります。

10代〜20代では、永久歯に生え変わってから徐々に歯の石灰化による歯自体の硬度が高まり、虫歯の進行を止められることが期待できる反面、まだ柔らかい歯の内部への急速に進行していくというリスクも伴います。

50代以降では、唾液の分泌減少によって、再石灰化が起こりにくくなり、それまで防ぐことができた、経過観察虫歯が徐々に内部に進行してしまうことも考えられられます。

「なるべく削らず」は理想ですが、少しでも内部への進行していく様子があれば、すぐに削って埋める方が歯の寿命を延ばせることも考えるべきです。

そのため経過観察の期間は最高でも6ヶ月程度として、その都度診断されることをおススメします。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

経過観察の虫歯のケアの仕方

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月9日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、今日は前回に引き続き、経過観察になるむし歯のお話をしたいと思います。

歯医者さんで虫歯だけど今は経過観察にしましょうといわれた場合、どのように管理していけばいいのでしょうか?

歯のかみ合わせ面の凸凹部分に、黒い小さな点が見つかったり、溝が黒くなった場合が経過観察となる最も多いケースです。

そんな時に歯を削らずに済ませるためのヒントをまとめました。



・プラークの付着をできるだけ取り除く
虫歯になってからでも遅くはありません。

歯の溝は、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラークが残りがちです。

プラークは歯の表面を溶かすだけでなく、唾液が直接虫歯に触れることを邪魔するため再石灰化の効果を高めるためにも、しっかり取り除く必要があります。



・フッ素入りの歯磨き粉の利用
フッ素は歯の表面を緻密にして、硬度を高める働きがあります。

歯が硬いと虫歯の出す酸に溶けにくくなり、さらに再石灰化の効果も高めます。



・よく噛んで食べる
よく噛むということは、硬いものを力をいれてしっかり噛むということではありません。

リズムよく適度な強さで、長く噛むということです。

よく噛むことで唾液の分泌が増し、歯の溝に食べ物が擦れることでプラークが取れて綺麗になる効果も期待できます。



・粘着性の間食には注意する
歯の溝などに残りやすい粘着性のあるものは、溝の虫歯を進行させやすくなります。

食後や歯みがきの際に、溝に残っていないか確認したりしましょう。



いかがでしょうか?

以上のことを気を付けて毎日お口の中をケアしていきましょう。

次回も経過観察になったむし歯の話の続きをします。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:01| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

経過観察するむし歯

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月8日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、歯医者さんの治療といえば、まず頭に浮かぶのはむし歯の治療だと思います。

むし歯は削って埋め治すものだと思っている方も多いでしょう。

しかし、最近ではむし歯であればすべて削るというわけではありません。

削らずに様子を見ることができるむし歯もあるのです。

今日はそのような経過観察になるむし歯についてのお話をしたいと思います。


虫歯なのに症状が進行しないメカニズムで重要なのは、「再石灰化」という歯の自己修復機能です。

虫歯は歯にプラークが付着した後に、プラーク直下が酸によって溶かされて穴が開いていきます。

同じように歯は、酸性の食べ物にさらされ続けると歯表面全体が脱灰して溶けていきます。

これらはほぼ毎日食事のたびに繰り返されているのですが、唾液に含まれるカルシウムイオンなどによって、溶けた部分の修復も繰り返されているのです。

そのため、虫歯の進行速度より自己修復機能が、上回っている場合が進行しない虫歯の条件となります。

さらに、虫歯の深さも重要です。

虫歯の発見時の深さが、エナメル質に限局していなければなりません。

エナメル質は酸に強く硬いため、虫歯の酸に抵抗性があります。

しかも唾液に常に触れているため、再石灰化が起こりやすく進行が抑えられやすいのです。

歯を削る治療が必要な虫歯というのは、発見時にすでにエナメル質よりも先に進行している虫歯です。

エナメル質の内部は、象牙質があり柔らかく溶けるスピードが速いため、内部で広がりやすくなっています。

しかも象牙質に虫歯が入り込むと外部からの唾液が届きにくく再石灰化もあまり期待できません。

虫歯になった象牙質は歯の神経に刺激を伝えるため、しみたり、時々痛くなったりなどの症状が現れるようになります。


したがって、酸による歯の浸食よりも唾液による自己修復能が勝っているお口の環境で、むし歯の状態が深すぎなければ、経過観察をしても大丈夫だということになります。


明日ももう少しこのお話の続きをしますね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:00| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

北海道グルメ

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月7日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、今日もお正月期間に北海道旅行に行ってきた時の報告をしたいと思います。

私が昔からいつか食べてみたいと憧れていたものの一つが、豪快な海鮮丼です。

北海道は海鮮系がとてもおいしいイメージがありますので、ぜひいつか北海道で食べきれないような海鮮丼を食べてみたいと思っていました。

そして、ついにその夢を今回かなえることができましたよ。



IMG_1112.jpg


この海鮮丼、見た目よりもさらに分厚く海鮮が盛り付けてあって、食べても食べてもなくならないくらいでしたよ。

しかも、どの魚介も新鮮で、最高においしかったです。

これ以外にもたくさんおいしいものを食べましたので予想はしていたのですが、正月期間中に少し太ってしまいました。

これからは少しダイエットしないといけないな、と思っています。

でも、やっぱりおいしいものは食べたいですよね。

また北海道に行ける機会があれば、ぜひ今度も豪快な海鮮丼を食べたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

雪遊び

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日1月6日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、今日もお正月期間に北海道旅行に行ってきた時の報告をしたいと思います。

冬の北海道といえば、やっぱりウィンタースポーツですよね。

九州では体験できないような、一面雪景色を楽しんできましたよ。


IMG_1050.jpg


私も最初はスキーをやる気満々だったのですが、久しぶり過ぎてちょっとけがが怖くなってしまって…。

実際はスキーをせずに、子供たちと雪遊びをする程度に終わりました。


IMG_1039.jpg


IMG_1010.jpg


それでも、普段は経験できない大量の雪を十分楽しめました。


子供たちはこの後スキーを楽しみましたよ。

防寒対策もばっちりしていきましたので、寒さ知らずで思いっきり遊べました。


明日は北海道グルメの報告をしたいと思います。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:14| 佐賀 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする