2015年10月31日

ハロウィン

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月31日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、今日はハロウィンですね。

ここ最近のハロウィン人気はものすごいものを感じませんか?

なんだか、クリスマスよりも盛り上がっている気がします。

今年はシルバーウィークにユニバーサルスタジオに遊びに行ったときに、子供たちにハロウィンの衣装を着せると、とても楽しかったので、仮装の楽しさをちょっとわかった気がします。

来年は私も何かのハロウィンイベントに仮装して参加したいなと、ちょっと思っています。

皆さんはどうですか?

今日ハロウィンのイベントを楽しむ予定がある方は、思いっきり楽しんできてくださいね。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:43| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

ペッパー君活躍中!

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月30日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、イターナル歯科クリニックには現在話題のロボット、「ペッパー君」が待合室にいて、ご自由に遊んでいただくことができます。

日々そのシステムもアップデートされているようで、だんだんおしゃべりも達者になり、いろんな面白い反応をしてくれますよ。

子供たちはもちろん、大人の方にも大変人気ですよ。

いろんな人がペッパー君に話しかけて、遊んでくれているようです。



DSC_0034.jpg


いっしょに写真を撮ったり、ちょっとしたゲームで遊んだりと、待合室ではペッパー君の反応に、つい皆さん笑顔になるようですよ。

イターナル歯科クリニックに来院された際には、ぜひペッパー君とふれあってみてくださいね。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:41| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

口内炎について知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月29日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、舌や唇の裏側などにできる口内炎、ヒリヒリして痛いですよね。

今日はそんな口内炎についてのお話をしたいと思います。

最も一般的な「アフタ性口内炎」では、原因が不明なので確実な予防法というものはありませんが、体の抵抗性が低下しないようにすることや、慢性的な粘膜への刺激が繰り返されないように心がけることは、口内炎予防に役立つと考えられています。



■口内炎の予防のポイント
1. 体調管理
疲れが溜まったり、睡眠不足、ストレスなどが重なった際に、口内炎が起こることがあります。

2. 煙草や温度刺激に注意
煙草や70℃以上の温度刺激が原因となって、口内炎になりやすい場合があります。

3. 口の中を清潔に保つ
プラークや歯石など口の中が汚れている場合などは、口内炎になりやすい場合があります。

4. 入れ歯や咬み合わせもチェック
合わない入れ歯を使っていたり、削れて鋭く尖ってしまった歯や、頬を噛みやすいなどの状態は、口内炎になりやすいと考えられます。



■口内炎の治療
口内炎は、しっかりとした食事や睡眠をとることで、1〜2週間程度で自然に治るのが一般的です。

2週間以上続くときや、短期間に数が極端に増加し場合などは、一度病院での検査をオススメします。

小さいうちになるべく早く治してしまいたいという場合には、口内炎用の薬なども有効です。

病院では副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)、抗菌剤の軟膏などを処方するのが一般的です。

概ね2〜3日で治るようです。

歯や入れ歯などの尖った部分が原因の場合には、そのような部分を丸める調整が必要になることもあります。

痛い時は我慢せずに、歯科医院に相談してくださいね。




イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

歯根膜に関する豆知識

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月28日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、先日から歯と骨を結び付けている、歯根膜についていろいろとお話をしてきました。

今日はその歯根膜に関する豆知識をお話したいと思います。



■ 歯根膜は歯の矯正に役立つ
歯に力を加えると歯根膜や骨の血流が悪くなって、骨を溶かす細胞が現れて、歯を移動させることができるようになります。

歯根膜が退化してしまって、骨と歯が本当にくっついてしまっている場合には、矯正の力をかけても歯は動きません。


■ 歯根膜が病気になることがある
許容以上の強い衝撃や、虫歯や歯周病などの細菌が入り込むなどすると、炎症を起こします。

歯の神経をとってしまっていても、硬いものを噛むと痛かったり、歯が浮いた感覚がしたりするのはこの歯根膜の炎症が原因です。


■ 歯根膜は現在は人工的に再現できない
チタン製の歯を埋め込むインプラント(人工歯根)に歯根膜は再現できていません。

ですので、インプラントと普通の歯ではほんの少し噛んだときの感覚が違うと言われています。


■ 歯根膜は歯を抜く時に利用される
歯と骨の隙間に歯根膜があるおかげで、歯を緩めやすく抜くとき役立ちます。

もし癒着していると、歯の周囲の骨を削全て削らなくてはならないのでかなり大変です。




歯根膜の直接的メンテナンスはありませんが、歯周病が進行すれば、あごの骨が溶けてなくなり、歯根膜も無くなって歯が緩んでいきます。

それにしても普段見えない歯の土台にすでに免震装置が備わっているなんて、すごいことですよね。








イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

歯根膜の役割

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月27日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



さて、先日は歯が揺れる原因となっている、歯根膜という構造があるという話をしました。

今日はその歯根膜について、もう少し詳しい話をしたいと思います。


歯根膜内部では、歯とあごの隙間に無数の繊維が横断して歯を固定しています。

その繊維の方向は一定方向ではなく、歯が動いても抵抗するよう、様々な角度に配置されています。

イメージ的には噛む際の衝撃や、歯を引っ張っても抵抗するような繊維のじん帯です。

歯根膜の機能は、衝撃吸収や、歯をあごの骨の中に留まるように弾力を持たせつつ固定する、噛んだ感触を脳に伝える役割などです。

さらに歯根膜は、衝撃を吸収するための繊維だけでなく、セメント質に栄養を補給するための血管も持っています。

歯根膜からセメント質へ栄養を補給することで、実は私たちは多くのメリットを得ているのです。

よく歯の神経を抜くと歯に栄養が行かなくなると言いますが、歯そのものは抜けてしまうことはありません。

それは神経を抜くことで栄養が届かなくなるのは歯の内部の象牙質だけだからです。

歯を固定している、骨〜歯根膜〜セメント質の部分は、外側から栄養が補給されるため、神経を抜いても歯が骨から外れて抜けずに使用することができます。

もしセメント質が歯の内部から栄養を受け取っていれば、歯の神経を抜いてしまえば、歯も抜けてしまうでしょう。

このように、歯根膜は歯を残すために大切な役割を担っているわけですね。


次回も歯根膜に関する豆知識をお話ししたいと思います。







イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:54| 佐賀 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

歯が揺れる原因について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月26日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。


さて、ある日ふと歯を触ってみたら歯が揺れてびっくりした経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

歯が揺れる場合には当然病的な原因がある場合もありますが、実は健康な歯でも少しは揺れるものなのです。

今回は、そのような歯の揺れる構造について説明したいと思います。



歯は毎日噛むことでかなりの衝撃を受けます。

それらの衝撃から歯を守ってくれるためも歯根膜という組織があります。


健康な歯でも、指で前後に揺らすと多少揺れる感じがするのは、この組織があるためです。

まるで建物の免震装置と同じような免震構造を持っています。

この歯根膜は歯とあごの骨の間にあります。


20110622periodontalmenbrrane.jpg


上の図の、緑色で囲まれているところが歯根膜が存在する場所です。

歯の根の表面では、0.1mm程度の薄いセメント質が、象牙質の表面を覆っています。

歯とあごの骨の間には0.2mm程度の隙間がありますが、セメント質とあごの骨の間にあるのが歯根膜で、厚さは概ね0.2mm程度の繊維状の組織です。

健康な歯でも指で動かすと揺れるのは、この歯根膜の機能のおかげで異常ではありません。


明日も歯根膜について、もう少し詳しいお話をしますね。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:05| 佐賀 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

海ノ中道海浜公園

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月24日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。



先日、家族で海ノ中道海浜公園に遊びに行きました。

ここには私自身、記憶にほとんど残らないくらい昔にしか行ったことがないため、なんとなくで行ってみたのですが、ものすごく広い園内に様々な施設があり、予想以上に楽しいところでしたよ。

秋らしく、園内はコスモスなどがたくさん咲き乱れていて、とてもきれいでした。


DSC07316.jpg

また、園内には子供が喜びそうなアスレチックがたくさん設置してあり、なかでもものすごく大きな、「クジラトランポリン」と呼ばれる遊具は、たくさんの子供たちが夢中になって飛び跳ねていましたよ。

私の子供たちもトランポリンの上では寝たり転げまわったりと、見ているこっちが疲れてしまうくらい楽しそうに遊んでいました。


DSC07312.jpg


それに、ちょっとした動物園のようなものもあり、たくさんの動物と触れ合える施設もあります。

私の子供たちは普段接することのできない、かわいらしい動物をたくさん触れて、とても満足そうでしたよ。

なかでも、モルモットを抱いているのが一番楽しかったようです。


ほかにも、ポニーに乗ることができたり、大きな亀とふれあえたり、ミニブタと遊んだりと園内を満喫していました。


園内のフラミンゴです。


DSC07349.jpg


園内はとても広いため、自転車をレンタルして様々な施設を回ったのですが、それでも回りきれないくらい広すぎました。

他にも植物園やバラ園など様々なところがあったようですが、まったく見ることができなかったので、また近いうちに再チャレンジしたいと思っています。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:51| 佐賀 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

ガイドサージェリーの気を付けるポイント

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月23日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日よりよりインプラントの手術を安全に行うための方法、ガイドサージェリーについて説明をしてきました。

しかし、どのような方法でも十分気をつけていなければトラブルというものはつきものです。

今日はガイドサージェリーではどのようなことに気をつけないといけないのかについて、お話をしたいと思います。


この方法のメリットは、きちんとガイドを設置すれば、間違いなくシミュレーション通りのオペができるということなのですが、逆に最初の設置が間違っていれば、もしくはオペ中にガイドのマウスピースがずれてしまうと、これもまた間違いなく予定した位置と違うところにインプラントの穴をあけてしまうというところです。

こういったトラブルを防止するために、マウスピースには様々な工夫がしてあります。

口の中でずれがないように、早歯ぐきの形に添ってぴったりと作られているのはもちろんのこと、メーカーによって詳細は違いますが、マウスピースがずれないようにマウスピースを骨に固定するための穴やピンがついていて、オペ中は直接固定してしまうような工夫がされています。

システムを過信することなく、きちんとチェックを忘れることなくこのシステムを使うことで、格段に増した安全性を得ることができます。

イターナル歯科クリニックでももちろんこのシステムを取り入れていますので、興味のある方はご相談ください。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:58| 佐賀 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

ガイドサージェリーの説明

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月22日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日はインプラントを安全に行うための方法として、ガイドサージェリーというものがどんどん取り入れられているという話をしました。

そして今日は、そのガイドサージェリーとはどういったものかをより詳しく説明したいと思います。


まず、ガイドサージェリーを行うに当たって、通常通り術前のCT撮影を行い、そのデータをもとにコンピューターで手術のシミュレーションを行います。


marker_ph24-9f81e.jpg


そして、最近ではそのようなシミュレーションソフトのメーカーによってはオペ用のステントというものをシミュレーションデータに基づいて作ってくれるシステムがあります。

これは、あらかじめそのデータに合わせてインプラントを入れたい骨の部分に穴があいているプラスチックのマウスピースのようなもので、この穴の位置、大きさ、角度は精密に計算されていて、既定のドリルをその穴の中に根元まで通すだけでシミュレーションデータと寸分たがわぬ位置にインプラントを入れる穴が掘れるように計算されているのです。


Lguide1-409d5.jpg


この方法を用いれば、誰でもシミュレーション通りの安全なインプラントを実行することができます。

当然この方法にも気をつけないといけないポイントはあるのですが、これまでの経験と勘に基づいた手術と比較すると、比べ物にならないくらい確実な方法だと言えます。

しかし、どのような方法にも完璧ということはあり得ません。

次回はこのような方法を用いるにあたっての気をつけるポイントについて説明をしたいと思います。






イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

安全なインプラント手術を行う方法

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月21日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日よりインプラントについていろいろとお話をしてきました。

インプラントを安全に行うための技術は日進月歩で次々と新しいシステムが開発されています。

その中で最近注目されつつあるのは、「ガイドサージェリー」と呼ばれるシステムを用いた手術です。

通常、インプラントは骨の中に穴を掘って、金属の柱を埋め込む手術を行うのですが、骨の中は目で直接見ることができないために、誤って骨を突き抜けてしまう可能性や、骨の中の大事な神経や血管を傷つけてしまう可能性、骨の厚みや密度が不十分なためにインプラント手術に骨が耐えられない可能性など、様々な危険な要因がインプラント手術にはつきまといます。

そのような不安を解消するために、最近では昨日説明したようなCT撮影を用いた事前のシュミレーションというものを行うのがスタンダードとなってきました。

インプラント手術を行う前にCTを撮影することで、事前にインプラントを行いたい場所の骨の状態をより正確に把握できるようになりました。

それまでは通常のレントゲンでは、インプラントを行いたい場所の骨の深さくらいは分かっても、どうしても2次元的な情報しか得られないために、様々な危険の可能性がありました。

それをCTを撮ることで、立体的にその部位の情報が得られるために、通常のレントゲンだけでは読み取ることができなかった様々な詳しい骨の状態を確認し、安全なシュミレーションを行うことができます。

しかし、ここでまた気になるのはいくらシュミレーションをしたとしても、実際に手術をするときのヒューマンエラーの可能性です。

十分なシュミレーションを行っていたとしても、手術中についドリルを入れる角度を間違ってしまったりすると、結局大きな事故へとつながる可能性が出てきます。

そこでそのようなミスをできるだけなくすように考えられたのが、「ガイドサージェリー」というシステムです。

これは、CT上でシュミレーションしたことをそのまま実現できるような工夫がなされています。

それがどのようなものなのか、次回詳しくお話ししますね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

シミュレーションの重要性

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月20日(火)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて先日よりインプラントについていろいろと説明をしていますが、今日はインプラント手術について大事なことをお話ししたいと思います。


インプラント手術には当然たくさんの大事なポイントがあるのですが、私は何と言っても、術前のきちんとした検査が大事だと思います。

インプラントは、最近はかなり一般的に行われるようになり、技術の進歩に伴って成功率も高く、気軽に行えるような感じになってきましたが、やはり骨の中に穴をあけるという少々複雑な外科処置を行わないといけないという現実があります。

きちんとした検査、シミュレーションがなされていなければ、万が一の場合の大事故へとつながる恐れもあるのです。


インプラントの際に心配なのは、まずは骨の厚み、量です。

十分な骨の厚み、量がなければインプラントをきちんと固定できませんし、最悪の場合骨から突き抜けてしまう可能性があります。

以前はこの厚みは平面的なレントゲンでしか確認できなかったため、手術をする歯科医師の経験や勘で手術が行われていたのですが、現在はCTという便利な技術があります。

CTスキャンを使えば、手術をする場所にどの程度の骨があるのか、骨の固さはどうか、大事な神経や血管が近くに通っていたりしないかなど、多くの情報を得ることができます。


ph_diag-3ce65.jpg


これをもとに、術前に十分なシミュレーションを行うことができますので、手術の安全性が飛躍的に高まります。

イターナル歯科クリニックでも、インプラント手術の際は必ずCT撮影を行い、最も安全にインプラント手術を行える場所をシミュレーションしてから実際の手術を行うようにしています。


どんなにキャリアのある先生であっても、見えない場所を経験と勘だけで手術を行うのと、事前に骨の中の状態を把握して手術が行われるのでは、安全性が違うだろうというのは、容易に想像がつきますよね。

インプラントを考えられている方は、できるだけ術前にCTでの検査をしてもらうことをおすすめしますよ。

明日はさらにインプラントを安全に行うための、現在の最新技術についてご説明をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 07:04| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

インプラントの手術の内容について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月19日(月)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて今日は前回までの流れで、インプラントの実際の手術法についてご説明をしたいと思います。

インプラントは骨の中に金属の柱を立てる方法ですので、必ず手術は必要となります。

ただし、手術を受ける方が何らかの疾病にかかっていて、手術自体に非常な危険が伴ったり、一度にたくさんの部位にインプラントをする予定を立てているなど、特殊なケースを除けば、1〜2時間ほどの間で終わり、入院の必要もなく、その日のうちに通常通りの生活を送ることができます。


手術はまず、麻酔から始まります。

これも通常は全身麻酔などは使わず、手術の場所だけ麻酔する、局所麻酔で十分です。


そして、インプラントを立てる部分の歯茎を切開し、骨の部分を露出させます。

場合によっては、傷を最小限にするために、歯茎をはいだりせずに、インプラントを立てる部分だけ、歯茎に小さな穴をくりぬいて、そこから手術をする場合もあります。


インプラントを立てる部分の骨の位置を明示できたら、今度は実際に骨に穴をあけていきます。

メモリの記してあるドリルを、細いものから順番に太いものに変えていき、必要な長さ、太さの穴を掘っていきます。


必要なサイズの穴をあけ終わったら、穴にインプラントをねじ込んでいきます。



gbr3-02c4a.jpg



そして、最後に開いた歯茎を縫合し、傷を縫い合わせて終わりです。



これが大まかなインプラント手術の流れです。

ケース次第で、このあとすぐにインプラントの上に仮歯を作って、すぐに噛めるようにする場合もあります。

ただし、インプラントは原則手術の直後は極力力を加えずに、安静にしていないといけないので、ほとんどの場合はすぐに噛めるようにはなりません。

2カ月から長ければ半年以上は、このままの状態で、骨とインプラントが安定するのを待つことになります。


十分に骨とインプラントが安定して、インプラントの上にアバットメントと呼ばれる土台を立てて、型取りをし、歯を作っていくことになります。



次回は、インプラント手術を行うための注意などについて、説明をしたいと思います。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

インプラントのメリットとデメリットを知ろう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月17日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日はインプラントがどういったものかについて説明をしました。

今日はインプラントの特徴について、入れ歯やブリッジといった他の方法と比較しながら説明をしたいと思います。



抜いた部分に歯を作る事ができるインプラントのメリットとデメリットは、大きく分けて次のようになります。

●メリット


・抜いた部分が元のように戻る
今までは抜いたらそれまでだった部分に、金属の根を埋め込むことによって、抜く前のような歯の形に戻すことができます。


・歯を削らなくてよい
普通、歯を1本抜くと、その抜いた両端の歯を削って被せる、「ブリッジ」と呼ばれるものを作りますが、インプラントでは両端の歯を削らないで抜いた部分だけに歯を作ることができます。


・入れ歯がいらなくなることもある
インプラントは歯がない部分に新しい歯を作ることができるため、今までは入れ歯でしか対応できなかった場合でも、自分の歯のように作る事ができることもあります。


・しっかり咬める
入れ歯では、歯肉の上に力がかかるのどうしてもふわふわした感触になりがちですが、インプラントは骨に直接埋め込むためしっかりと咬む事ができます。




●デメリット

・自己管理が問われる
人工歯根だからといって、歯を磨かなくても良いわけではなく、インプラントは構造上、天然の歯よりしっかり磨かなければなりません。


・骨に金属を埋め込まなければならない
骨に人工の根を埋め込むための手術をしなくてはなりません。

またしっかりと骨に埋め込まれたインプラントは、外そうと思っても、入れ歯やブリッジのように簡単には外すことはできません。


・治療費が高額になる
一般的にインプラント治療は、保険でカバーされないため、歯科の自費治療の中でも高額(1本で250,000〜500,000円程度)になります。

作る歯の本数が増えると費用もかさみます。


・全身的な疾患があるときは適さないこともある
インプラント治療をする前には、まず全体の歯周病を治療しておく必要があります。

また喫煙、糖尿病や骨粗しょう症などのケースでは、問題を起こすリスクは高くなります。



インプラント治療にかかわらず、どんな治療にもメリットやデメリットは必ずあります。

治療に関しては、十分納得するまで、歯医者さんと話し合うことをお勧めします。



次回は、インプラントの手術の具体的な流れを説明します。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:59| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

インプラントについて知りましょう

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月16日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、「インプラント」という言葉はもうかなりなじみのある言葉になりつつあると思います。

しかし、まだ言葉自体聞いたこともない人もいらっしゃれば、インプラントがどういったものなのか、あまりはっきりわからない方もたくさんいらっしゃるようです。

今日はインプラントがどういったものかについて、お話をしたいと思います。



インプラントは“第3の歯”と呼ばれています。

生まれて半年くらいから生え始める乳歯が“第1の歯”6歳前後に乳歯に代わって生えてくる永久歯が“第2の歯”そして永久歯がなくなった後を補う歯としてインプラントが“第3の歯”と言われているのです。

ちなみに、インプラントとは「植立する」という意味の医学用語なのです。



pic0102-7c5e8.gif



歯の構造を簡単に説明すると、歯肉の下に隠れている部分が歯根で、上に出ている部分が歯冠です。

虫歯や歯周病によって歯根から歯がなくなった場合、歯が抜けたところに人工の歯を根本からつくって入れる治療方法がインプラントなのです。


インプラントの場合は、人工歯根を歯槽骨に埋め込み、歯を支える支台部を連結し、新しい歯冠を装着します。



どのような構造になっているのか、ある程度イメージできるでしょうか?

このように、インプラントは直接骨の中に金属の柱を立てて、その上に歯の部分を作るような構造になっています。

したがって、歯の抜けてしまった部分に新しい歯を植えこむような感じになるのですね。

噛み心地や、違和感のなさについても、ほとんど自分の歯と同じように使うことができる、歯が抜けてしまった人にとっては本当に素晴らしい方法です。


次回はインプラントとそれ以外の方法で抜けた歯を補う場合との比較について、お話をしたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:56| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

被せ物のもち具合の変化

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月15日(木)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日は詰め物やかぶせ物が外れてしまう原因などについてお話をしました。

今日は、外れてしまったものを修理したり作りなおした場合に、どの程度もたせることができるのかについてお話をしたいと思います。



40代以上になると、10〜30年前といった昔に結構な費用をかけて、大規模に治療した部分にトラブルが起こり、作り直しとなるケースがたびたびあります。


その時おそらく皆さんが真っ先に考えるのは、今度は何年もつか? といった疑問ではないでしょうか?


例えば、前回20年以上使えたたら、今回も20年は使えると考えがちだと思います。

でもそれはちょっと違うのです。

口の中が最初に作った環境と全く同じであれば、同じになるかもしれません。

しかし実際には、歯の本数が少なくなっていて負担が増えていたり、歯周病が進行していたり、昔に神経を抜いた歯の再利用だったりと、どれも当時よりも不利な環境に作ることになっていることがほとんどです。

そのため、以前と同じような管理では、20年使えると思ったのにそんなに保たなかったとなりがちなのです。

そこで大事になってくるのが定期健診です。

それまで行なっていたブラッシングよりさらにしっかり行なったり、以前は受けていなかった定期検診を行なっていくなど、ケアをしっかりと行なうことで、少しでも歯の寿命を延ばすことができます。


定期健診を行って快適に噛める状態を維持しましょう。


イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:57| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

歯の被せ物が取れやすくなるとき

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月14日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、歯の治療が終わった後に、「この被せ物、一生持つわけじゃないよね?」と考えたことはありませんか。


そこで今回は歯の詰め物・被せ物の治療後の寿命についてお話ししたいと思います。




詰め物・被せ物が壊れたり取れたりする原因は、大きく分けて2つあります。

■人工部分の破損
樹脂の詰め物、金属ブリッジの連結部分、セメントなど、過去に歯以外の成分で治療した部分が折れたり欠けたりすることで、詰め物・被せ物が取れてしまうことがあります。


■自分の歯の部分の虫歯や破損
詰め物の周囲、被せた内部、根など、自分の歯の虫歯や、咬み合わせの力が原因で、人工物を支えられなくなり、詰め物・被せ物が外れてしまうことがあります。



結果的には、どちらも同じように取れてしまうわけですが、実は人工物部分が原因の場合、作り直しが簡単なことが多く、強度を上げたり形を変えたりすれば、その後の耐久性が上げやすいのです。

これに対し、歯自体が原因の場合は、それ以上の強度を上げることが困難なこともあります。

それどころか、根が割れてしまった場合などは、作り直しもできず、抜歯が必要になることもあります。

次回は、そのようなかぶせ物や詰め物の寿命を縮めてしまう原因についてお話をしたいと思います。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/
posted by lefteye at 06:38| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

歯並びと日頃の癖について

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月10日(土)の予約の空き状況ですが、現時点でAM9:00〜PM7:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、今日はみなさんが普段行っている癖が原因で、歯に悪影響を及ぼす可能性がある話をしたいと思います。

たとえば、何気なく普段から頬杖をついていたりする方はいらっしゃいませんか?

下あごを片側から支えるような頬づえは、横から持続的な力をは、またはあごに加えてしまうため、歯並びが内側にずれてしまうことや顎の関節など負担をかけたりすることがあります。




同じように、歯やあごに悪影響を与える可能性がある癖を紹介しましょう。



・歯磨きの仕方の癖

磨き方の癖がある場合、常に同じところが磨けないままになっている可能性があります。

奥歯の外側や、歯の裏側全般などの特定の部分だけの磨き残しとなって、虫歯や歯周病に影響を与える場合があります。


・噛み癖

食事の際に前歯だけで噛んだり、片側ばかり使用すると、顎の関節に負担をかけたり、特定の歯の歯周病や、虫歯などが進行しやすくなります。


・指しゃぶり

子どもの指しゃぶり、またおしゃぶりの長期間使用なども、前歯が前方へ飛び出した形になりやすく、上下の歯が咬み合わさらない口が開いた状態になることがあり、歯並びに大きな影響を与えます。

同じように、鉛筆をかんだり、爪をかんだりする癖でも同じようなことが起こります。


・歯ぎしり

就寝中の歯ぎしりは、歯周病を悪化させたり、知覚過敏や虫歯などの原因となることもあります。


以上のようなことで、歯ぎしりは自分の力だけで治すことは難しいですが、それ以外は自分で気をつけるだけでもある程度は改善できると思います。

もしも思い当たることがあれば、ぜひ今日から気をつけるようにしてみてくださいね。



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/

インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com/


イターナル歯科クリニックのスタッフブログはこちらです。
http://eternaldc-staff.seesaa.net/イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com
posted by lefteye at 06:46| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

審美治療をした歯をきれいに保つには

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月9日(金)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、先日から審美治療の種類や方法などについて様々なことをお伝えしてきました。

そしてどんな審美歯科治療でも、定期的にメンテナンスを行うことがとても大切です。

今日は審美歯科治療のメインテナンスについてお話をしたいと思います。


ホワイトニングの場合は基本的に徐々に白さが元に戻ってきます。

歯の白さを持続するには定期的にメインテナンスとしてのホワイトニングを行うことが必要となります。

この間隔はホワイトニングの種類や方法によって様々ですが、ある程度の白さになったからといってずっとほおっておくと徐々に後戻りが起こって元の歯の色に戻ってくるということには注意していなければいけません。

またセラミックやインプラント治療であれば、3か月〜半年に1回程度の噛み合わせのチェックや、歯面の清掃・ツヤ出しなどを行います。

このように、一生ものの治療をキレイな状態にキープするには、定期的なチェックをお勧めします。


最近では私の歯科医院でも芸能人並みの真っ白い歯を希望される方も時々いらっしゃいます。

きれいな白い歯を保つためにも、定期的なメインテナンスは欠かさないように気を付けてくださいね。



イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com
posted by lefteye at 06:44| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

芸能人が行う審美歯科治療 2

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月7日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。




さて、昨日は芸能人などがどのような審美治療を行うのかについてお話をしました。

中でも、前歯に対してどのような治療を行うのかを説明しました。

今日は次に目立ちやすい、下の奥歯に対してどのような治療が選択されるのかについて説明をします。


まずは、すでに金属が入っている場合は目立ちやすいため、金属を取り除いて白い詰め物やかぶせものにする治療が選択されます。

よく使われるものとしては、やはりセラミックを使った詰め物やかぶせものです。

後々の変色もなく、きれいな色のままで使うことができます。

また、歯がないところにはブリッジやインプラントといった方法が選択されます。

これによって、歯のない隙間を埋めるだけではなく、ある程度歯並びもきれいに並べなおしたり、形を修正することもできます。

下の奥歯の治療が終わると、今度は上の奥歯の治療を行います。

上の奥歯の治療についても、審美面を考慮した場合は下の奥歯と同じような治療法が選択されます。

しかし、その色についてでいうと、上の奥歯は陰になって少し暗く見えてしまうため、あえて前歯よりも白い色を選択する場合が度々あります。


次回はそのような審美的な治療を行った際のメインテナンスについてご説明をします。



イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com
posted by lefteye at 06:48| 佐賀 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

芸能人が行う審美歯科治療

こんにちは、佐賀の歯医者 イターナル歯科クリニックの院長、岩永です。

本日10月7日(水)の予約の空き状況ですが、現時点でAM10:00〜PM8:00くらいに若干の空きがあります。

ただし、予約は随時変化しますので、ご来院希望の際はまずはお電話にてご確認ください。携帯電話




さて、先日から続けて審美歯科治療の種類についていろいろとご説明してきました。

口元の白さや透明感によって、その人のイメージは大きく左右されます。

特に雑誌などで笑顔のアップを撮影されることの多いモデルさんや、映画やCM撮影などで台詞を話したりする場面を撮られる女優さんや俳優さん、TV番組やプロモーションビデオなどで歌っている時のアップを撮られることの多い歌手の方々…皆さん、高い意識を持って頻繁に審美歯科に治療に通われています。

今日はそんな方々が実際にどのような治療を受けられるのかについてご紹介したいと思います。わーい(嬉しい顔)




通常はまずは笑った時にもっとも目立つ、上下の前歯から治療を行います。

歯並びや歯の形をまとめてキレイにしたい場合には、オールセラミッククラウンによる治療を、あまり歯を削らず、細かな調整のみの場合にはラミネートベニアという治療を行います。

オールセラミッククラウンの治療の場合には、歯の周囲をぐるりと削り、オールセラミックで作られたクラウン(被せ物)をかぶせていきます。

歯の色はもちろん、歯並びや歯の大きさなども同時に整えることができます。ぴかぴか(新しい)

ラミネート治療の場合には、歯の表側のみを薄く削り、セラミックで作られたシェル(薄片)を貼り付けます。

クラウン治療よりも整えることの出来る範囲は狭まりますが、あまり歯を削りたく無い方や、テトラサイクリン歯(幼少の頃の抗生物質の接種等により、歯に縞模様が出来る状態)でお悩みの方に最適な治療法です。

これらの治療で使われるオールセラミックという素材は透明度が高く、白く明るく、天然の歯に近い自然な色味を持っているので、芸能人の方々にも好評です。

長期的に変色や歯ぐきの黒ずみを引き起こさない素材ですので、いつまでも明るく美しい歯をキープすることが可能です。

また、特に誌面映りや画面映りを考慮して、芸能人の方々は一般の方々に比べて、白く明るい歯にそろえる傾向があります。

歯が白く明るい方が、お顔全体も明るく、若々しく見えますので、そうした効果も得ることが出来ます。ぴかぴか(新しい)


次回は次に優先順位として行われやすい、下の奥歯の審美治療についてご説明します。手(パー)



イターナル歯科クリニックの新ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.jp/



イターナル歯科クリニックのFacebookページはこちらです。
http://on.fb.me/JtvAAd


イターナル歯科クリニックの旧ホームページはこちらです。
http://www.eternal-dc.com/


インプラントの専門ページはこちらです。
http://www.geocities.jp/eternal_shika/implant/index.html


歯科矯正の専門ページはこちらです。
http://www.saga-kyousei.com/


ホワイトニングの専門ページはこちらです。
http://www.saga-whitening.com
posted by lefteye at 06:53| 佐賀 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。